韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  なぜ国産自動車に日本のエンジンを使い続ける? 理由を知って、涙が出てきた

なぜ国産自動車に日本のエンジンを使い続ける? 理由を知って、涙が出てきた

中国の自動車市場では近頃、多目的スポーツ車(SUV)が人気を集めている。1人っ子政策の撤廃による家族増を見越してのものとの見解もあったが、サイズやボリューム感、そして快適性がちょうど今の中国人のニーズに合致した結果と言えそうだ。

日本を始めとする外国系メーカーがSUV車の発売に注力すると同時に、近年力をつけている「自主ブランド」すなわち中国国産メーカーも大々的にSUV車を開発している。ただ、中国の自動車愛好者は「国産SUVなのにエンジンが日本メーカー製」という気になる点を抱えているようだ。中国メディア・今日頭条は7月26日に「国産SUVに日本のエンジンを使っている理由の真相を知ったら、涙が出てきた」とする記事を掲載した。

記事は、多くの国産SUVのエンジンルームを覗くと「エンジンに三菱のロゴが付いているのが見える」と紹介。「なぜドイツや米国のエンジンを使わないのか」、「どうして国産エンジンを使わないのか」という2つの疑問を呈したうえで、国産SUVの多くに三菱のエンジンが使われている理由を説明している。

まず、三菱のエンジンが低価格であること、1990年代から中国では親しまれていること、三菱自体がそもそも自動車メーカーであるとともにエンジンのサプライヤーであることを挙げた。また、国産メーカーもエンジンを開発する実力を備えているものの、「特に新技術はないが、耐久性が相当高いレベルにある、優秀な三菱のエンジン」を超えるものを作れないのが現状であると論じた。


スポンサードリンク


これまでの中国は、とにかく見栄えが良いことが一番で、品質や耐久性は二の次にされてきた部分があった。しかし、消費生活や市場社会の成熟が進むにつれて、見栄えの良さ以上に使い勝手の良さ、耐久性の高さが今以上に求められるようになるだろう。 「いい物を作る」というシンプルな姿勢を学び取って努力や研究を重ねる事ができれば、ゆくゆくは中国メーカーも優れた自前のエンジンを開発できるようになるはずだ。
http://news.searchina.net/id/1615884?page=1

2015-07-25-k005.jpg

【管理人 補足記事&コメント】
中国車に三菱のエンジンが搭載されている理由は、現代自動車やフォルクスワーゲン、ベンツなどは企業秘密などを理由に自社以外にエンジンを提供しないことが一般的であり、他社に提供してくれる企業が三菱を除いて存在しないことがあげられる。また、中国の自動車エンジンに関する技術が立ち遅れており、奇瑞汽車など自社で研究開発を行っている企業ですら世界のレベルから8~10年は遅れているわけで、成熟した技術を持つ三菱製エンジンを導入するほうが自社で生産するより安価で導入できるのが理由である。

三菱自動車、中国のエンジン合弁会社で生産累計300万基を達成(2014年)
三菱自動車は、中国におけるエンジン生産の合弁会社である瀋陽航天三菱汽車発動機製造有限公司(社長: 藤嶋雅憲、以下、瀋陽航天三菱)が、7月15日にエンジンの生産累計が300万基に達したことを発表した。瀋陽航天三菱は、1997年8月に設立され、1998年より生産を開始し、拡大を続ける中国の自動車市場において、三菱ブランドの車体メーカー向けのみならず、多くの中国メーカーにもエンジンを供給することで、2009年に生産累計100万基、2012年に200万基を達成した。

2009年7月からは小型自動車搭載用の小排気量で軽量、環境にも配慮したMIVEC機構付の4A9シリーズの本格量産を開始し、2013年には29万基を販売した。さらに現行4G6エンジンの後継として、新MIVECを搭載する新型エンジンの導入準備を進めている。かなりの比率で中国ブランドの車に三菱のエンジンが搭載されている事になる。中国は結局は、エンジンも単なる部品扱いで組み立てているわけだ。一方で三菱はアメリカ市場から撤退を発表した。

2008年から中国ブランド車にエンジンを供給しているが、トヨタとスバルの関係が、対等のパートナーとして業務提携を実施した。マツダも大きな意味でトヨタの仲間になった。しかし最も厳しい立場になったのが三菱自動車と言える。三菱は中国にエンジンを供給することで、エンジン供給市場として中国市場の中心に立てるわけだが、今後は日産の傘下として、中国にエンジンを供給する事になる。となると中国はますます自国でエンジンを開発しないのではないか…。日産は中国で高い人気を誇るだけに、今後の動きに関心が集まりそうだだが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月08日 13:52 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)
最近まで4G6系エンジンだったのですね。
鋳鉄ブロックの頑丈なエンジンですから、排気量なども割合変え易かったりするのでしょうか?

過給機のブーストもあげ易いと思いますから、多様な車種がありそうな支那には打ってつけのエンジンだと思います。

鋳鉄ブロックエンジンは、もっと評価されても良いような気がします。

ところで、何れは国産と言う事ですが、ノックダウンで組み立てるだけなら簡単ですが、一つ一つの部品については、支那の工場でも作れるものと、作れないめのが有りそうな気がします。

5年や10年で作れるようになるか、作れても既に時代遅れになっていないか、有る意味、単なる職業ではない、マニアックなエンジニアも必要と思いますが、利に聡い支那人に、そうした人材は多いのでしょうか?
[ 2016/08/08 16:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp