韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  自動運転車の実用化に向けて前進する日本 わが国はその計画に学ぶべきか

自動運転車の実用化に向けて前進する日本 わが国はその計画に学ぶべきか

最大12人が乗れる自動運転バスの試験運行が先日、千葉県のイオンモール幕張新都心で行われた。この件は多くの中国メディアも伝えており、日本で無人運転の導入に向けた動きが進んでいるとの印象を持った中国の人も多いようだ。中国メディア・第一電動網は16日、「3ステップの戦略 中国は日本の無人運転自動車計画から何か学べるだろうか」とする記事を掲載した。記事は、「日本はすでに世界をリードする交通インフラを作り上げた。さらにスマート交通分野の優位性を保つべく、日本ではITS(高度交通システム)2014−2030技術発展ロードマップ」を打ち出していると紹介した。

そして、同ロードマップが、端末設備や市場投入などの戦略的配備を進める短期(2014−16)、世界で最も安全な道路の実現を目指す中期(2017−20)、世界で最も安全かつスムーズな道路を実現させる長期(2021−30)という3段階に分かれていることを紹介。「日本の明晰なロードマップに対し、中国政府・工信部が8月中に出すという中国無人運転自動車技術ロードマップがどういうものか。期待でいっぱいだ」としている。 記事が示した「ITS(高度交通システム)2014−2030技術発展ロードマップ」とは、日本政府が2014年に初めて制定した「官民ITS構想・ロードマップ」のことだ。同ロードマップは15年、16年と現状を分析したうえでの見直しが行われ、その都度新しい青写真が示されている。


スポンサードリンク


最新版である16年のロードマップでは、18年までを短期、21年までを中期、30年までを長期とし、「20年までに世界で最も安全な道路」、「30年までに世界で最も安全かつ円滑な道路」という実現目標は変わっていない。そして、産業面では20年までに世界最先端のITSを構築し、20年以降は自動走行システムに係るイノベーションに関して世界の中心地となると構想されている。

自動車の自動運転は、人類にとっての大きな夢とも言えるプロジェクトであり、その実現によって自動車交通システムは大きく変化し、より安全性と効率性の高い方向へとシフトしていくことになるだろう。渋滞が激しく、無理な割り込みが日常茶飯事である今の中国において急速に自動運転が普及すれば、当たり前のように鳴り響くクラクションも過去のものになるだろうか。
http://news.searchina.net/id/1616782?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
日産が今年発売する新型車は渋滞時の高速道路で自動運転走行ができる。同一レーン内なら、直線やカーブにかかわらず、先行車に追従して走行し、先行車が止まれば停止する。30年には高速の複数レーン、32年に一般道で走行できる自動運転車を投入する計画だ。自動運転車はカメラやレーダーなどのセンサーを搭載し、周囲の車や歩行者、信号などを認識。衛星利用測位システム(GPS)や地図データに基づき、目的地まで安全に走行する。停止や車線変更などの判断は人工知能(AI)が重要な役割を果たす。

自動運転のメリットは事故防止だ。事故原因の多くは不注意や居眠りなどの人的ミスとされる。自動運転はこうしたミスを減らし、長時間運転するトラックや高速バスの運転手の負担を軽減する。また、高齢ドライバーの事故防止も期待できる。 また、自動運転で急ブレーキや急加速などが減れば渋滞緩和にもなる。日本自動車工業会の池史彦会長は自動運転技術を「42年に向けて普及、拡大していきたい」と話す。 ロボットベンチャーのZMPとインターネットサービスのディー・エヌ・エー(DeNA)は、32年に運転手なしで走る無人タクシーの運行を目指す。バスやタクシーなど公共交通網の維持が難しい過疎化では、高齢者や病人の「新たな足」として期待がかかる。

日本政府も自動運転車の普及に積極的だ。内閣府は27年、神奈川県などを国家戦略特区に指定し、無人タクシーの実証実験を実施すると発表している。自動運転技術で送迎バスなどが走るようになるのも、夢ではなくなった様だ…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月19日 19:12 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(2)
田中様なら詳しいのでは?
これは、AIの進化に拠るところも多いでしょうし、単に自動車だけで何とか出来る物でもないと思います。

車自体が自立走行するカメラやセンサー類を備えるのはもとより、車対車、車対道路、車対情報通信網、及びGPS情報など、あらゆる分野が渾然一体となりつつ、統合制御されなければならないでしょう。

自動運転と一口に言っても、安全性、利便性、経済性、快適性、環境保護、省エネ、災害時の対応、考えれば幾らでも出て来そうです。

一方で、達成出来たなら、お年寄りや障害を持つ人、そういった人達の活動範囲は広まります、車を自分で運転するという行為は、趣味の一つとして一定割合は残ると思います、ちょうど現在の大型バイクのように、それさえ交通システムに組み込んで破綻ないようにしなくてはなりません。

同時に、車の動力源も変わると思いますから、日本の産業力全般の能力が問われる事になると診ます、AIは医療やら行政やら情報通信やらの在り方も一変させるかも知れません。

大変ですが、ビジネスチャンスでも在るし、国際的な日本の位置付けにも関わって来ると思いますから、縦割り行政では通用しなくなるし、タイムリーな政策も必要になろうかと私は思います。


[ 2016/08/20 00:43 ] [ 編集 ]
目指すところが違います
日本;実用的に安全運転を目的にした自動運転
欧米:安全運転はにのつぎ、商売やプライド優先の自動運転
技術的にはセンサーと地図の2力。グーグルが参入したのは地図を握っているから。日本が参入しているのはセンサーを握っているから。最後は日米で痛み分けになると見ています。
本当はプロングラミング力なので、ハイブリッドカーで先行するトヨタがぶっちぎりのはずが、トヨタは前にアメリカで無実の罪で訴えられて、アメリカ政府にプログラムが流出(数百億払わされて無実だったことが判明)。
だから、最初から勝負はついている。日米の対決。最後はバグフィックス。細かい泥臭い忍耐力のいる仕事。日本とアメリカどちらが勝つか?奴らに、泥臭い、忍耐力のいる細かい作業ができるか???ハイブリッド開発で血のにじむバグフィックス経験のトヨタにかなうわけがないでしょう!!!といいたいところですが、最後の最後はまた、アメリカに盗まれてしまうでしょう。。。ということで日米で痛み分け。。。最初から勝負はついている。日米以外は参入しても無駄ということです。
[ 2016/08/20 06:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp