韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  台湾 >  まるで「日系車に統治されているようだ!」、台湾で日系車が人気である理由

まるで「日系車に統治されているようだ!」、台湾で日系車が人気である理由

中国と台湾は似ているようで、やはり異なっている点が多い。人びとの消費に対する考え方や、日本に対する感情は大きく異る点として挙げられよう。 中国の自動車市場における国別のシェアで最多はドイツ系であり、日系車は2位となっているが、台湾の自動車市場では日系車が圧倒的な強さを見せている。なぜ台湾の消費者の間で日系車が人気なのだろうか。

中国メディアの汽車之家によれば、台湾人が自動車を購入するにあたって重視するのは「品質」なのだという。台湾では「街中は日系車に統治されている状況」にあるというが、台湾人は中国人のように中古車としての値持ちの良さなどはあまり考えず、タクシーに日系車が採用されるケースが多いため、「日系車は毎日一定の距離を走っても問題が起きないことが、タクシーによって実証」されており、これが日系車の人気につながっているのだ。

記事は、台湾でもドイツ車は認知度が高いとしながらも、台湾で販売されているドイツ車はすべて輸入車となるため、価格が高くなってしまうと紹介。そのため、ドイツ車に比べて安価で購入できる日系車こそ、台湾人にとって唯一とも言える選択肢となっていることを伝えている。


スポンサードリンク


台湾が過去に日本に統治されていたことは周知のとおりだが、その影響で台湾人は日本の文化や事物を熟知しており、日系車を受け入れやすい素地があったという見方もある。台湾には親日感情を持つ人が多いうえ、日系車はコストパフォーマンスの高さという強みを持っていることから、「台湾の街中が日系車に統治されている状況」というのも納得だ。
http://news.searchina.net/id/1616463?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
2014年における台湾の自動車販売台数が前年比12%増の42万3800台に達した。続けて、「驚きを禁じ得ない事実」の内容として、台湾の自動車市場では日本車メーカーが約60%ものシェアを獲得している。14年のデータとして「トヨタが29.7%、日産が11.3%、三菱自動車が10.2%、ホンダが5.8%だった」とした。さらに、車種別で見た場合においてもトヨタを始めとする日本車が圧倒的に強く、台湾では日本車が絶対的な地位を確立している。トヨタなど日本がまさに台湾自動車市場を占有している。

2015年通年の新車販売台数(ナンバープレート交付ベース)は42万780台で前年比0.7%減少し、3年連続の前年比プラス成長に歯止めがかかった。景気の先行き不透明感が広がったほか、自動車の買い替えを促す関連税制の改正で消費者の間に新車を買い控える動きが広がったことが影響した。12月単月の販売台数は4万1,821台で前年同月比0.1%の微増だった。

ブランド別の通年販売台数はトヨタ(レクサス含む)が13万2,419台で、14年連続の首位。2~4位は順に◇日産(インフィニティ含む):4万3,416台◇三菱(CMC含む):4万2,134台◇ホンダ:2万7,639台――だった。12月単月の販売台数も1~4位は順に◇トヨタ:1万5,013台◇日産:4,114台◇三菱:3,348台◇ホンダ:3,019台――の日本勢が占めた。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月16日 11:30 ] カテゴリ:台湾 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp