韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  小池都知事、韓国人学校「白紙」 初の定例会見で記者と応酬「ここは東京、そして日本」

小池都知事、韓国人学校「白紙」 初の定例会見で記者と応酬「ここは東京、そして日本」

東京都の小池百合子知事(64)が、記者との「真剣バトル」といえる初の定例会見で毅然(きぜん)とした姿勢を示した。韓国人学校への都有地貸与について「白紙」としたうえで、舛添要一前都知事の韓国政府への約束について「重いのではないか」と聞く記者に対し、「ここは東京であり、そして日本です」と言い切ったのだ。

都庁で5日開かれた記者会見。小池氏は、リオデジャネイロ五輪閉会式に出席する際の経費圧縮などについて説明したが、最大の見せ場は、やはり韓国人学校問題だ。 ある記者が「白紙に戻す方針は変わらないか?」と聞くと、小池氏は以下のように語った。

「答えはイエスです。地域の方々からは、『いつ、どこで韓国人学校建設が決まったか分からない。地元に説明もない』『都有地を保育や高齢者のケアに活用してほしい』と要望があった。今後、研究してもらう」

記者は「(舛添)知事が(韓国政府に)した約束を撤回するのは重いのではないか」と聞き返した。小池氏はさらに語った。
「韓国の関係者には、きちんと説明していく必要はあると思う。しかし、ここは東京であり、そして日本です。わが国が主体となって判断するものと考えております」
 
スポンサードリンク


舛添氏は2014年7月に訪韓した際、朴槿恵(パク・クネ)大統領から学校建設の協力要請を受け、「全力で対応したい」と勝手に即答した。だが、都の資料によると、韓国人学校よりも、英国人学校などの方が充足率で上回っていた。
やっと、都民のための都政が期待できそうだ。
ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160806/plt1608061700004-n1.htm

【管理人 補足記事&コメント】
舛添の韓国好きも趣味だろう。
公私混同は、韓国と約束をかわずなどとんでもないが、彼をもっと調査する必要があるだろう。都民の税金で、韓国ソウルの地下空洞など様々な検査を実施したのではないのか…。日本メディはその部分もしっかりと調査する必要がある。ソウルと姉妹都市などという言葉を理由に、舛添はソウル市長とかわした内容があるだろう…。

ケツを叩けばまだまだ埃が出そうだが…。。。

一方毎日新聞は、東京都の小池百合子知事は5日、就任後初の定例記者会見に臨み、舛添要一前知事が打ち出した都有地を韓国人学校の用地として有償貸与する計画について「白紙に戻す」と明言したと報じた。計画は韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の要請を受け、来年度以降に本格的な検討に入ることになっていた。貸与を計画していたのは新宿区内の都立高校跡地(約6100平方メートル)。都内に1校ある韓国人学校が手狭になったことから2014年、舛添氏が朴大統領と面会した際に貸与を要請された。

選挙戦で白紙撤回を訴えていた小池知事は会見の中で「地元から反対の署名も出ており、(用地を使って)保育や高齢者に対するケアをとの要望もある。韓国側にはきちんと説明する」と述べた。 また、都内に8466人いる待機児童問題を解消するための施策を8月中にまとめ、9月28日開会の都議会定例会に補正予算案を提出することも明らかにした。予算規模などは未定だが、都知事選出馬を巡って対立した都議会自民党の対応が注目されるとした。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月07日 11:33 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
質問者は東京新聞記者
小池さんに質問したのは東京新聞の記者です。しかも、マイクをオフにして周りに聞こえないようにしてです!マイクの故障とか言い訳していましたが、別のマイク渡されてもオンにしなかった確信犯!なんか日本語というか文章にまとまりのない質問なので、記者自体は毎日新聞と同様に在日だと思われます。そういえば、沖縄高江でデモしている人たちも本土から参戦している在日ですね。みごとにマスゴミは印象操作していますね。明日、某国会議員に通報します。
[ 2016/08/07 11:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp