韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日・中のエチレン生産中断、韓国に追い風

日・中のエチレン生産中断、韓国に追い風

日本と中国の石化プラントが故障や整備点検などのために相次いで稼働を中断し、基礎科学素材であるエチレンを生産する韓国企業に追い風となりそうだ。 

中国の石化メーカーは9月4、5の両日、杭州で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)を控え、環境汚染を軽減するため、8月下旬から2週間以上、プラントの稼働を中断するか、生産量を削減する。生産減少分は320万トンに達する見通しだ。これは韓国の化学メーカー6社が年間で生産するエチレンの約3分の1に相当する量だ。このため、世界的にエチレンの供給量が減るとの予想が高まり、エチレンの利益率が上昇している。エチレンの1トン当たり利益は6月の638ドルから7月には733ドルへと約15%上昇した。

下半期にもこの傾向は続く可能性が高い。6月にサウジアラビアのペトロラービグ(住友化学とアラムコの合弁事業)と日本の三菱化学のプラントが機械故障でプラントを中断したためだ。先月にもタイ、台湾メーカーが設備点検などを理由にエチレンの生産量を削減した。中国がG20サミット後にプラントの稼働を再開しても直ちに生産量は回復しない見通しだ。


スポンサードリンク


韓国石油化学工業協会の関係者は「これほど同時多発的にプラントが事故で相次いで稼働を中止するのは極めて異例だ。最新の設備を備え、生産が相対的に安定している韓国の化学メーカーが周辺国のプラント稼働中断など予想外の要素で大きな利益を上げている」と指摘した。

ハンファケミカルは11日、第2四半期の売上高は2兆3922億ウォン(約2200億円)、営業利益が2936億ウォンだったと発表した。いずれも四半期ベースで過去最高だ。これまでに第2四半期の業績を発表したLG化学、SKイノベーション、ロッテケミカルも営業利益がいずれも前年同期を上回った。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/08/12/2016081200731.html

【管理人コメント】
韓国の化学メーカー6社が年間で生産するエチレンの約3分の1に相当する量で、それを韓国企業が請け負うなどと言う記事は、実に寂しい限りではないか…。言い換えれば、この穴埋めを韓国企業が実施すれば、2社はこの仕事だけで1年は生き延びる量という事だ。最新の設備を備えたと言うが、設備は韓国が優秀と言う意味ではない。調子乗って設備投資すれば、日中が正常に戻れば、韓国企業はさらに赤字に陥る事になるが…。

そんなことを喜んでいるよりは、一時的な事ではなく、戦略的に仕事を得る事である。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月12日 11:17 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp