韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  尖閣へ集結の中国漁船約230隻、乗り込むのは軍事訓練受けた漁民か・・・

尖閣へ集結の中国漁船約230隻、乗り込むのは軍事訓練受けた漁民か・・・

尖閣諸島(沖縄県石垣市)の周辺海域に中国が漁船約230隻を集結させたのは、日本の実効支配を崩すため新たなステージに踏み出そうとする習近平政権の明確な意思がうかがえる。南シナ海問題への関与を牽制(けんせい)する狙いもあるようだ。

これだけ大量の中国漁船が尖閣諸島周辺に集まったのは、日中平和友好条約締結のため国家指導者、鄧小平が来日する半年前の1978年4月に100隻以上の中国漁船が集結して以来とみられ、極めて異例だ。当時、漁船の一部が日本領海に侵入し、領有権問題の存在をアピールした。

今回も漁船に乗り込んでいるのは「射撃などの軍事訓練を受けた漁民」(中国軍事研究者)で、中国当局や軍の意を受けて動く民兵の一種とみられる。

中国当局は安倍晋三政権の内閣改造で、安倍首相に政治信条の近い稲田朋美氏の防衛相起用などを受けて政権の「右傾化」を警戒。今後の南シナ海問題への関与強化に対抗する狙いもあるようだ。


スポンサードリンク


先月12日にオランダ・ハーグの仲裁裁判所が南シナ海における中国の主権を全面的に否定する判断を示して以降も、中国は海洋進出の既成事実を積み重ねる姿勢を崩していない。今後、行動をエスカレートさせる可能性もある。

中国が大量の船や大型船を尖閣周辺に出せば海上保安庁による対応は難しくなる。中国は海上警備行動の発令を「軍事力の行使だ」として牽制しているが、日本側の毅然(きぜん)とした対応が求められている。
ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160807/frn1608071023005-n1.htm

【管理人 補足記事&コメント】
一方、外務省は6日、東シナ海のガス田開発をめぐり、中国が日中中間線の中国側海域に建設している海洋プラットホームの新たな写真をホームページで公表した。 プラットホームは16基で、天然ガスの生産活動を示す炎が撮影されているほか、上部構造物にヘリコプターが発着できるヘリパッドが設置されていることが確認できる。 中国が平成20年6月の日中両政府によるガス田共同開発の合意を無視し、開発を強行していることが改めて裏付けられた。

日中中間線付近には天然ガス田が点在する。中国側の海域とはいえ、日中中間線を越えて日本側の海底資源が抜き取られている恐れがある。 日本政府は開発中止を要求しているが中国に応じる気配はない。 プラットホームがさらに拡張されれば、レーダー施設の設置など南シナ海と同様に中国の軍事拠点となりかねない。 中国は25年11月、尖閣諸島(沖縄県石垣市)の上空を含む東シナ海に防空識別区を設定したが、中国の地上レーダーが捕捉できる空域は限定的だ。プラットホームにレーダー施設ができれば、沖縄本島を含め、自衛隊や米軍の活動が捕捉されることが懸念される。

もし韓国がTHAAD配備を実施すれば、中国はその動きをとらえるべく上記に掲げた事を遂行する可能性が高い。
同時に経済における資源は重要なわけで、いくつか掘削し、ガス田を掘り当てたのだろうから、彼らも必至である。

一方中国軍の250隻に漁民と言うのは解からない。漁船250隻ではないので、中国軍そのものだろう…。
次は大量の漁船とともに漁船を盾にして現れるのではないか…。その漁船は改良して発砲可能になっているなら恐ろしい話となるが…。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月07日 13:13 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(2)
専守防衛
 領海侵犯であれば海上保安庁の警備艇では荷が重たかろう、ここは海上自衛隊の海上警備行動で尖閣諸島の専守防衛に徹するべきでしょう。
 不思議なのは沖縄県知事の翁長知事は何故中国に抗議をしないのでしょうか?日本の固有の領土で有る尖閣諸島を沖縄県知事は軽く考えていると思う、尖閣諸島は沖縄の行政区内では無いのですか?翁長県知事はまず石垣島島民の安寧を考えて下さい、普天間基地はこのままでは固定化しますよ、中国が挑発を辞めれば沖縄の基地も縮小します。
 翁長県知事にはご意見無用ですかね。
[ 2016/08/07 21:14 ] [ 編集 ]
自衛隊増強
尖閣上陸の要否判断は平成23年の総務省税務部署の
判断で上陸不要と見解されていいる。
防衛省ではない、税務署の見解。
今見れば、なんとものんびりした見解であった。

政府の防衛行動は2016年の自衛隊与那国島配備。
次は宮古島・石垣島の実戦部隊配備である。

中国側が尖閣上陸を試みるならは自衛隊増強前であるから、
今まさに中国側の始動意欲が上昇中とみられる。
日本側には、配備前倒しの選択肢がある。
新任の稲田防衛大臣には早期に号令して欲しいものだ。
[ 2016/08/07 23:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp