韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国製に日本製まで輸入急増…韓国鉄鋼業界「焦燥」

中国製に日本製まで輸入急増…韓国鉄鋼業界「焦燥」

しばらく上昇していた韓国製の鉄筋流通価格が再び下がり、鉄鋼業界が不安感に包まれた。鉄筋を生産・販売する現代(ヒョンデ)製鉄や東国(トングク)製鋼など鉄鋼企業の悩みが大きくなっている。 18日、鉄鋼業界によれば今月初めに韓国製の鉄筋流通価格が1トン=52万5000ウォン(約4万7500円)にとどまった。1カ月前である先月初めの流通価格(55万5000ウォン)に比べ3万ウォン(約5.4%)下がった。

韓国製の鉄筋流通価格は今年3月から5月までは着実に上がっていた。5月中旬に59万5000ウォンまで上昇した価格は6月から下落傾向を見せると先月中旬には53万5000ウォンまで落ちた。2カ月で価格が10%ほど下がった。

価格が下がり続けるのは中国製の低価格鉄筋の輸入が増えていることが大きいと分析された。韓国鉄鋼協会の調査の結果、鉄筋価格の下落傾向が始まった6月の中国製の鉄筋輸入量は12万6000トンで前年同期より106.6%上がった。日本製の鉄筋も1万3000トン輸入され、前年同期に比べて700%増加した。中国と日本から鉄筋の輸入が増えながら韓国内の鉄筋全体輸入量は前年より129.7%増加した14万5000トンに達した。


スポンサードリンク


鉄鋼企業は4-6月期には鉄筋流通価格が上がって実績が改善されたが、下半期は見通しが明るくないとみている。ただし鉄筋需要は着実に増えるけれども在庫は減る傾向なので価格が再び上がる余地が残っているというのが業界の期待だ。国内では昨年からアパート・マンションの新規分譲が続きながら鉄筋需要が増加している。鉄鋼業界の関係者は「市場の流れは良いが中国製の低価格鉄鋼の攻勢が韓国の鉄鋼市場を揺さぶる変数なので心配が大きい」と話した。
韓国経済新聞
http://japanese.joins.com/article/613/219613.html?servcode=300§code=320

【管理人 補足記事&コメント】
韓国鉄鋼産業の危機を予想する理由は「1人あたりの鉄鋼消費量」の変化のためだ。先進国であるほど1人あたりの鉄消費量が高まるが、鉄鋼業界は1人あたりの年間鉄鋼消費量について800キロを限界点とみている。しかし韓国の鉄鋼消費量は800キロを通過しても増え続け、2014年基準で1061キロとなった。世界鉄鋼協会(WSA)が集計する132カ国のうち唯一1000キロを超える。過去10年間、造船と自動車産業が成長し、鉄鋼の需要を増やした結果だ。

中国は年間8億トンを超える鉄を生産するが、中国内1位企業の年間生産量は4400万トンにすぎない。1つや2つの企業を統廃合したところで解決する問題ではない」と指摘した。続いて「2000年まで中国の鉄鋼企業の95%が国営企業だったが、現在は55%が民営企業」とし「政府が設備投資を止めようとしても企業間のチキンゲームは続くしかない構造だ。

韓国造船業は低迷し、過剰に輸入された鉄鋼は、当然余剰となる。鉄鋼業界は慌てたところで対応の方法が無い。
造船業の低迷は、当然鉄鋼業の低迷に直結する。さらに、韓国での都市部のマンションは空き室になるばかりであるから、建設業界も余剰の鉄骨を処理するほどには至らない。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月19日 11:41 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp