韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  景気鈍化に内需不振で韓国自営業者のリストラ拡大

景気鈍化に内需不振で韓国自営業者のリストラ拡大

景気鈍化と内需不振のため、2015年下半期から自営業者の数が大幅に減っていることが明らかになった。

韓国金融研究院のイム・ジン研究委員は7日、「最近の自営業雇用現況および示唆点」と題した報告書で「2015年下半期以後、従業員のいる自営業者の数が大幅に減少している」として「自営業リストラが零細自営業者のみならず自営業者全体に拡大していると見られる」と明らかにした。自営業者数の減少は、卸小売業、飲食宿泊業の生産不振が時差を置いて反映された結果だとイム研究委員は分析した。イム研究委員は「景気不振などで家計所得の増加が不十分で、国内外の不確実性により消費心理も萎縮している」として「自営業の集中業種で所得条件改善および高付加価値化の進展が遅滞した」と診断した。そのうえで「このような状況が続く中で自営業者が零細業者を中心に退出している」と明らかにした。

実際、統計庁の経済活動人口調査資料によれば、2012年以後570万人台だった韓国の自営業者数は、2015年第3四半期以後550万人台に減少傾向を続けている。この中でも比較的規模の大きい「従業員のいる自営業者」は、2015年第2四半期(4~6月)まで160万8000人に増えるなど増加傾向を続けてきたが、下半期からは減少に転じて今年第2四半期には154万6000人に減った。自営業の比重が高い卸小売業、および飲食宿泊業が全産業の付加価値(名目国内総生産)に占める比重も、2013年に10.7%を記録した後、昨年は10.0%まで落ち込んだ。イム研究委員は、自営業者の負債問題に火がつく可能性があると見た。


スポンサードリンク


統計庁によれば、自営業者の可処分所得と負債の比率は206.0%で、全体平均(157.5%)に比べて50%近く高い。イム研究委員は「企業の構造調整で失職した賃金労働者が、自営業に大挙流入すれば、自営業内での競争が一層激化し、景気回復動向の鈍化、キム・ヨンラン法の施行により小売および飲食業種の業界状況も否定的な状況」として「低金利の影響で自営業者の延滞率は下がっているものの、所得減少および廃業などが進めば財務健全性が賃金勤労者より大幅に悪化する懸念もある」と明らかにした。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/24827.html

【管理人 補足記事&コメント】
2015年9月7日、韓国メディア・韓国経済によると、不渡りの危険度が高い韓国企業は170社に上ることが分かった。 米コンサルティング会社アリックスパートナーズの報告書「企業不健全さのリスク指数」によると、来年、ワークアウト(企業改善作業)と法定管理(企業再建手続き)のリスクがある韓国国内上場企業は417社となり、分析対象1544社(現在倒産企業などを除く)の27%を占めていることが分かった。

このうち、全体の11%に達する高危険群170社は、すぐにでも構造調整をしないと第3四半期内の倒産がほぼ確実視されている。この割合は米国(7%)、欧州(4%)、日本(2%)よりもはるかに高い値となっている。低リスク群247社は、近い将来に構造調整が必要な企業として分類された。 韓国経済新聞が韓国の金融コンサルコンサルティング会社FnGuideに依頼して分析した上場企業の自己資本利益率(ROE)の推移でも同様の結果が出ている。

問題は調査する対象が違う事だ。中小企業を中心に調査すれば、ほとんどの中小企業は危険だろう。過去10年間でほぼ全滅なのだから…。もっとも中央日報記事が正しければの話だが…。過去10年の間にはウォン安期間を経ての話であるから深刻なのだが…。しかし60%は大手企業の外注であると考えれば、そう単純ではない。まして99.9%が中小企業である。90%近い韓国民の雇用を支えているわけで、従って正規雇用は難しい。現代自ばかりを報じるが、大半が非正規雇用とならないと経営できないわけで、50%が非正規雇用と言うのはうなずける。

日本の中小企業はパート主体であるから、非正規雇用の比率は60%程度となる。日本とて韓国ばかり問題視はできないのだが、非正規雇用と正規雇用での企業負担は2倍であるから、一人の正規雇用よりは、2人の非正規雇用のほうが有利というわけだ。日本の場合はある程度、そうなるべきパートタイム制度が効果があり継続されているが、韓国の場合はそうではない。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月08日 09:54 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp