韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  ドイツ車びいきの中国人が考えを改めた、日本の自動車の優れた点

ドイツ車びいきの中国人が考えを改めた、日本の自動車の優れた点

中国メディア・捜狐は6日、「ドイツ車びいきのエンジニアが見た日本の自動車は、一体どうなのか」とする記事を掲載した。記事は、これまでドイツ車至上主義を貫いていた中国人エンジニアが縁あって日本のスズキの工場を見学したことで日本の自動車や自動車メーカーに対する認識を改めたと紹介したうえで、ドイツ車好きから見た日本の自動車づくりの特徴について解説している。

まず、自動車にどんな役割を担わせるかについてドイツと日本では差があると紹介。ドイツは自動車を「生命、そして個性がある機器」と位置づけ、日本は「人の足代わりとなるもの」とされているとした。日本車はグレードダウンしても故障率の低い部品を用いる傾向にあるため「ドイツ車の故障が一般的に日本車より多いのである」と論じた。 また、人と自動車との関係についてドイツは「人が車に合わせる」、日本は「車が人に仕える」とし、製品の寿命に対する考え方もドイツは「壊れなければそれで良し」、日本は「ちょうど良いタイミングでの寿命設計がなされている」と説明した。

さらに、技術的な難題に直面した時に「力技で解決する」ドイツに対して、日本は「機転を利かせて工夫することに長けている」とした。新製品に対する考え方では、ドイツは「完全リニューアルを愛する」一方で、日本は「既存のベースを残すことを優先する」と紹介。極限性能についてはドイツが「無駄と思われるほど不測の事態が考慮されている」のに対して、日本は「本来の性能が十分に発揮されればそれ良い」と考えられているとした。


スポンサードリンク


そして最後に補修に関して、ドイツは「専門の人間じゃないと分からないほど複雑」、日本は「修理業者の利便性が大事」であると解説している。 日本もドイツも、自動車製造大国であり、世界の市場でシェアを獲得していることには変わりない。しかし、目を凝らしてみると基本的なコンセプトやこだわる部分が異なっているのだ。そして、これらの違いは、双方の気候風土や生活習慣の違いともいえ、一概に良い悪いで判断することはできない。消費者は、それぞれの特性をよく理解したうえで、自分の考え方にマッチしたものを選ぶことができるのだ。
http://news.searchina.net/id/1616086?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
世界の二大自動車生産大国として、各地でシェア争いを繰り広げている日本車とドイツ車。巨大な市場を持つ中国においても、やはり両者ライバルだ。それぞれの強みを活かした自動車をリリースして、より多くの消費者を惹きつけようとしている。 中国メディア・捜狐は、ドイツ車との比較から日本車の特徴掲載した。そのなかで、ドイツ車と日本車について「国内の自動車ファンが最も関心のあることは、やはりしっかりしているかどうかだ」としたうえで、「はっきり言って、ドイツ車に比べたら日本車はしっかりしていない」と評している。

一方で、日本の自動車メーカーには「小・美・省・軽」という4文字の理念が存在することを紹介。それはわざと手を抜いたり材料を省いたりすることではなく「節約と美しさを旨とする日本の国民文化のもと、資源を最大点利用することをわきまえている」ことの現れであると説明し、この点においてドイツ人とは出発点が異なると解説した。 さらに、日本の自動車メーカーが持つ賞賛に値する点がもう1つあるとし、それが「弱者に対する配慮」であると説明。ニーズ自体は少ないにも関わらず、多くの車種に障害者向けの特別仕様が用意されており、車椅子ごと乗降ができたり、シートが車外に出せたりなどといった機能が付いているとした。そして、このような思いやりは「ドイツ車では見られず、国内の企業はなおのこと考えていないのだ」と論じた。

中国ではまだドイツ車に販売台数で負けてますからね~。後半追い上げる事になるが、何処まで追い上げられるのかは難しい。2015年度で、ドイツ車は400万台中国で販売している。日本は336万台である。今年はもう少し差が狭まるのではないか…。いずれにしてもドイツと日本の熾烈な戦いが中国市場で続くという事だ…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月10日 14:27 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
MONさんなら御存知か?
私がハナタレだった頃(1969年?)ですが、サファリラリーを題材とした、石原裕次郎主演の、「栄光への5000キロ」 と言う映画が在りました。

石原裕次郎が日産(つうかDATSUN510)ブルーバードを駆ってサファリラリーに出場すると言った内容だと思うんですが、私は残念ながら観ていません。

話がそれちゃいましたが、サファリラリーに、ダイムラーが出場した事が在ります。ダイムラーはコンボイを仕立てて、まるで走る自動車工場みたいな体制だったと言います。

一方、日産だかトヨタだか、一応ワークスチームでもそこまでは無理で、さすがダイムラーと言った観があったそうです。

んで、両者の競技車両なんですが、ドイツ車は言わば「壊れない車」、

日本勢は「壊れてもすぐ直る車」だったそうです。

多分、日産チームです。案の定と言うか、当然の如く競技車両のサスペンションが壊れたそうです。ところがドイツ車も壊れた、日本車チームは日没後、突貫作業で一晩で修理し完走(順位は失念)、ドイツ車チームはリタイアだったか? エアコンまで着いたAT車だと言いますから凄いですね。

(多分)日産チームは、ブルバーバードかガセールかヴァイオレットか、その辺りの時代です、シルビアだったかも?

そう言えば(本物の)ガゼルに日産シルビア(ガセールの双子車)がぶつかったなんて話もあったような?

スバル車もプライベートで出ていて、実はセミ・ワークスなんですが、足廻りが岩にヒットして壊れた時、凧糸を張ってアライメント調整したそうです。

楽しかった時代です、めでたしめでたし。
[ 2016/08/10 19:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp