韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  第4次産業革命の準備で韓国は世界25位

第4次産業革命の準備で韓国は世界25位

第4次産業革命に対する国家レベルの対策が不足していると指摘する報告書が出された。

現代経済研究院は15日に出した報告書「第4次産業革命の登場と示唆点」で、スイスの投資銀行UBSが世界経済フォーラムで第4次産業革命に最もよく適応できる国を評価した順位で、韓国は25位に過ぎないと明らかにした。スイス(1位)、米国(5位)、日本(12位)、ドイツ(13位)などが上位圏に上がり、中国は28位だった。労働市場の柔軟性、技術水準、教育水準、インフラ水準、法的保護の5つの要素を評価した順位だ。

第4次産業革命は、情報技術中心の第3次産業革命を基に、デジタル、生物学、物理学など各分野の境界がなくなり互いに融合する技術革命時代を意味する。3次元プリンティング技術と遺伝工学が結合し、生体組織プリンティングに発展することが一つの事例に挙げられる。

報告書は韓国、ドイツ、日本、米国、中国などの上場企業を分析した結果、第4次産業革命関連産業の成長の勢いは他産業に比べ相対的に早かったと評価した。報告書が分類した関連分野は資本財、製薬や生命工学、半導体や半導体装備、ソフトウェアおよびサービス、技術的ハードウェアおよび装備、通信サービスの6分野。


スポンサードリンク


報告書は第4次産業革命が生産と流通費用を下げ、所得増加と生活の質の向上の助けになると展望した。しかし、機械が人の代わりとなり労働市場が崩壊するなど、否定的要素が登場すると見込んだ。高技術・高賃金と低技術・低賃金の間の格差が広がり、中間層の地位が狭まる可能性が高いと見通した。

ジョン・ミン現代経済研究院研究委員は「中長期的ビジョンや戦略を樹立する際に第4次産業革命を考慮した変化予測の努力が必要だ」と話した。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/24919.html

【管理人 補足記事&コメント】
安倍政権は5月、「第4次産業革命」と銘打つ新しい成長戦略を発表した。ロボットやIT技術を駆使してあらゆる産業で生産性を高め、’20年までに30兆円もの関連市場を生み出すという壮大な目標を掲げている。テーマ株投資に詳しいカブ知恵の藤井英敏氏は以下のように語る。

「この第4次産業革命のけん引役となるのは、なんといっても人工知能(AI)。自動運転やドローン、IoT(インターネットオブシングス、あらゆるモノがインターネットでつながること)などの関連テーマすべてに必要な技術であり、今後10年以上という長期にわたって政府が強力に後押しする『国策』となる」

現段階で人工知能を持つ製品で実用化されているものとしては、ソフトバンクグループのヒト型ロボット「Pepper(ペッパー)」や、 iPhoneに搭載される音声アシスタント機能「Siri(シリ)」などが有名だ。 一方、ドイツ政府が「Industry 4.0」プロジェクトの立案に踏み出すのには自然な流れがあった。自動車産業を筆頭とした組み込みシステムの分野で高い技術力を誇り、「Industry 4.0」のベースとなる「CPS(Cyber Physical Systems、サイバー・フィジカル・システム)」の実現に取り組んでいる。

CPSとは、実世界とIT(情報技術)を緊密に連携させるシステムのことだ。実世界(Physical System)におけるセンサネットワークなどのさまざまな情報を、仮想空間(Cyber System)の高いコンピューティング能力と連携させ、より効率的でスマートなシステムを実現しようとするものだ。生産現場においては、設計や開発、生産などのあらゆるデータをセンシングし蓄積、分析することで、自律的に動作するインテリジェントな生産システムが構築される。例えば、視覚システムや各種センサを搭載した作業ロボットをネットワークでコンピュータに接続することにより、何も指示を与えなくても自分で考えて作業を行えるようにするものだ。

このCPSを進化させ、インテリジェント監視システムや自律システムの開発を推し進め、インターネットにより工場内外のモノ(IoT)と連携することで新しい価値やビジネスモデルの実現を目指すのが、ドイツ政府の戦略的施策、「Industry 4.0」プロジェクトだ。

「Industry 4.0」では生産プロセスのすべての要素、例えば製品の部品や製造装置などにIPアドレスを割り当てることで、個別にリアルタイムな情報を取得し、管理する。そして、市場ニーズや物流状況など、さまざまな外部環境の変化に柔軟に対応し、開発や製造、生産管理などのプロセスの最適化を実現する。これにより、工場の生産性を高め、在庫を減らし、製造とサプライチェーンのコストを削減し、収益の増加が期待される。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月16日 09:34 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp