韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  とてもじゃないが敵わない!日本に完敗の「中国の駅弁」はなぜ不味い?

とてもじゃないが敵わない!日本に完敗の「中国の駅弁」はなぜ不味い?

日本と中国は高速鉄道市場において激しい受注競争を展開している。だが、乗車券の買いやすさや時間に正確な運行、さらには車内サービスにいたるまで、ソフト面では新幹線のほうが圧倒的に中国高速鉄道を上回ると言えよう。

新幹線をはじめとする日本の鉄道サービスにおいて、中国を上回るものの1つに駅弁を挙げることができるが、中国メディアの投資界はこのほど、日本と中国の駅弁を比べて場合、「中国は完敗である」と指摘する記事を掲載した。 記事はまず、高速鉄道をふくめた中国の各鉄道において提供されている駅弁はなぜ「不味いのか」と疑問を投げかけつつ、物価水準を考慮しても日本では中国より安くて旨い駅弁が数多く存在すると紹介。中国の駅弁はおかずの種類がわずか3種類しかないと批判したうえで、「見た目だけを見ても中国の駅弁は高すぎる」と論じた。

続けて、中国では鉄道利用時にインスタントラーメンを持ち込む客が後を絶たないことを指摘し、「それはインスタントラーメンのほうがまだ旨いからだ」と指摘。日本では多くの企業が駅弁を販売しており、企業間に競争が存在することを指摘、中国の駅弁が不味いのは「日本のような競争がないから」だと指摘した。


スポンサードリンク


さらに記事は、中国の鉄道は「中国鉄路総公司」が管理を行い、鉄道車内における販売は同社の関連会社が既得権として独占的に行っていると指摘、中国も日本のように企業の参入を認めれば、競争が起きて価格も低下し、味も向上するはずだと論じた。

もとから弁当という文化があった日本において駅弁が発達したのは自然なことだ。中国にもご飯の上におかずを乗せる弁当のようなものは存在するが、1つの文化に昇華するほどの発展を遂げられなかったのは、冷たいものを口に入れるのを嫌う中国人の習慣のためかもしれない。しかし、中国で駅弁に対する需要が高まっているのは事実であり、消費者の需要を汲み取ることができれば、将来的には中国の高速鉄道でおいしい弁当を楽しめる時代が来るかもしれない。
http://news.searchina.net/id/1616350?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
駅弁とは鉄道駅や列車内で販売されている鉄道旅客向け弁当のことで、1885年(明治18年)7月16日に栃木県の宇都宮駅で販売されたおにぎりが初例である。

日本最古の駅弁がどこの駅で発売されたのかについては諸説あるが、1885年(明治18年)7月16日に日本鉄道の嘱託を受けた旅館「白木屋」がこの日開業した日本鉄道宇都宮駅で握り飯2個とたくあんを竹の皮に包んだものを発売したのが最初とされる。そのため、宇都宮説による駅弁発売日である7月16日は「駅弁記念日」となっており、数多くの文献・Webが駅弁記念日を紹介する際に宇都宮説を紹介している。
起源説についてはこのほか以下の例がある。
1877年(明治10年)頃の梅田駅(現大阪駅)説。
1877年(明治10年)頃の神戸駅説。
1883年(明治16年)7月に熊谷駅で寿司とパンを売り出したのが始まりという説。
1883年(明治16年)の上野駅説。
1884年(明治17年)の敦賀駅説・
1884年(明治17年)に高崎駅説。これは高崎弁当が自説として1884年(明治17年)に高崎駅でおにぎり弁当を発売したと述べているものであるが、一般的には高崎弁当の販売開始は信越線開通の横川駅での駅弁販売開始に続く1886年(明治19年)3月だったと言われている。

昔の車内販売と言うと、お茶にミカンが赤い網の目の入れ物に5個くらい入って売られていたのを思い出す。上野から福島の平駅まで蒸気機関車で8時間であるから、今では考えられないスピードだが、それでも遅いと思ったことは無い。トンネルに入ると窓を閉めないと顔が機関車の煙で黒くなる。今では新幹線ですぐですからね~。時代の進歩は恐ろしい。同時に駅弁も進歩してきたわけで、駅弁の歴史は機関車の歴史でもあるわけで、子供の頃が懐かしいです~。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月14日 10:28 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(2)
私が中学に上がる前(1970年頃)まで、蒸気機関車が走ってましたからね(調べたら9600形と言う機関車みたいです)、隔世の感がありますね。


中国の高速鉄道、ソフト面は当然として、ハード面だって他国技術に「おんぶに抱っこ」じゃあないのかな? 全ての部品を自前で作れるようになってから威張って欲しいもんです、それなら多少は認めます。

運行速度が速かったりするのは、単に国が広いから、日本みたいな山岳地形だったら、彼等には運行すら出来るか疑問です。

10年では分かりませんが、20~30年を経たとき、更に50年経たとき、果たしてどうなっている事やら。

ガムテープだらけの車両が走ってたりして?

[ 2016/08/14 12:08 ] [ 編集 ]
B級グルメ
駅弁、空弁、速弁、デパートの物産展、
駅弁オリジンの弁当の見事な発展です。

中国は「B級グルメ」という食事文化が
なさそうだ。
[ 2016/08/14 17:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp