韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  小池都知事、3大都市リーダーとの連携急浮上「新党というよりはネットワーク」

小池都知事、3大都市リーダーとの連携急浮上「新党というよりはネットワーク」

東京都の小池百合子知事の「次の一手」が注目されている。将来的な新党結成について示唆したばかりだが、東京と大阪、名古屋という3大都市の改革派リーダーによる連携もあり得るのだ。民進党が、「日米安保廃棄」や「自衛隊解消」を綱領に記した共産党との共闘を続けるなか、現実的な外交・安保政策を掲げる新たな二大政党的グループとして急浮上するのか。

「選択肢の1つではある。これから都政を前に進めていく上で判断すべきことだ。いろんな形があると考えている」
小池氏は10日夜、都知事選で自身を支援した都議や区議ら約70人が開いた会合に出席した。会合が新党結成に直結することは記者団に否定したが、将来的な新党結成の可能性については、冒頭のように語った。 翌日の新聞各紙は「小池都知事が新党結成に言及」(産経)、「小池知事新党『選択肢の一つ』」(朝日)などと報じた。

「都議会のドン」こと内田茂都議が事実上君臨する都議会自民党は議席の半数近くを確保している。小池氏の発言は自民党を牽制する狙いもあるとみられるが、小池氏の以下の発言も聞き逃せない。


スポンサードリンク


「新党というよりはネットワーク。改革が各地で進むように連絡を取りながら、ということで考えている」
この「ネットワーク」「各地」というフレーズから、小池氏と、おおさか維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)や、地域政党「減税日本」を率いる河村たかし名古屋市長という、3大都市のリーダーの連携も注目されている。 

実は、小池氏と河村氏は日本新党で「改革」を目指した同志であり、河村氏は都知事選終盤、小池氏の応援に駆け付けている。松井氏と河村氏は7月の参院選前、政策的に近いとして党合流について会談している。

政治評論家の浅川博忠氏は「民進党は55年体制時代の社会党のように、外交・安保政策が浮世離れしている。野党第1党としての求心力も失っている。3大都市のリーダーが現実的な政策を掲げて連携し、将来の新党的なものが示されるならインパクトは大きい。自民党と切磋琢磨(せっさたくま)できる政治集団となれば、国民も大いに期待する。民進党内の保守勢力も合流するのではないか」と語っている。
ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160813/plt1608131530001-n1.htm

【管理人コメント】
今は余計な事を考えずに公約実現に邁進してほしいものであるが…。
先にある結果を考えれば失敗する。目先にある問題点の対応積み重ねの先に結果がある。余計な事にとらわれず、まずは公約するべき課題を一つ一つ取り組むことである。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月13日 18:42 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp