韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  独島で、韓国与野党議員10人きょう訪問、日本政府は抗議

独島で、韓国与野党議員10人きょう訪問、日本政府は抗議

韓国の与野党の国会議員10人が15日、光復節(日本の植民地支配からの解放を記念する日)に合わせて独島(日本名:竹島)を訪問する。現職の国会議員による独島訪問は、2013年に与党セヌリ党の金乙東(キム・ウルドン)議員と同党関係者約30人が訪問して以来3年ぶりとなる。日本政府は今回の訪問に対し抗議したが、議員たちは「問題はない」として予定通り訪問する方針だ。

今回の独島訪問で団長を務めるセヌリ党のナ・ギョンウォン議員は14日、本紙の電話取材に対し「独島を訪問する市民団体のメンバーたちに同行し、独島警備隊を激励するために訪問することを決めた。大韓民国の国会議員としての通常の議員活動の一環だ」と語った。独島訪問は同党の成一鍾(ソン・イルジョン)議員(忠清南道瑞山市・泰安郡選出)が最初に提案した。市民団体「独島を愛する運動本部」のメンバーたちが、自らの選挙区である泰安郡の格列飛列島から自転車で韓国本土を横断し、独島に向かうという計画を知った成議員が、与野党の議員たちに「団体メンバーたちを応援し、独島警備隊も激励しよう」と、独島訪問を呼び掛けた。格列飛列島は韓国の最西端、独島は(韓国が主張する)最東端の領土だ。

セヌリ党からはナ議員をはじめ、朴明在(パク・ミョンジェ)、カン・ヒョサン、金聖泰(キム・ソンテ)、イ・ジョンミョン、ユン・ジョンピルの各議員が応じ、野党・共に民主党からは金鍾民(キム・ジョンミン)、ファン・ヒの両議員、野党・国民の党からもチャン・ジョンスク議員が参加することを決めた。政界では、12年連続で防衛白書に独島の領有権を記載した日本に対する政治的な抗議ではないかとの見方も出ている。


スポンサードリンク


日本は外交ルートを通じ抗議した。外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は13日、在日韓国大使館のイ・ヒソプ政務公使に電話をかけ、「竹島の領有権をに関するわが国の立場に照らし、到底受け入れられず、極めて遺憾だ」と述べた。駐韓日本大使館側の関係者も、韓国外交部(省に相当)に対し遺憾の意を表明したという。これに対しナ議員は「韓国の領土を訪問するのに、日本の抗議にはあきれる。予定通り独島を訪れ、団長としての役割を全うする」と主張した。成議員も「日本の抗議は一考の価値もない」と述べた。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/08/15/2016081500600.html

【管理人 補足記事&コメント】
光復節とは、朝鮮の大日本帝国(日本)からの独立を祝う大韓民国の祝日である。8月15日。朝鮮半島は韓国併合(1910年)以来日本の統治下にあったが、1945年8月15日、日本が連合国の発したポツダム宣言を受諾し降伏することが発表されると、朝鮮人にとってそれは第二次世界大戦の終結のみならず、朝鮮の植民地支配からの解放(「光復」)を意味するものであった。

一方、分断国家を調べると実に厄介である。
米ソはもともと互いの軍を朝鮮に進駐させる計画で、戦後処理を北緯38度線の南北で分担することなどを決めているにすぎなかった。しかし、アメリカはソ連が朝鮮全土を占領することを恐れ、急遽、北緯38度線を境に南を米軍、北をソ連軍が分割占領することでソ連と合意したとある。

ソ連軍はアメリカ軍より早く朝鮮への進駐を開始し、8月24日、咸鏡南道咸興に到着したが、朝鮮半島北側の中心都市が平壌であることを知ると平壌へ後退した。8月26日までにソ連軍は平壌進駐を終え、ソ連側占領軍は朝鮮総督府の行政機関の存続を認めると布告したが、このことが朝鮮人の不興を買い、また実際に行政機能が失われていることを知ってこれを取り消している。ソ連軍の南下が早く尚且つ準備備不足であったとしている。

一方、アメリカ軍がソ連に遅れて進駐を開始し、9月11日アメリカ占領軍は38度線以南で軍政を布くことを宣言し、朝鮮人は当初、日本からの解放者としてアメリカ軍の進駐を喜んだが、ソウルではすでに独立国家建設を準備する組織が誕生していたこともあり、アメリカが軍政を宣言したことや、朝鮮総督府が残した行政機構・警察機構及びその人員を引き続き用いたことが大きな反発を生み、ソウルの政治情勢は乱戦模様を呈したという。

結果、1948年になると、38度線以南ではアメリカによる軍政が終了し、8月15日に大韓民国の建国が宣言され、同年9月9日、38度線以北において朝鮮民主主義人民共和国の建国が宣言された。これにより、今日まで続く朝鮮の分断国家としての歴史が始まることとなった。

ソ連の侵攻は日本が正式に降伏するまで続き、満州(現中国東北部)・南樺太・千島列島及び朝鮮半島の北緯38度線以北(北朝鮮)を占領するに至った。朝鮮半島をなし崩し的にソ連に占領されるのを防ぐため、国務・陸軍・海軍調整委員会のディーン・ラスクとチャールズ・H・ボーンスティール3世は「北緯38度線で米ソの占領地域を分割する」という案を策定し、8月14日にトルーマン大統領の承認を受けた。

しかし、その後呂運亨は李承晩を大統領、自身を副大統領とする朝鮮人民共和国の建国を9月6日に宣言したが、建準は独立の方針を巡って右派(民族主義者)と左派(共産主義者)が対立して混乱したために、アメリカ及びソ連は朝鮮人が自主的に樹立した政府に対して一切の政府承認を行わず、9月7日には米軍司令部が朝鮮における軍政実施を宣言し、朝鮮の即時独立は明確に否認された。

そして、9月9日の朝鮮総督府の降伏後、北朝鮮でソ連軍(赤軍)が、南朝鮮でアメリカ軍が軍政を開始し、共産主義体制、資本主義体制を各々の支配地域で確立していった。何とも分断国家を簡単にまとめるとアメリカとロシアが、朝鮮の右派(民族主義者)と左派(共産主義者)が対立して混乱、独立できずに38度線を引いた事になる。光復節と語ってもその後の混乱を考慮すれば、南と北はそもそもがかみ合わないわけで、統一できるはずもない。中途半端なまま70年を迎えたあげくに、竹島問題で騒ぎ立てる韓国政府には困りごとだが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月15日 11:34 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
遺憾だけでは効果がない
外務省の金杉憲治アジア大洋州局長が13日に上陸中止要請、15日には菅官房長官が移管であると発表しているが
抗議だけでは韓国人には答えません。 発表の時の談話にまずは韓国と日本との戦争は無かった。太平洋戦争終結時、韓国人は存在せず、すべて日本人だった。現在の韓国の光復節は捏造であり、1945年8月13日にアメリカから独立しているので、この日が独立記念日とするのが筋であると「遺憾です」の冒頭に枕詞として追加してください。 このように毎回発表すれば、韓国マスコミでも翻訳して韓国内に紹介するでしょう!。

韓国政府が国民を洗脳する教育を行っている限り、日本が外から「遺憾だ 移管だ”」と叫んでいても
なんの効果もない。 政府、及び 外務省の方々、頑張ってください。
[ 2016/08/15 18:58 ] [ 編集 ]
誤記訂正
先に投稿した文で 日つけに間違いがあります。 
1945年8月13日 を 1948年8月13日 に訂正します。 失礼しました。
[ 2016/08/15 20:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp