韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  ソウル市、学校運動場の有害ウレタンを土に全面変更へ

ソウル市、学校運動場の有害ウレタンを土に全面変更へ

ソウルの学校の運動場に、有害性の議論が絶えないウレタンの代わりに真砂土(土)が敷かれる予定だ。

ソウル市教育庁は、学校のウレタンが有害性検査で重金属基準値を超過したことに対し施設を「エコウレタン」に替える予定だったが、これも有害性の懸念があることが分かったため、全面的に真砂土への変更を推進することにしたと12日、明らかにした。ウレタンの再設置は、従来の運動場の構造上でウレタンが避けられない場所や、体育特技学校においてやむを得ない場合にのみ、同庁が直接実態調査を行った後、例外的に許容することとした。同庁は11日、過去2度の需要調査で重金属を大量に検出した従来のウレタンを取り外した後、また新しいウレタン施設に替えることを希望する102校の校長や学校運営委員長を緊急招集し、真砂土とウレタン施設の長所、短所を説明してから意見を収れんして決断を下した。

これは先月26日、ハンギョレが報じた「運動場の鉛まみれのウレタンの代わりに、またウレタンを敷く学校と教育部」(7月26日付)の内容が積極的に反映された結果だ。現在、ウレタン体育施設の有害性の検査はKS(韓国産業規格)基準の重金属4種(鉛、水銀、カドミウム、六価クロム)に対して行われているが、国家技術標準院は4種の重金属のほか環境ホルモンの一つフタレートも有害物質に追加指定する方向で、関連法を整備する手続きを整えている。関連法基準が変われば、新たに登載されるウレタン施設も有害性問題から自由ではなくなる。


スポンサードリンク


同庁は、真砂土に変更する学校には優先的に予算を支援するなど、有害性が問われ続けるウレタンを学校の場から追放する方針だ。先月の2回目の需要調査で、真砂土を選択した26カ所の学校に交換予算を先に支援することとした。同庁はソウル大土木工学科研究チームと一緒に、従来の真砂土の運動場より排水効果を高め、ほこりを減らした環境にやさしい真砂土運動場の開発も行った。同庁の担当者は「有害性ウレタンの体育施設を適時交代して、エコ真砂土に補修し、安全で健康な体育環境が作られることを期待する」と明らかにした。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/24892.html

【管理人 補足記事&コメント】
有害重金属が基準値を超過して非難されている韓国の小中高の運動場のウレタントラックが早いうちに土や環境にやさしいウレタンに入れ替えられる。ソウル市教育庁は26日、学校ウレタントラックと運動場有害性検査で重金属が基準値を超過した135校に対して年末まで全部改・補修工事をする計画だと明らかにした。

ソウル教育庁は重金属基準値を超過したウレタン運動場がある11校とウレタントラックがある124校中、有害物質検出程度が深刻な学校から順に入れ替え工事を行う予定。工期は1校当たり10~15日かかり、予算は1~2億ウォン程度必要だと予想されている。

何というのか中国と同じである。
税金を使って工事して、また税金で結局土に戻すことになる…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月13日 10:50 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(1)
なんだかんだ言っても、校庭は土のままが良いように思います。

例えば芝生にするなんて話も地元でチラホラ出た事がありますが、不心得者が縫い針状の物などを撒き散らしたりしたら、芝生では探し出すのは困難ですし、そうでなくても今の子供たちは土と触れ合うチャンスが減ってますし。

土のままなら必要が有れば何にでも変えやすいですしメンテナンスの金もあまり掛かりません、最も汎用的と言えるんでは無いでしょうか?

様々な状況もあるでしょうから、ケースバイケースは在るにしても、基本的には土のままが最も良いと考えます。
[ 2016/08/13 11:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp