韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  尹外相留任、外交安保政策の失敗を認めない朴大統領

尹外相留任、外交安保政策の失敗を認めない朴大統領

韓国で16日に内閣改造が行われ、尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部(省に相当、以下同じ)長官の留任が決まった。この結果、尹長官は現在の朴槿恵(パク・クンヘ)政権発足と同時に就任し今なお留任する唯一の閣僚となった。3年5カ月にわたり外相を務める尹長官は、1987年の改憲で大統領制が再任禁止の5年制になって以来、最も長く外相を務めている。また今回は尹長官の留任に加え、外交・安全保障政策担当者もほぼ全員が留任することになった。

大統領選挙当時から朴大統領を支えてきた尹長官は「決められた指針を忠実に実行し、数字などのディテールにも強い」との評価から、朴大統領の信頼も非常に厚いと伝えられている。また朴大統領就任直後の外交政策が順調だったことも、尹長官の評価に大きなプラスになった。ちなみに外交関係者の間ではかなり前から尹長官に「オ・ビョンセ」というニックネームがつけられていた。「オ」は韓国語で「5」を指すことから、このニックネームは朴大統領の在任期間である5年間、尹長官が外相の地位を維持し続ける可能性があることを意味するものだ。

しかし朴大統領の任期が半分を折り返した昨年以降、中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)加入問題や、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備問題などをめぐって外交政策が迷走し、とりわけ電撃的に妥結に至った日本との慰安婦問題合意では世論の批判も高まり、尹長官の立場も非常に苦しくなった。与党内からも「外交・安全保障政策担当者の交代」を求める声が出ていた。


スポンサードリンク


しかし実際はこの外交政策の危機的状況が尹長官を含む政策担当者の留任を後押ししたとみられている。朴大統領は今回の内閣改造で外交・安全保障政策担当者全員を留任させた。たとえば「姿が見えない」などと厳しい批判にさらされた大統領府の金寛鎮(キム・グァンジン)国家安保室長(閣僚級)、THAAD配備をめぐる混乱の張本人でもある国防部の韓民求(ハン・ミング)長官、中国との摩擦で外交力が問題視された金章洙(キム・ジャンス)駐中大使、通常の任期がすでに過ぎた安豪栄(アン・ホヨン)駐米大使など全員の留任が決まっている。

ある韓国政府関係者は「世論の批判を意識して閣僚を交代させるのは朴大統領の人事スタイルではない」「もしそのようなことをすれば、自らの外交・安全保障政策の失敗を認めることになるからだ」とコメント。とりわけ今年1月、北朝鮮が4回目の核実験を強行したことによる非常事態や、その後のTHAADをめぐる混乱、米大統領選の影響などで、韓半島(朝鮮半島)周辺情勢が一層複雑化していることから、逆に外交・安全保障政策担当者を交代させられないという現実的な問題も影響したようだ。上記の韓国政府関係者は「今大きな課題に取り組んでいる政策担当者を交代させれば、中国や北朝鮮はもちろん、国内外に間違ったメッセージを送る結果になりかねない。朴大統領はそのような思いが強いようだ」との見方を示した。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/08/17/2016081701147.html

【管理人コメント】
朴槿恵が大統領就任後、ともに反日政策でメディアを賑わしたしたたか者である。
朴槿恵にとっては、唯一言う事を聞く人材なのだろう。夜遅くまで朴槿恵大へ提出する書類作成に精を出しているとか…。。。

朴槿恵同様に、この男も本来許しがたい人材だ。そんな二人が韓国政府にいる以上、さして変わる事は無い韓国政府であるが、朴槿恵の任期終了後も日韓友好と言う部分では、嫌韓が広がった日本では…云々と記載したいのだが、私が自国内における韓国のイメージでは、考えたことが無いとか意識したことも無い国と言うイメージが強い。それだけ関心のない国という事だろう。

韓国経済崩壊で一時盛り上がったが、崩壊システム或は財閥企業の内情が分かったら、広告費低下とともに嫌韓サイトは一気に減少した。一部残っているのは嫌韓サイトと言うよりは、和訳サイトが一部残っているようだ。むしろ関心は中国のほうに移った感があるが、それも限定的である。FC2ではこのサイトのほかでは、上位は2~3サイト程度だろうか…。あれだけあったサイトはどこかに消えてしまったのか…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月17日 11:08 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(3)
朴槿恵とんずら
韓国は対米、対日、対中すべてむつかしい局面にある。
対米は米国の貿易赤字と為替問題。大統領が代われば
問題が再浮上する。なので今のウォン高は放置のようだ。

過去の反日アクションで悪化した対日関係は腰を
低くして融和にでないといけないし。

対中関係は朴槿恵さんの親中外交が頓挫して、
朴槿恵さん本人は「失敗を認めない」どころか、
トンズラですよ。
対中関係は中韓連合から抜けて、悪いなりに新しい
枠組みをこれから作ることになる。

日本の岸田外相、中国の王毅外相と渡り合うには
尹炳世の他に人材がいないのです。
[ 2016/08/17 13:51 ] [ 編集 ]
孤独
無能な味方は最悪の敵…
[ 2016/08/17 14:29 ] [ 編集 ]
お姫様の歴史観
朴大統領は韓国の経済力を過信し支那と協力関係を深めれば、北を孤立できると思っていた。そこで支那に媚びを売り、支那が喜びそうなことをあえて行った。日本を貶めたり軍事パレードに参列したり、あえて西側との協調路線を踏み外した。

ところが支那の考えは違った。朝鮮戦争当時、強大なアメリカ軍に対抗するため、人海戦術を投入し失われた人命は数えきれない。その兵士たちの怨念は今の習近平にも深く刻まれている。お姫様が色目を使おうとその歴史は覆せない。韓国の経済力など中国から見れば、小さいもので技術力も簡単にパクれるものしか持ってない。支那からすれば北に比べ韓国は天秤にもかけられない存在だ。

お姫様には歴史の重みが分からない。ようやく今年になって過ちに気付いたようだが遅すぎた。側近のヅラ大臣はお追従した言えないし、歴史観を見据えているとも思えない。割れ鍋に綴じ蓋というが、なんとも迷コンビである。
[ 2016/08/18 03:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp