韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  不正企業家を見逃す赦免であってはならない

不正企業家を見逃す赦免であってはならない

8・15光復節の特別恩赦がまもなく発表される。今回も不正容疑で処罰された企業家らが多数含まれそうだ。企業と社会に大きな被害を与えた企業家に対する処罰が、再び「なかったこと」にされてしまう。こんな法治主義を揺るがすことをいつまで繰り返そうというのか問わざるを得ない。

不正企業家の赦免はいかなる理由があっても正当化できない。大統領の赦免権は司法による裁判の結果を一瞬で無力化するだけに、極めて例外的な状況に制限して行使されるべきものだ。にもかかわらず歴代の政府は、まるで恒例行事のように赦免権を乱発し、その度に不正企業家に免罪符を与えた。「経済再生」や「経済危機克服」など政策的な必要が憲法が見据えた例外的な状況にはならない。不正企業人の赦免が投資と雇用、経済成長につながるという主張は虚構と指摘する研究結果もすでに出ている。朴槿恵(パククネ)大統領もこれを正すと明らかにしてきた。2012年の大統領選挙の時は「大企業の支配株主や経営者の重大犯罪には赦免権行使を厳しく制限する」と公約し、昨年は「経済人特別赦免は納得できる国民的合意があってはじめて可能なことがら」と述べた。昨年の光復節特別恩赦の際は、経済人特別恩赦の基準まで出した。

今回の恩赦の対象とされる不正企業家たちが、その原則と基準に合致するか疑問だ。政府基準では、最近6カ月以内の刑の確定者、刑執行率が足りない者、現政府発足以降の不正行為者、罰金・追徴金未納者などは赦免されないことになっている。イ・ジェヒョンCJグループ会長、ヒョン・ジェヒョン元東洋グループ会長はこれらの基準に一つあるいは二つ反する。


スポンサードリンク


キム・スンヨン韓火グループ会長は、すでに2回も似た犯罪で特別赦免を受けた前歴があり、タム・チョルゴン・オリオングループ会長にいたっては前職の役員らが偽証教唆など不道徳性を告発している。こうした人たちに対する赦免を国民が納得して合意するはずがない。不正企業人の赦免に反対する意見が60%を超える世論調査も最近出ている。

不正企業家の赦免は原則と基準に合わない特別待遇であり、国民統合になんの役にも立たない。大統領が述べた「希望の転機」ですらない。それより各種政治事件など、前政権から累積された社会的葛藤を癒やし包容する赦免でなければ正当性は認められないはずだ。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/24870.html

【管理人 補足記事&コメント】
韓国財界5位のロッテが、最大の危機に直面している。グループ全体が検察の捜査対象になったのは、設立以来初めてのことだ。2015年に勃発した兄弟間の経営権争い、真意を測りかねる高齢創業者の存在、悪化した世論に続き検察による集中捜査……。文字通り、四面楚歌だ。ロッテの経営は日韓両国にまたがっているため、検察が念頭に置く容疑も広範囲なものになっている。大小90社を超える企業を擁するが、大部分が非上場であり公開情報もかなり少ない。検察の捜査が長期化するとの観測が出ている理由だ。

検察の捜査対象は大きく分けて4つに絞られる。まず、オーナー一族の不正資金に関する疑惑。ロッテグループはこれまで、M&Aによって事業拡大を図ってきた。検察は重光昭夫(韓国名・辛東彬)会長が積極的なM&Aと海外事業を行う過程で、数千億ウォン(数百億円)の不正資金をつくったと疑っている。M&A価格を引き上げた後にその中からカネを抜いたり、会社が事業上の損失を被ったようにし、実際には会社のカネを外に引き出した可能性があるというのだ。

次に、検察は創業者である重光武雄(韓国名・辛格浩)総括会長が保有する不動産取引に焦点を定めている。これまた、結果的に不正資金づくりに連結している。重光総括会長の不動産に対する深い愛着と執着は有名だ。検察はロッテグループ企業がオーナー一族が所有する不動産を、時価よりも高い価格で買い集めたのかどうかについて捜査を集中させている。この場合、ロッテグループの不動産が不正資金作りのためのルートとして活用されうるためだ。

一方中央日報は、 韓国の起業家精神指数が経済協力開発機構(OECD)最下位圏であることがわかったと報じている。世界起業家精神発展機構が態度、法、規制などを通じて130カ国余りの起業家精神を評価した結果だとした。韓国経済研究院は「韓国起業家精神の実状と課題」報告書で「OECDのほとんどの国で所得が高ければ起業家精神も高く現れた。経済成長のために起業家精神の高揚が必要だ」と明らかにした。

財閥中心の経済社会は不正の恩恵で有り、財閥は政治家とつながり不正をかいくぐってきたが、不正だらけの国では世界から見捨てられるわけで、自国の首が回らなくなってから、焦っているようでは遅いが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月11日 09:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp