韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国造船業の手持ち工事量、年内にも日本に逆転許す可能性

韓国造船業の手持ち工事量、年内にも日本に逆転許す可能性

韓国造船業界の手持ち工事量が17年ぶりに日本に逆転される危機に陥っていることが10日、造船・海運市況を分析する英クラークソンの集計で分かった。7月末時点の韓国メーカーの手持ち工事量は2387万CGT(標準貨物船換算トン数)で、日本(2213万CGT)より174万CGT多かった。両国の差は2003年3月(158万CGT)以降で最も小さい。手持ち工事量はすでに確保した仕事量を表すもので、受注量、引き渡し量と並び造船業の競争力を示す指標となっている。

両国の手持ち工事量の差は、今年1月初めには551万CGTだったが、3月初めは449万CGT、5月初めは393万CGT、8月初めは174万CGTと急速に縮まっている。造船業界では、このままいけば年内にも手持ち工事量で韓国が日本に抜かれるとの懸念が広がっている。

差が縮まっているのは、両国の船舶新規受注量が違うためだ。年初から7月末にかけての韓国メーカーの新規受注は86万675CGTにとどまった一方、日本メーカーは同期間に98万5912CGTを受注した。引き渡し量は日本に比べ月平均で2倍ほど多い。造船業界の関係者は「日本と中国のメーカーは自国の船会社からの受注で仕事を確保しているのに対し、韓国は『受注の絶壁』に苦しんでいる」と苦境を伝えた。 韓国は2000年1月に手持ち工事量で日本を上回り、初めて世界1位となった。だが、中国造船業の急成長で08年8月には中国に次ぐ2位に後退した。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/08/11/2016081101193.html


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
今年4月に聯合ニュースは、韓国の造船大手は経営の危機に直面しているが、世界市場では依然として上位を独占し続けていると報じた。受注が滞っているとはいえ、少なくとも1~2年持ちこたえる程度の手持ち工事量があり、中国、日本との激しい競争に生き残る可能性は比較的高いといえる。こうした状況が、韓国政府が造船業の構造改革に踏み切ることを難しくしていると伝えている。

造船・海運市況を分析する英クラークソンが3月末時点の船舶手持ち工事量を集計した。大宇造船海洋が782万CGT(標準貨物船換算トン数、118隻)で最多、次いで現代重工業が450万CGT(95隻)、サムスン重工業が439万CGT(81隻)と、韓国大手3社が世界トップ3を占めた。 韓国からは現代三湖重工業(341万CGT、84隻)が4位、現代尾浦造船所(237万CGT、108隻)も6位に入った。 大宇造船をはじめ、韓国の造船大手は多額の赤字を計上しており、立て直しが急がれる。しかし、政府の主導で統廃合などの思い切った構造改革を進めた場合、この先造船業が好況に転じた時に中国、日本勢に立ち向かえず、主導権を譲ることにもなりかねない。政府としては容易に判断できない。少なくとも韓国勢の再編が世界の勢力図を大きく変えるのは間違いない。

そのため、大手3社は重要でない資産の売却や人員削減などを通じ損失をできるだけ減らしながら業況の好転を待つ戦略を取ると予想される。業界関係者によると、韓国だけでなく中国などでも造船会社の経営が行き詰まっており、こうした厳しい状況の中で世界的な供給過剰が自然と調整されれば、韓国3社を含む大手に再びチャンスが訪れる可能性もあるとした。

再びチャンスは無いのだが、為替は円高に向かい1ドル 1125ウォンが造船業の損益分岐点であるから、自国内の客船技術を取得して内需活性化に向けた改革のほうが重要だろう。日本の中堅造船業は自国内需で経営難を乗り切ってきた。世界の受注量が減少している中で、多くの造船業はもはや必要が無い。中国と日本だけで十分である。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月11日 11:30 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp