韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  THAAD韓国配備、意図的に反対世論を形成する世論調査

THAAD韓国配備、意図的に反対世論を形成する世論調査

米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に強く反対してきた野党・国民の党の朴智元(パク・チウォン)院内代表は先日、党内での会合で「世論調査でもTHAAD配備の再検討を求める声が53%に達している」とした上で「THAAD反対運動を今後も積極的に続けていきたい」などと発言した。

ところが韓国政府がTHAAD配備を正式に発表した後に行われた世論調査を見ると、韓国ギャラップの調査では配備賛成が50%で反対の32%を上回り、リアルメーターの調査でも賛成(44%)が反対(39%)よりも多かった。ところがメディアオヌルがSTIという調査会社に依頼して行った調査だけは、再検討を求める声が過半数を占めていた。朴智元氏はこの調査結果を会議で持ち出したわけだが、ちなみにメディアオヌルの大株主には全国民主労働組合総連盟(民主労総)に所属する全国言論労組が名を連ねている。

このようにTHAADと関連する世論調査の結果に波がある理由は、調査会社によって質問の仕方が異なるからだ。例えばメディアオヌルの調査では「政府はTHAAD配備を計画通り進めるべきか、あるいは国民の世論を把握した上で再検討すべきか」と尋ねている。これでは「国民の世論を把握」という言葉がある方の選択肢が選ばれるのは当然のことだ。これに対してギャラップの調査では「THAADの韓半島(朝鮮半島)配備に賛成か、反対か」としか尋ねていない。ある方向に回答を誘導する質問か、あるいは価値判断を排除した中立的な質問かによって、結果がこれほどまでに変わってくるのだ。


スポンサードリンク


またメディアオヌルの調査はTHAAD配備を再検討すべきかを尋ねる質問が来る前に「韓民求(ハン・ミング)国防長官は7月5日の国会での質疑で『THAAD配備については何も決まっていない』と答弁したが、政府はその3日後に配備決定を発表した。政府がこのように突然配備を発表した理由は、米国の圧力に屈したためという見方があるが、この見方に共感するか」という長い質問があり、回答者の60%が「米国の圧力に屈した」と答えた。つまりメディアオヌルの調査はTHAAD反対論者の主張ばかりを一方的に詳しく提示し、THAADに対する否定的な考え方を回答者に植え付ける質問をした上で、THAAD配備について賛成か反対かを尋ねていたわけだ。

政界関係者やメディアの一部はTHAADの配備決定に至るまでの過程について「その必要性と安全性について政府による国民への説明が不十分」と主張しており、それを理由に「国民の意見が十分に反映されていない」などと批判するかもしれない。またTHAAD配備をめぐっては東北アジアの強大国の利害が複雑に絡んでいることから「米国の意向に逆らえなかった」とする批判が今後出てくることも当然考えられる。しかしそれらの批判的な意見を数値化し、それを国民の意見として提示するに当たっては、世論調査の質問に何らかの意図を反映させてはならない。もしそうなればその結果が「歪曲(わいきょく)」あるいは「捏造(ねつぞう)」などと批判される恐れが出てくるだろう。世論調査は国民の意向を把握する際の参考に使うもので、自らの主張を強要し何らかの世論を新たに形成する道具ではない。

世論調査は韓国では大統領や国会議員の候補者選びはもちろん、例えば不正請託や公職者の金品授受を禁止した、いわゆる「金英蘭(キム・ヨンラン)法」を合憲と判断した憲法裁判所の決定を左右するほど非常に大きな影響力がある。ところがその影響力が強くなるほど、ある勢力にとっては世論を思い通りにしたいという誘惑も当然高まる。世論調査は国民の意向を映し出す鏡ともいわれるが、これが世論形成の道具に転落してしまうと、時に新たな対立や葛藤を招く凶器に変貌してしまうのだ。
世論調査チーム=洪永林(ホン・ヨンリム)記者 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/08/09/2016080901687.html

【管理人コメント】
世論調査が意図的に反対世論を形成するとしたら大問題だろう。
韓国の場合の世論調査は、前から問題視されてはいるが、記事掲載で語っては論外ではないか…。
世論調査は単にメディアの意図に誘導するための道具でしかないという事になるが…。

調査会社によって質問の仕方が異なるからだというが、その中で都合のよい部分を記事しているのが自国メディアである。朝鮮日報や中央日報では時々、本音を掲載し、あとで後悔する事があるようだが…。調査会社とて政府関連と連消していれば、政府の有利となるだろうし、メディアとも連携しているわけで…、調査会社の意味合いは無くなるが…。

という事になるように誘導するコラム記事掲載も、そもそもが問題だろう…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月09日 18:48 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
朝鮮日報、おまゆう?
いつも事実を捻曲げたり、隠蔽したり、読者を誘導してる朝鮮日報が良く言いますわ。

あるブログに、朝鮮日報記事を、ハングル原文と日本語版で丹念に読み込み、その巧みな誘導を指摘されてるフォロワーさんが居ますが、アンケートの設問も、新聞の記事も、書き方一つで印象がだいぶ変わりますし、朝鮮日報に関して言えば、記事中で使用する指標などの数値も、あっちから持ってきたり、こっちから持ってきたり、恣意的に選択してるフシが(大いに)ありますよね。

ココのフォロワーさんは皆さん賢いから、気付いてる方も多いのでは?

捏造や創作、隠蔽をやらせたら、朝鮮日報はかなりな手練れ、強者です。厚顔無恥と言い換えでもっていいカモですが。

[ 2016/08/10 07:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp