韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  朴政権の闇…黒いウワサ尽きない首席秘書官が居座れる不思議

朴政権の闇…黒いウワサ尽きない首席秘書官が居座れる不思議

韓国大統領府の民情首席秘書官とは、ものすごい権限を持つ職責だ。最高裁、検察と警察、それに国家情報院の幹部の人事権を事実上握っている。中央省庁の次官級人事についても、事前に身辺を調べて「ダメだ」と言える。大統領の親族の動向監視も、この首席秘書官が任されている。

その人物-禹柄宇(ウ・ビョンウ)氏に関する金銭疑惑が、次から次へと浮上している。保守系マスコミまで「禹柄宇辞任を」と要求しているのに、朴槿恵(パク・クネ)大統領は禹氏をかばい続けている。朴氏は、禹氏に“弱み”でも握られているのではないかという観測が出てくるのも無理からぬところだ。 禹氏は検事出身だ。検事長に昇進できずに退職し弁護士をしていた。その人物が、なぜ大統領秘書官に招かれたのかは謎だ。上司の首席秘書官が「空白の7時間」をめぐる機密文書の流出問題で辞任した後、彼がなぜ首席秘書官に抜擢(ばってき)されたのかも謎だ。

まだ金銭スキャンダルは表面化していなかったが、保守系で親・朴槿恵の中央日報(15年1月25日)が「財産が多いということ自体が公職者の欠格事由ではないが…今回の民情首席秘書官人事は再考しなければならない」とまで書いていた。周辺の人間にとっては「なぜ、あいつが」だったようだ。


スポンサードリンク


今回の疑惑表面化の発端といえるのは、特任検事チームが、かねてから噂が尽きなかった陳検事長(検事正に該当)を7月、収賄容疑で逮捕したことだった。陳氏は2005年、ゲーム会社「ネクソン・コリア」のオーナー、金正宙(キム・ジョンジュ)氏から、その非上場株4億2500万ウォン(約3900万円)をもらい、1年後に「10億ウォン(約9200万円)の価値がある」として、ネクソン・ジャパンの株式に交換させた。それをネクソン・ジャパン株の公開後の15年に売却して126億ウォン(約11億6400万円)の利益を手にしたというのだ。リクルート事件を思い出す展開だ。

禹氏は、検察官時代から陣氏と昵懇(じっこん)だった。「とかくの噂」に満ちていた陣氏の検事長昇進も、禹氏の積極的な工作によったとされている。やがて、禹氏の妻と姉妹が所有していた紛争絡みの土地を、ネクソン・コリアが1300億ウォン(約120億1290万円)で買い取った。 一体、陳氏、禹氏、そして金氏の間には何があるのか。 ネクソン・コリアは創業から十数年しかたっていない。その間に金氏は業務上横領などで30回もの告発・告訴を受けた。が、大部分は「嫌疑なし」で処理されている。「有銭無罪」の腐れ縁なのだろうか。

朴氏は夏休暇明けには禹氏を更迭するとの見方が韓国のマスコミ界では圧倒的だった。そのため、京郷新聞の韓国語サイトは「休暇明け初日、禹氏が正常勤務中」との速報を打った。禹氏を更迭しない、あるいは更迭できない大統領への驚きとあきれの速報だったといえる。 政権のレームダック化は加速する一方だ。
ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160812/frn1608121140001-n1.htm

【管理人 補足記事&コメント】
2015年1月には、韓国の朴槿恵大統領の元側近が政府高官人事に介入したとする大統領府の内部文書が流出した問題で、大統領府の金英漢民情首席秘書官は9日、国会運営委員会への出席要請を拒み、辞意を表明した。聯合ニュースが報じた。金英漢氏については、文書を流出させた警察官に「容疑を認めれば立件しない」と懐柔を企てたとの疑惑が持ち上がり、与野党が国会での説明を求めていた。同氏は「民情首席秘書官は国会に出席しないのが慣例。悪い前例を残さない」などとして出席を拒否した。

そして今年7月、妻の家族の江南(カンナム)不動産売買で始まった疑惑が20日には陳キョン準(チン・キョンジュン)検事長の非違黙認、機動警察の息子の職務特恵などに広がった。人事検証を担当する青瓦台民情首席秘書官をめぐる疑惑は時間が経過するほど増え、青瓦台は当惑している。モンゴル訪問を終えて18日に帰国した朴槿恵(パク・クネ)大統領は、前日に続いてこの日も公式日程を持たなかった。禹首席秘書官の件にも沈黙を続けた。

朴大統領は禹首席秘書官の妻の家族の江南土地問題が初めて浮上した18日、帰国する空軍1号機(大統領専用機)での機内懇談会も省略した。匿名を求めた青瓦台関係者は「朴大統領が沈黙すること自体が悩みの深さを見せているのでは」と語った。

中央日報は、ひとまず青瓦台は野党が主張している辞任要求に対し、「問題にならないのになぜ辞任するのか」という基調を維持した。禹首席秘書官本人が春秋館(青瓦台記者室)で疑惑について反論し、辞任はしないという点を明確にした。青瓦台が禹首席秘書官の去就について沈黙しているのは、当事者の禹首席秘書官が「事実無根」と強弁しているからだと報じている。

朴槿恵大統領と首席秘書官の繋がり自体が闇であるから、朴槿恵の人事に関与したとしては大騒ぎし、厄介な問題ばかりを引き起こすが、朴槿恵自身人脈がないのだから仕方がない。朴槿恵の任期とともに…、ではないのか。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月12日 13:42 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp