韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  50歳以上の再就職、賃金は失業前より27%低下

50歳以上の再就職、賃金は失業前より27%低下

失業後6カ月以内に再就職した50歳以上の中高年賃金労働者の場合、平均27%ほど賃金が下がる研究結果が出された。特に50歳以上の再就職者は前の職場での勤続期間が長いほど、失業時と再就職時の賃金の差が大きくなることが分かった。前の職場での勤続期間が10年を超える労働者の場合は賃金低下率が半分の割合を超える52%まで跳ね上がると分析された。

10日、韓国雇用情報院のクォン・ヘジャ博士が韓国社会保障学会の学術大会で最近発表した論文「中高年退職者の再就職と賃金低下」によると、2013年上半期の雇用保険喪失者(失業者)のうち6カ月以内に再就職した50歳以上の中高年者(約59万5000人)の場合、失業前の賃金は平均238万ウォン(約22万円)だったが、再就職時の彼らの初任給は平均173万ウォン(約16万円)であることが分かった。失業前と比較した場合、概ね平均27%低下したといえる。50歳未満の場合はこのような賃金低下率が相対的に低かった。失業前には231万ウォン(約21万5000円)だった賃金水準は、再就職時の初任給が193万ウォン(約17万8000円)となり、中高年者と同様に賃金は下がったが賃金低下率は17%だった。

また、50歳以上の中高年者の再就職時の賃金低下率は、失業前の勤続期間によって大きな差が表れた。失業前の職場の勤続期間が5年未満の場合は、賃金低下率が平均(27%)より低い22.6%に、勤続期間5~10年の賃金労働者の賃金低下率は28.6%だったが、勤続期間が10年を超える賃金労働者は賃金低下率は52%に跳ね上がった。勤続10年以上になる50歳以上の中高年賃金労働者の賃金は、失業前は平均468万2000ウォン(約43万3000円)だったのに対し、失職後6カ月以内に再就職した場合の初任給は平均224万7000ウォン(約20万8000円)とぐんと下がっている。


スポンサードリンク


クォン博士は報告書で「10年以上の勤続者は正社員などの仕事から退職した人であり、概ね安定した雇用と高賃金を受給していたが、50歳以上から再就職する場合の新しい雇用は過去の雇用に比べ周辺労働市場に属しているため」と解釈した。実際に中高齢層の再就職先の職種は掃除や警備、販売、単純労務職などが主になると分析された。クォン博士は「労働市場の二重構造化と、企業が高齢者の雇用を避ける現象が今なお残る状況では、何よりも正社員の仕事からの中高齢者の排出(失業)を減らす政策が必要だ」と提言した。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/24865.html

【管理人コメント】
私が部品企業へ再就職した当時が2000年頃で、45歳までしか求人がない状態で、再就職企業と契約し、再就職支援企業のコンサルタントと相談しつつという事になるのですが、リアルタイムで出る失業率では軽く10%を超えてましたkらね~。中国の日本企業へ就職する事例が最も多かった時代ではないでしょうか…。

私は金額を下げて、自分の家の近くの部品企業に時給1000で入社しました。失業前より何%低下などと言う状態ではないですね~。私はまずは企業へ入社することが重要だと思いますが…。実力があれば中小企業は大手企業と違って昇級試験などありませんから、すぐ給料は上がるでしょう。私は自給1000円のときで社長代行となりましたからね~笑

気が付けば、3年も有れば、大手企業時代の60%レベルまでは給料は上がるでしょう。若ければさらに大手企業時代の70%以上になるのではと思います。さて、韓国ですが、経済低迷の上に協力性が無く、大卒では中小企業に入社しても使えないでしょうから、困りごとです。それでいて、生活は中小企業ですから、大卒はアルバイトになってしまいますね~。

何のための大卒か…。。。
韓国ではここ数年高卒が見直されてます。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月11日 10:11 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp