韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  南シナ海暴走で「G20から中国追放」論浮上 習主席の要請にあきれる参加国

南シナ海暴走で「G20から中国追放」論浮上 習主席の要請にあきれる参加国

「習氏は最近、『私に恥をかかせるのか!』と、周囲に当たり散らしている。経済も外交も行き詰まり、荒れている」 中国は9月上旬、G20首脳会議を開催する。習氏にとって一世一代の晴れ舞台だ。だが、その裏で中国は参加国に対し、極秘裏に以下の要請をしている。

「G20では次の4つを議論したい。『構造改革』『貿易と投資の推進』『世界経済の成長維持』『国際金融の枠組みの強化』だ。南シナ海など安全保障問題は取り上げないでほしい」 

この7月、オランダ・ハーグの仲裁裁判所は、南シナ海をめぐる中国の主張を「まったく根拠がない」と完全否定した。中国はこの裁定を「紙クズだ」と無視し、今も人工島の軍事基地化、南シナ海の強奪という暴走を続けている。国際法の順守を求める各国には、武力で恫喝した。許されざる無法国家ぶりだ。

もし、G20で南シナ海問題が取り上げられたら、中国は袋だたきになり、習氏のメンツが潰れる。晴れの舞台が「恥の舞台」になり、習氏の失脚にもつながる。前出の要請は、取り上げないでくれと、裏で泣きついているということだ。ふざけるな、だ。


スポンサードリンク


南シナ海は世界有数のシーレーンだ。安全保障上も、世界経済的にも、G20の重要課題ではないか。それを自分勝手な理由で外すなら、中国に議長国の資格はない。外務省関係者がこういう。

「参加国の中から『南シナ海問題を議題にしないならG20の意味はない、中国を外してG19を開催すべきだ』という強硬意見が出ている」

当然だ。問題は南シナ海だけではない。中国は卑劣にも、わが国固有の領土、沖縄県・尖閣諸島も狙っている。 海警局の公船が、尖閣周辺の接続水域や領海に連日のように侵入し、果ては、海上民兵が乗り込んだとみられる約300隻もの中国漁船が集結、一時は「8月15日、尖閣上陸」情報まで流れた。はっきり言おう。中国は間違いなく尖閣奪取で暴走する。 G20では、南シナ海とともに、東シナ海での中国の暴走も、断固議題に乗せるべきだ。
ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160817/frn1608171140001-n1.htm

【管理人コメント】
中国が暴走するのか、中国内で熾烈な戦いとなるのかが個人的には大きな注目だが…。
中国軍も一つで統制が取れているとは考えにくい。中国軍にもし李首相に従う連中がいれば、尖閣をもし習近平が暴走し、奪おうとした場合、その軍を同じ李首相派閥の中国軍が攻撃すれば、中国軍の正しい動きと新しいリーダーは、世界から注目を浴びるだけでなく、信頼と言う手土産も手に入るだろう。

もっとも李首相次第であるが…。 
ある程度の中国軍数を制圧できる力があるならばの話である。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月17日 13:45 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp