韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  「日本が世界でもっとも清潔な国」と評される理由

「日本が世界でもっとも清潔な国」と評される理由

中国の大気汚染は深刻だ。特に冬場になると石炭を燃料としたスチーム暖房のために汚染は一気に深刻さを増す。中国で青く澄んだ空を見ることができるのは珍しいことで、どんより曇った日が長く続くことになる。こうした環境で暮らす中国人からすれば、日本の空がきれいに見えるのはごく当たり前だ。中国メディアの捜狐はこのほど、日本は世界でもっとも清潔できれいな国だと伝え、なぜ日本はこれほどまでに清潔感があるのだろうかと疑問を投げかけた。

記事は、日本には新鮮で澄んだ空気とゴミ1つ落ちていない道があると指摘し、「日本が世界でもっとも清潔な国」と評されるのも納得だと指摘し、その背後には日本人の努力があると指摘。日本のゴミ分別の厳しさを紹介したうえで、ペットボトルはキャップ、本体、パッケージのビニールと細かく分別する必要があるように、身の回りにある1つのゴミも細かく分別していることを紹介した。

続けて、日本は米国や中国と同様に自動車大国だと紹介。中国の大気汚染の原因の1つに「多すぎる自動車」が挙げられているのと対照的に、日本は車が多くても大気汚染が起きていないと指摘し、日本人は自動車を所有していても都市部では通勤に公共交通機関を利用するためだと紹介した。さらに、自動車から排出される有害物質の規制も厳格に行われていると指摘し、日本が「世界でもっとも清潔な国であるのは紛れも無い事実」だが、その背後には相応の努力があることを指摘した。


スポンサードリンク


中国人は日本の清潔さを称賛し、そして羨むが、それだけではいつまでたっても中国が清潔になることはない。中国が清潔でないのは公徳心がないためという指摘もあるが、法律の整備や公徳心向上のための取り組みなど、清潔にするために何らかの一歩を踏み出す必要があるのではないだろうか。
http://news.searchina.net/id/1616216?page=1

【管理人コメント】
私が香港を訪れた時には、まだ返還前だが、ゴミ一つなかったが…。
ゴミが出ると、確か専門の人がすぐ拾うと、台湾の商社マンが説明した記憶がある。

ISO14000を取得すれば企業は、実施すべきことが山ほどある。さらに化学物質管理も日本のトップ企業が先導しJGPSSIを構築し、危険物質などなどの分類を決めている。大半の企業の化学物質は、それに従って対応している。世界の危険物質は随時追加される。とはいえ、企業では世界に販売するためには更なる追加が要求される。今では環境汚染のみならず、化学物質管理のほうが重要視される。企業の利益を損なうからで、あのキヤノンでさえ、外注管理不足でかなり損失が出ているが公表していないだけである。

と言う様に、ごみの分別やリサイクルなどは最低限の実施項目となりつつあった。ところが世界のCOS2排出はアメリカと中国が世界の半分とは言わないが、CO2を排出しているわけで…、また危険物質重視と並行してCO2は重要項目になっている。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月11日 19:11 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp