韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国起亜車がインドに生産工場を作る理由

韓国起亜車がインドに生産工場を作る理由

起亜自動車が初のインド工場建設地として東南部のアンドラプラデシュ州に目をつけ、最終調整作業に入った。インド工場建設計画が確定すれば、米国・中国・スロバキア・メキシコに続く起亜車の5番目の海外生産基地となる。インド工場が本格稼働する場合、今年上半期45.8%だった起亜車の海外生産比率も50%を超える見込みだ。

起亜車の関係者は10日、「インド現地工場をアンドラプラデシュ州に建設する案が有力。都市名を明らかにすることはできないが、タミルナド州チェンナイにある現代車第1、2工場と地理的に近く、協力会社および部品工場の共有が容易で、輸出のための埠頭使用も安定的」と述べた。

起亜車は昨年から5番目の海外生産基地建設のための選定作業をしてきた。5月に本格的な稼働に入った4番目の海外生産基地であるメキシコ工場は、米ジョージア工場とともに米国大陸販売分を担う。5番目の生産基地の立地条件には、東南アジアとアフリカ・中東など新興市場への輸出のための前進基地であると同時に安定した内需物量が維持される国が優先的に考慮された。

起亜車は年初、インドを最も適した国と判断し、本格的な現地調査作業をしてきた。アンドラプラデシュ州をはじめ、グジャラート州、マハーラーシュトラ州、中部のマディヤプラデシュ州などが検討された。各州の自治政府を訪問し、支援規模と立地検討作業も行った。


スポンサードリンク


インドは年間270万台の自動車が売れる世界5番目の市場だ。市場調査会社IHSは2020年までに中国・米国に次ぐ世界3番目の自動車市場になると予想している。米国大陸を除いたグローバル市場が遠くないうえ、輸出運送費用も少ない。

鄭夢九(チョン・モング)現代・起亜車グループ会長は海外生産基地に力を注いできた。先週、ロシア・チェコ・スロバキアなど欧州工場を直接訪問し、「海外販売が未来の競争力確保の源泉」と強調したりもした。インド工場設立は朴旱雨(パク・ハンウ)起亜車社長が主導している。朴社長は2003-2012年に現代車インド法人で勤務し、取締役・常務・専務を経て法人社長まで務めた現代車のインド成功神話の主人公だ。社長時代には「i10」「i20」などインド市場現地戦略モデルを発売し、インド国内市場で現代車の地位(2位)を確固たるものにした。

起亜車はアンドラプラデシュ州政府と敷地および用水・電力使用条件交渉に入っているという。起亜車は現代車に税制および用水・電力使用で相当な支援をしているタミルナド州水準の支援を要求している。 メキシコに続いて海外生産基地が追加されれば、現在46%台の起亜車の海外生産比率も高まる。現代車は米国・中国・インド・チェコ・トルコ・ロシア・ブラジルなど7カ所の海外生産基地があり、海外生産比率も64%にのぼる。

起亜車が海外生産基地の増設に踏み切ったのは、急変するグローバル市場環境に速やかに対応するためだ。英国の欧州連合(EU)離脱、ロシア・ブラジルなど新興市場の景気低迷長期化など市場環境が急変していて、能動的な対応のためには現地に合わせた車種を開発・生産して市場に投入する必要がある。高費用低効率構造の国内生産では競争力を備えにくいという危機意識もある。
http://japanese.joins.com/article/303/219303.html?servcode=300§code=320

【管理人 補足記事&コメント】
インドでのスズキの自動車販売シェア(2014年)は36.3%(marklinesより)と他を引き離してダントツの1位だ。インド自動車市場は、「経済の発展」と「人口増加」によってさらに成長していくと予想されている。そのため、インドに力を入れる自動車メーカーが増加し競争は激化する。また「環境規制の強化」や「需要の変化(小型車⇒ミドルクラス)」によって、現在シェア1位のスズキにとってマイナス要素が増えてきているのが現状だ。現代自が2位につけている。スズキを追いかけるのだろう。一方ホンダやトヨタはシェア5%の争いである。

インド自動車工業会が8日発表した2015年度(15年4月~16年3月)の新車販売台数(乗用車と商用車の合計)は347万5382台となり、14年度と比べて8%増えた。前年度実績を上回るのは2年連続。積極的な新車投入が市場を支え、新型車が好調な韓国・現代自動車や仏ルノーが躍進している。 14年度の新車販売の前年度比伸び率は3%。15年度は市場拡大のペースが加速した。全体の8割を占める乗用車は278万9678台で7%増。商用車も12%増だった。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月11日 18:52 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp