韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国製造業の悲哀だ!「規模こそ大きいが、強さはない」

中国製造業の悲哀だ!「規模こそ大きいが、強さはない」

米誌フォーブスが発表する世界長者番付には、中国からも複数の富豪がランクインしている。中国の富豪たちの事業内容を見てみると、インターネット関連や不動産関連の事業で財を成した人物であることが分かる。「世界の工場」と呼ばれた中国では製造業から世界有数の富豪は生まれていない。

中国ではしばしば「中国の製造業は規模こそ大きいが強くない」という言われる。中国政府は製造業の高度化に向けたロードマップを打ち出しているが、現時点の産業としての製造業は規模こそ巨大であるものの、1社1社の競争力は低いという意味だ。

中国メディアのOFweek工控網はこのほど、中国は過去30年にわたって加工貿易によって発展を遂げ、世界第2位の経済大国となったにもかかわらず、なぜ製造業の分野で富豪がいないのかと疑問を投げかけている。

記事は、中国の製造業は主に加工貿易であり、世界の産業チェーン全体で見た場合は「安い人件費を背景とした組み立てなどの川下に位置する」と指摘し、高い付加価値を提供できていないことを指摘。さらに、人件費も上昇し始めたことから、すでに中国からは工場の撤退が進んでいるうえ、中国政府が打ち出した高度化もまだ始まったばかりだと論じた。


スポンサードリンク


さらに、中国が世界の工場になるうえで重要な存在だった人件費などをはじめとする各種コストの安さはすでに失われていると指摘。電力や天然ガスなどエネルギー面もコストや土地の取得費用などはすでに中国のほうが米国より高く、「総合的なコストで見ても、もしからしたら中国のほうが高くなっているかもしれない」と危機感を示した。

記事は、中国製造業が強くなる前に競争力を失いつつある現状に強い警戒感を示すと同時に、製造業の分野で富豪がなかなか生まれにくい構造であることを「悲哀」であると嘆いている。ただ、中国からも世界に通用するメーカーが現れつつあることも事実であり、世界中で行っている買収を通じて、技術力が向上すれば中国製造業からも将来的にたくさんの富豪が生まれることも有り得る話だ。
http://news.searchina.net/id/1616683?page=1

【管理人コメント】
土台が日本技術であるから、仕方がないが…。
国も大きいが、企業も大きい。人は余っているわけだが、肝心な技術や設備は日本であるから、競争力に欠ける。しかも人件費高騰となれば、それが一つの付加価値となっていたわけで、それが小さいくなるという事は、日本と同じ土台で付加価値を戦うという事になる。それは無理だろう。すでに中国に日本企業が多数進出し、撤退したとはいえ、まだまだ中国合弁会社で有ったり進出している企業は無数にある。

中国を市場とするならば、世界企業と連携を強めて競争力をつける事である。東シナ海で問題を起こすよりは、世界企業と協力して、資源開発にも取り組み、企業としての対応力を強めるほうが得策である。自国単独で何でもすること自体が、良いわけではない。中国と言う市場を潤うようにするためにどうするのかと言う政策が間違っているから、混乱が起きる。政治による構造改革の失敗であるから、今からでも修正しないと、中国とは言え、崩壊する可能性が無いとは言えない…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月18日 13:41 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(2)
弱気
鉄鋼、造船、自動車、基幹産業が過剰設備、過剰在庫で
苦しい、その打開策(業容転換)ができなくて、弱気に
なっている、そういう話です。
そういう問題を「なぜ富豪がいないのか」という問題に
すり替えるトンチカン。
[ 2016/08/18 20:52 ] [ 編集 ]
パーヘッドで見たら、生産性も稼ぎもイマイチなんでしょうね、国全体で見ても、環境対策など、ほったらかしですから、今後は社会的コストも大きくなるでしょう、やりっ放しで急成長しましたが、やりっ放しだった分だけ問題が深刻化してるようにも思います。

元々、付加価値が低いのだし、党幹部等が利益を吸い上げもしてるでしょうし、お金は企業には無くても、何処かには在りますよ、登小平の息子だかは億兆という単位の金を持ってトンズラしてるらしいじゃないですか?

企業主は、習近平政権下では、お先真っ暗と見て、資金も事業も海外に移したがっていると、何処かで読みましたよ。

[ 2016/08/18 21:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp