韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国のTHAAD配備に中国の報復が始まった 朴大統領は夜も眠れぬ日々

韓国のTHAAD配備に中国の報復が始まった 朴大統領は夜も眠れぬ日々

米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備が決まって以降、中韓関係がこじれにこじれている。習近平政権の思惑を代弁する中国メディアは連日非難キャンペーンを展開。韓流スターの中国でのイベント中止やビザ発給への影響も伝えられ、韓国メディアは中国による「報復だ」と戦々恐々としている。朴槿恵(パク・クネ)政権は“中韓蜜月”といううたかたの夢から覚め、中国の本性を思い知らされたようだが、一部野党議員らが北京もうでを強行するなど、THAADをめぐる国内での政争が収まる気配はない。

■韓流より愛国…右にならえ見せつけ
「韓国に対する制裁は事実上、既に始まっている。これはシグナルにすぎない」
中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は9日、論評でこう警告した。「THAADが配備されれば、両国関係が冷え切り、貿易も大きな損失を受けるだろう」 シグナルとは、韓流ビジネスをめぐる中国での最近の動きを指しているとみられる。 「不可抗力の理由で、6日に予定されていたファン・ミーティングを延期します」。北京で行われるはずだった韓流ドラマ出演者とファンの交流イベントについて、中国の主催者側のサイトに唐突にこう告知されたのは今月3日のことだ。

韓流女性グループの中国公演なども突然キャンセルされ、中韓合作ドラマで韓国人女優の出演部分をカットするとの噂も持ち上がった。このほか、中国が、韓国人の商用ビザ取得を代行してきた中国業者の資格を停止し、事実上、発給を厳格化したとも伝えられる。 インターネット上には、韓流スターやドラマ名を挙げた「禁韓令」と称する「報復対象リスト」も出回っている。


スポンサードリンク


その後、単なるデマだと確認されたものもあるが、中国の制作会社幹部は、韓国紙に「THAAD配備の発表後、当局幹部から『韓国との文化コンテンツ協力事業は自制した方がよい』との電話を受けた」と証言したという。直接的な指示がなくとも、中国企業側が当局の意向を忖度(そんたく)し、自主規制に走っている可能性は高い。 環球時報は「中国は韓国の芸能コンテンツの最大の海外市場だ」とした上で、「もし韓国がTHAAD配備に固執するなら中韓関係は緊張し、韓流が打撃を受けるのは必然だ」と主張。「韓流スターが犠牲になるのは中国のせいではない」と伝えていた。

現に、一連の報道を受けて韓国の大手芸能事務所やドラマ制作会社といった韓流ビジネスに関連した株価が下落するといった実害が生じている。 中国版ツイッター「新浪微博(ウェイボ)」の世論調査では、86%が、中国政府が韓国人芸能人の出演を禁じる場合「支持する」と回答した。「娯楽より愛国心だ」との書き込みも目立った。 韓流ブームにどっぷり漬かっているようでも、「愛国」を持ち出されると、即座に“右にならえ”となる中国ネット世論の怖さを見せつけた。

■朴大統領を名指し非難「韓国が最初の攻撃目標になる」
環球時報は、もともと過激な論調で知られるが、同紙ばかりではなく、党の大本の機関紙、人民日報までもが7月末から連日にわたって韓国批判を繰り広げるというこれまで見られなかった事態に至った。 3日の社説では、「小利でもって大利を失い、自国を最悪の状況に陥ることを避けなければならない」と朴槿恵大統領を名指しで非難。米国と中露が衝突すれば、「韓国が最初の攻撃目標になるだろう」と警告した。

これには、コメントを控えてきた韓国大統領府も黙って見過ごすわけにはいかなかった。 韓国大統領府の広報首席秘書官が日曜日の7日に異例の記者ブリーフィングを行い、「中国は、韓国の純粋に防衛的な措置を問題にする前に(核・ミサイル開発を続ける)北朝鮮により強く問題を提起しなければならない」と中国の姿勢を批判した。 中国の国営メディアが、最近の北朝鮮の弾道ミサイル発射はTHAADの韓国配備決定が原因だと主張していることに対しても「本末転倒だ」と反論した。

翌8日には、朴大統領自身が「政治的に政府に反対するにしても、国の安全保障に関連した問題は内部分裂を深刻化させず、党派を超え、協力することが政治の基本的な責務だ」とTHAAD問題をめぐる確執について強い調子で語った。 9日には、「代案なく批判し、国民に反目をもたらすことは、国と国民を危機に追い込むようなものだ」とも断じた。 最大野党、共に民主党の中でTHAAD配備に反対する議員6人が、中国の専門家らと意見交換するとして、政府の自粛要請を振り切って北京行きを強行したことが念頭にある。

6議員の訪中について、環球時報は1面トップで報じた。THAAD配備反対論をあおりたい中国にとっては、まさに、飛んで火に入る夏の虫、鴨がネギを背負ってやってくるようなものだ。 訪中しては、自国政府の批判や、中国の意図に沿うような発言を繰り返すどこぞの国の元首相をほうふつさせる。 結局、6人は、中国の専門家から「(THAAD配備で)北東アジアが新冷戦体制に向かう恐れがある」と脅され、「韓中関係が考えていたよりも深刻だと感じた」という議員外交とは名ばかりの結果に終わった。
ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160815/frn1608151409006-n1.htm

【管理人コメント】
北と南の分断は、前記事で説明したが、アメリカと旧ソ連の支配下のまま今日に至っている。そんな中で、中国の立ち位置はアメリカにとって代わる国と言う野望がある。ところが、南朝鮮はアメリカ支配であるから、北朝鮮のロシア支配に便乗したのが中国であり、プーチンと一見仲が良い様に見せつけてはいるが、北朝鮮のロシア支配のなかで、中国が北朝鮮に対して何かできる事と言えば、ロシアとともに北朝鮮を裏で支える事でしかない。

今回のTHAADはロシアと中国をけん制するための設置である。ましてTHAADの中心基地は日本である。結果韓国はまた日本の傘下で情報収集する事になる。アメリカは韓国を利用し、ロシアと中国対応を日米で確立しつつあるから厄介と言える。 韓国はアメリカと中国の間で揺れ動くだけでしかない。朝鮮半島をロシアに渡さないというアメリカの野望は戦後70年経過した今でも同じである。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月15日 19:09 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
歴史を忘れた民族に未来はない
第2次世界大戦後、韓国は漢字を捨ててハングルのみにしたおかげか、過去に蓄積したはずの文章が全て読めなくなったんだと思います。従って、過去1000年に渡って朝鮮半島を蹂躙し続けてきた中国という国との関係も、誰も分からなくなってしまったんでしょうか?

とはいえ、わずか50年ほど前に起こった朝鮮戦争で、中国のおかげで、あわや国がなくなるところまで行ったことさえ忘れて、勝手な妄想で、日本を辱め、侮辱し続け、中国には尻尾をフリフリ付き従っていくという、まことに低脳な国だといわざるを得ません。

日本がこれまで多大な技術的、金銭的援助をしてきたのを、まるで何もしなかったかのごとくにふるまい、辱め続ける国です。もはや2度と助けてはならないと思います。韓国さんには今後一切自力で困難に立ち向かってもらいましょう。
[ 2016/08/15 21:29 ] [ 編集 ]
中国にとって南朝鮮は所詮奴隷でしかない
米国と中国の2台大国を手玉にとって世の中をうまく泳ぎ渡ろうと画策していただろうが両国にとって所詮南朝鮮なんてゴミ同然の小国だという事が解かっていない。
慰安婦問題で日本を卑劣に扱っている間は中国にとって単に利用価値があったから「よいしょ」して持ち上げていたのに中国と蜜月なんて舞い上がってしまった自己中の妄想国家である。
一端、THAADを配備すると成るとゴミ同然の小国なんか一気に捻り潰す事は当たり前のことだろう。
自己中の妄想国家には困ったものだ。

[ 2016/08/16 18:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp