韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  岸田外相の抗議に中国大使逆ギレ 尖閣周辺で暴走…領海侵入は「当然」

岸田外相の抗議に中国大使逆ギレ 尖閣周辺で暴走…領海侵入は「当然」

中国の暴挙に対し、日本政府が怒り心頭に発した。岸田文雄外相は9日午前、中国の程永華駐日大使を外務省に呼びつけ、沖縄県・尖閣諸島周辺で中国海警局の公船や漁船が領海に何度も侵入していることに、「緊張を一方的に高める行為だ」と猛烈に抗議した。

中国公船が漁船とともに尖閣周辺の領海に侵入した5日以降、日本の閣僚が中国側に直接抗議するのは初めて。外務省の杉山晋輔事務次官らが再三抗議していたが、状況が改善しないため政治レベルでも対応する必要があると判断した。 これに対し、程氏は「(尖閣は)中国固有の領土だ。中国の船舶が関連の海域で活動するのは当然だ」と開き直った。中国は南シナ海でも国際法を無視しているが、許し難い認識といえる。

海上保安庁は8日、尖閣周辺の接続水域や領海に一時、中国の公船が過去最多計15隻が入ったと発表した。9日午前の段階で、公船2隻が領海に侵入し、接続水域と合わせて計13隻の航行が確認されている。 周辺海域には、海上民兵が乗り込んでいるとみられる約300隻もの中国漁船が集結している。


スポンサードリンク


中国は完全に暴走している。尖閣の実効支配を示すためにも、違法行為をした漁船を拿捕(だほ)するなど、日本は毅然(きぜん)とした姿勢を示すべきではないか。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160809/plt1608091537003-n1.htm

【管理人コメント】
今の中国は、いつ暴動化するか…、わからないほどに危険な状態と言える。
中国軍は年収アップが否決されて、怒り心頭だろうし、政府は権力二分で大混乱中だ。

一見問題なく進めているようだが、腹の中では闘争心でいっぱいだろう。
それに連携した大使や政府幹部連中は、いつ首が飛ぶかわからないという状態ではないか…。

中国大使レベルが、岸田文雄外相、或は外務省に逆切れでは異常自体だろう…。
今の中国は政府と軍そして自国民がばらばらである。
中国政府内もバラバラなのだから統制を取る状態ではない。

尖閣に漁民が上陸する事も有りうるかもしれない。
中国が実施すればするほどに自分たちの首を絞める事になるが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月09日 19:00 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(3)
なんども言っていますが!
中国に滞在経験のある私が何度も言っています!竹島に韓国に不法占領させて、何も言わないくせに、なんで尖閣諸島に行ったら日本はしつこいんだ?だったら韓国に竹島どけと言え!というのが、中国の本音!日本政府も分かっていながら、その本音に切り込めない!!!なんで、竹島には何もいわないのだ!!!腐った日本政府ならこの世から消えろ!ちゃんと竹島奪還しろよ!!!韓国に物言えよ!なんで、外務大臣が防衛大臣に靖国行くなというんだ!!!!!!!!!!!!!!!この国はあほか!!!!!!!!!
[ 2016/08/09 22:08 ] [ 編集 ]
竹島は今は問題化できない
日本は米国と同盟を結び
そして米国は韓国とも同盟であり
東アジアの安保は日米韓同盟となっている

なのでアメリカは竹島を問題化することを嫌い
日本の総理が竹島の式典に参加することも牽制している
アメリカが韓国を捨てない限り竹島について
日本が強硬に出ることは不可能

しかし、THAADが配備されることは100%無く
これがアメリカが韓国と見捨てる契機になるだろう。
そうなれば竹島を取り戻すことも可能となる。

[ 2016/08/10 10:10 ] [ 編集 ]
竹島と尖閣
竹島は隠岐から150km離れ面積は0.2キロ平方。尖閣は石垣島から130km離れ面積は3.8キロ平方。漁業資源以外になにもない竹島に比べ、尖閣は石油資源が確認されている。だからこそ尖閣には無関心だった中国が、石油があると知って領土問題を持ち出してきた。島固有の資産から見て尖閣のほうが竹島より重要度は高い。

朝鮮は虎の威を借りる狐で後ろ盾がないと軍事行動に出ません。朝鮮の歴史を見ると外征はほとんどない。支那は周辺地域に遠征隊を送り出し、直接支配しないまでも朝貢を要求している。琉球王朝のころ清国とはあきらかに朝貢貿易だった。支那は領土拡大をすることで国の発展を伸長させる政策をとってきた。

このことから韓国が竹島の領有を主張しても、それ以上の拡大はできないし、アメリカが許さない。しかし支那は尖閣を取ればさらに広い範囲を求めてくる。残念ながらアメリカは中国の膨張を止めるのに消極的で、南シナ海において毅然たる姿勢を取らなかった。尖閣問題でもアメリカに全面的に頼ることはできないだろう。

さらに人民軍は漁業や石油資源を採取し販売している。国家の膨張政策と相まって人民軍の行動は、歯止めが利かない状態です。尖閣を明け渡してしまえば、石油資源の奪略をしてくるのは目に見えている。

竹島をこのまま放置しても韓国は無謀な行動には出にくいが、尖閣を明け渡せば支那の横暴はより増大するとみてよい。
[ 2016/08/10 13:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp