韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  タイが新幹線導入へ 日本がタイで中国の邪魔を・・・警戒感示す

タイが新幹線導入へ 日本がタイで中国の邪魔を・・・警戒感示す

日本とタイはこのほど、バンコクとチェンマイを結ぶ高速鉄道路線に新幹線を導入することを前提とした協力覚書に署名した。タイとの覚書署名は新幹線の輸出を推進する日本にとって大きな前進であり、高速鉄道市場における中国との競争においても一歩リードすることを意味する。

香港メディアの鳳凰網はこのほど、日本とタイが覚書に署名したことについて、「日本が中国の手中からタイ高速鉄道を奪い去ったことを意味するのか」と題する記事を掲載し、日本がタイで中国の邪魔をすれば、中国が東南アジア諸国と経済共栄圏を構築するという戦略の実現にとって不利となると主張した。

中国は雲南省からラオスを経由し、タイを結ぶ高速鉄道路線を提案しているが、記事は「タイが日本と覚書に署名した路線は中国が提案している路線とは別」であると指摘し、中国が提案している路線は「中国にとって東南アジア諸国をもっとも短距離でつなげることができるうえ、政治的な安定性や沿線都市の経済発展の水準から見てももっとも合理的な路線である」と主張した。


スポンサードリンク


さらに、中国が提案している路線は一度はタイと合意に達したとする一方、タイは2016年3月になって自国の資金で建設し、中国の資金を受け入れないと発表したことを紹介。また中国にとって都合の悪いことにタイは一部区間のみ建設し、ラオスにつながる残りの路線は延期すると発表したことを伝え、「中国がラオスまで高速鉄道を建設しても、タイと連結することができない」と指摘した。

タイ高速鉄道市場における日本と中国の争いは単に交通インフラをめぐって争っているわけではない。中国にとってタイは「汎アジア鉄道」構想を実現するための重要な市場だからだ。これに対して記事は、「日本が中国の邪魔をすれば、中国が東南アジア諸国と経済共栄圏を構築するという戦略の実現にとって不利となる」と主張し、日本の動きに対して警戒感を示している。
http://news.searchina.net/id/1616484?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
タイ高速鉄道計画は、タイ王国運輸省とタイ国有鉄道が進めている高速鉄道建設計画。2015年5月28日、プラジン・チャントーン運輸相と太田昭宏国土交通相との会談が行われ、日本の高速鉄道の導入を合意、覚書が交わされた。2016年8月6日タイのアーコム運輸相と日本の石井啓一国土交通大臣は、バンコクと北部都市チェンマイを結ぶ高速鉄道に日本の新幹線方式の導入する覚書を結んだ。総延長距離は約670キロメートルとなり、早ければ2018年の着工の見通しだ。

バンコクとチェンマイを結ぶ約700キロメートルの高速鉄道計画について、日本とタイは6日、新幹線を導入することを前提とした覚書を締結した。同計画は2018年の着工を目指すという。アジアの高速鉄道市場をめぐって日本と激しい受注競争を展開する中国でも、日本とタイの覚書締結は大きく報じられており、なかには「中国が強力に売り込んだ中国高速鉄道方式は採用されなかった」、「中国は失望させられた」などと報じるメディアもある。

タイは中国とも高速鉄道分野で協力関係にあり、中国側は中国とタイを結ぶ高速鉄道計画を推進している。だが、タイは中国側の提案を拒否し、中国からの借款は受けず、工事はタイ国内の企業が請け負うと発表した。高速鉄道の技術と信号システム、列車は中国のものを利用することになる一方で、路線も従来の計画の3分の1の長さに短縮されることになるなど、タイにおける日中の高速鉄道をめぐる状況は明暗がはっきりと分かれている。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月16日 11:11 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp