韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国で過去最多の高濃度オゾン、息苦しさには理由があった

韓国で過去最多の高濃度オゾン、息苦しさには理由があった

早い時期から始まった高温現象が、大気中のオゾン発生をあおり、今年は国民が例年より頻繁に高濃度オゾンに露出していたことが分かった。 15日、韓国環境公団の大気汚染情報サイト「エアコリア」の集計によれば、14日現在まで全国の地方自治体によるオゾン注意報発令回数と発令日数はそれぞれ202回と45日で、1995年にオゾン警報制導入されて以後の最多を記録した。

オゾンは自動車や産業施設から排出される窒素酸化物(NOx)、揮発性有機化合物(VOCs)などの光化学反応を通じて生成される大気汚染物質だ。消毒剤として使われるほどの強い酸化力で、胸の痛み、むかつき、消化不良を誘発して肺活量を減少させ、気管支や肺の疾患はもちろん心臓疾患まで悪化させることがあり、環境部は粒子状物質より先に警報制度を適用してきた。地方自治体は1時間平均0.12ppmを超える高濃度オゾンが発生すれば、注意報を発令して高齢者などの室外活動と汚染を加重させる車両の運行自制を勧告する。

5月5日、全羅南道の順天(スンチョン)市を始めとして14日までに全国の地方自治体で計202回のオゾン注意報を発令した。これは昨年1年間の発令回数(133回)より52%多く、これまでの最高記録だった2013年の発令回数(158回)より28%多い数値だ。発令日数45日もこれまでの最高記録だった2013年の40日をすでに5日も上回った。オゾン注意報の発令日数は特に首都圏で大幅に増えた。昨年は3日だったソウルでは今年は既に11日で4倍近く、昨年13日だった京畿道では25日で倍近く急増した。


スポンサードリンク


今年、高濃度オゾンの発生が大幅に増えたのは気象条件によるものと見られる。慶煕大環境工学科のキム・ドンスル教授は「オゾンを発生させる光化学反応は、日射量が多く、気温が高く、湿度は低く、大気が停滞するほど活発になるが、今年はそのような条件によく合ったようだ」として「同一の大気汚染度条件でも、気候の変化が進むほど高濃度オゾン発生の可能性が一層高まるので、政府は粒子状物質だけでなくオゾンまで統合した大気汚染管理対策を立てなければならない」と話した。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/24925.html

【管理人 補足記事&コメント】
「光化学オキシダント」のほかに「オゾン」という言葉がある。 「オキシダント」は工場や自動車などから排出される窒素酸化物(NOx)や炭化水素(HC)という化学物質が、大気中で太陽からの紫外線を受け、光化学反応して生成される、強い酸化性を持つ物質の総称である。一方、「光化学オキシダント」とは、オキシダントのうち、中性ヨウ化カリウム溶液からヨウ素を遊離するもの(但し、二酸化窒素を除く)。この「光化学オキシダント」については大気環境基準が設定されている。

「光化学オキシダント」は、オゾン、パーオキシアセチルナイトレートその他の光化学反応により生成される酸化性を持つ物質の総称で、そのほとんどはオゾンである。

光化学オキシダントなどによる大気汚染の状況は、大気汚染防止法に基づき、全国の自治体でモニタリングが行われている。光化学オキシダントは、ほとんどオゾンが占めていることから、オゾンを測定するオゾン計を、光化学オキシダントを計測する装置として採用している。全国の自治体が大気汚染物質のモニタリングを行う際、ある統一された「尺度」に基づく測定が行われなければ環境基準等との比較など正確な評価が出来ないん。その「尺度」として、しばしば高圧ボンベに充填された、その濃度が既知の「標準ガス」が用いられる。

しかしオゾンはとても不安定な物質で時間が経つとその濃度が変わってしまうため、高圧ボンベの標準ガスを「尺度」にすることは困難である。このため、国際的には、米国の標準技術研究所(NIST)のオゾン標準参照光度計(SRP)で測定される濃度が基準としている。これはJIS法に記載された原理を用いた精度の高い基準器と言える。日本国内では国立環境研究所にあるSRP35(35番目のSRP)を日本国内の一次基準器とし、全国のオゾン計を統一された「尺度」に合わせる体制(校正体制)を構築している。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月17日 10:06 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp