韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  世界経済に暗雲漂うが…のん気な韓国政府の認識

世界経済に暗雲漂うが…のん気な韓国政府の認識

韓国経済が通貨安競争と保護貿易という外部の衝撃で内需と輸出が同時に低迷する内憂外患の危機を迎える可能性がますます高まっている。英国中央銀行のイングランド銀行(BOE)は一昨日、7年5カ月ぶりに金利を調整し、政策金利を従来の0.5%から0.25%に引き下げた。これは1694年のBOE設立以来、最も低い水準だ。英国の欧州連合(EU)離脱による景気悪化を防ぐための先制的な対応だが、追加利下げの可能性も開いている。

主要経済大国の自国通貨無制限散布競争は、米国が2008年にグローバル金融危機克服のために量的緩和をした後、新しい現象ではない。日本は2013年からアベノミクスを通じて大規模な通貨供給を始め、2日にも28兆円にのぼる景気対策を出してアベノミクス第2弾を打ち上げた。昨年、数回にわたり金利と支払準備率を引き下げた中国も、成長率の低下を防ぐために追加金融緩和カードに触れている。ドイツを除いた世界5位圏経済大国がすべて金融を緩和し、生きる道を探しているのだ。

さらに今年11月の米国大統領選挙で民主・共和両党は競争的に保護貿易を前に出して票集めをしている。開放経済体制を通じてほとんど輸出で生きている韓国としては、こうした衝撃がくる前に突破口を見いだすことができなければ、通貨安競争・保護貿易という巨大な波にのみ込まれる可能性が高まる。


スポンサードリンク


しかし経済の責任を負う大統領と政府、国会は認識が足りないようだ。朴槿恵(パク・クネ)大統領は2日の国務会議で「韓国経済が年初の困難を乗り越え、回復の動きがまた表れている」と述べた。これは現実とあまりにもかけ離れている。韓国経済は成長率が3四半期連続で0%台にとどまり、低成長が定着する兆しが表れている。現在、景気を支えているのは建設景気だけといっても過言でないが、これも家計負債爆弾を抱えていて、米国が資金回収に動けばいつ沈むか分からない。国策研究機関の韓国開発研究院(KDI)も4日に「短期間に景気が改善するのは難しい」という報告書を出した。

しかも韓国経済の命綱である輸出は、昨年貿易規模1兆ドルを割ると、今では過去最長の19カ月連続で減少している。通貨安競争によるウォン高と保護貿易主義が本格化し、中国との葛藤まで深まれば、内需はさらに冷え込むだろう。

対策は一つしかない。ゾンビ企業の整理と海運・造船をはじめとする供給過剰業種の構造改革を支障なく進め、産業構造をアップグレードする正攻法だ。すでに本格化したスマートカー・モノのインターネット(IoT)・ロボット工学・バイオなど第4次産業革命に向けて先手を打ち、構造改革を急ぐ必要がある。この2カ月間に経済活力を落とす規制ばかり1000件以上も作り出した国会も、井の中から出てきて外を眺める必要がある。押し寄せてくる巨大な波を直視し、韓国経済が生きる方法を見つけるのに力を注ぐ時だ。
中央日報
http://japanese.joins.com/article/123/219123.html

【管理人コメント】
韓国経済の暗雲とか、自国メディアも自国民も、どうも自国経済の成り立ちを理解していない。
と言うか韓国メディアはとても公表出来ないだろう…。

中小企業雇用が88%である事。その雇用の半分は非正規雇用である事。従って韓国の平均年収は250万円でしかない。さらに貿易依存度が異常に高く大企業が自国に貢献できる雇用率は3%以下。大企業の利益は財閥と幹部連中にわたるが、海外工場で雇用するわけで諸費用経費は海外比率が多くなる。株主は海外であるから外資系企業となり、韓国企業ではない。

さらに国の負債は莫大で、その中でも家計負債は120兆円となった。日本の家計負債はもっと多いが、貯蓄も平均年収も遥かに高いわ事で韓国とは大地がである。韓国の物価は日本とほぼ同じで、年収が日本の半分で、借金だけが多く、とどめは年金が無いので、死ぬまで働く必要があるという国である。と自国メディアは報じられないだろう。従ってたった3%雇用の企業に殺到する若者は大学が普通であり、一見勉強競争激化の国に見えるが中身は異常値である。

今の韓国は普通に暮らせる国ではない…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月07日 10:13 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp