韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  未分類 >  日本の家具メーカーが少人数で売上10億円を達成できる理由

日本の家具メーカーが少人数で売上10億円を達成できる理由

ガラス工芸家ルイス・カムフォート・ティファニーの有名な作品に、「ヴァージニア・クリーパー」、「ロータス」、「蜘蛛の巣」という名の三大テーブル・ランプがある。「ヴァージニア・クリーパー」は1995年にオークションにかけられ、約110万ドル(1664万円)という高額で落札された。

これは作品の質が高ければ驚くような価格でも買い手は存在することを立証しているが、中国メディアの企業観察網はこのほど、日本には社員の数が少ないながらも、10億円もの売り上げをたたき出す家具メーカーがあると紹介、その成功の秘訣について説明している。 記事は事例として取り上げた日本の家具メーカーが非常に質の良い家具を制作できる秘訣として、「一流の技術は一流の人柄に宿る」という信念のもとに職人を育てることにあると説明。職人たちを育成する際に用いる評価方法は、技術を40%として残りの60%は品行に対する評価であると説明した。

職人を育成する際のこうした評価の仕方について、記事は家具メーカー側の意図を紹介。同メーカーが目指すのは単に優れた技術を持つ職人を育成することではなく、顧客のために良い家具を制作する意欲や責任感を持つ職人であり、こうした育成方針が8年間の職人研修制度における様々な訓練過程に反映されていると説明した。


スポンサードリンク


家具は人が毎日の生活のなかで使用するものだ。もしメーカーが使用する人の立場になり、快適な使用感や美しい家具を所有することの喜びまで考えて製作すれば、間違いなくその家具の出来上がりは素晴らしいものになるだろう。少人数のスタッフでたたき出す大きな売上高は、まさに顧客からの評価を示すものであり、「一流の技術は一流の人柄に宿る」という同メーカーの信念は、どの時代にも通用する原則であるに違いない。
http://news.searchina.net/id/1616873?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
日本の家具<板の構造>
戦前まで、日本で「家具」といえば殆どが”無垢”だった。 無垢板をつかって家具を作っていた、と聞くとなんとも贅沢な感じがする。今では値段も高く、本来大量には作ることのできない”無垢”の家具から、「フラッシュ」という製法の家具へと移っていったのは戦後になってからのことだ。 この移り変わりは、戦後の日本の技術進歩により大量生産が可能になった事と、良材の有効利用を業界が考えた事などによる。なかでも「良材の有効利用」は、今後も考えていかなければならない大きな課題であるが、戦後の日本の家具は、ほとんどがこの「フラッシュ」という製法で作られてきた。

そこでまず、家具に使われる板の構造は、まず、「木製家具」と呼ばれ、一見「木」に見えるものでも、本当に中まで「木」を用いたものは少ない。 実は大抵、芯になる材料の外側を木目の美しい木のシート、つまりツキ板でくるんで仕上げてあるものが多い。こういった”芯材にツキ板を貼ったもの”に対し、まるごと「木」であるものを”無垢”と呼ぶ。まるごと「木」であるものと、一見「木」に見えるが実は別のものとであれば、誰しも丸ごと「木」の無垢の方がいいと思うのはもっともだ。しかし、無垢はそのものが天然のものであるだけに反ったり割れたりする欠点がある。しかも木材は限られた資源である。 そこで考えられたのが「フラッシュ構造」をはじめとするいくつかの特殊な製法で、これらは無垢よりもはるかに木材を有効に使う事が出来る。

「フラッシュ構造」とは、木で枠を組み両側に板を貼ったもの。枠を組んだものが芯材になるので、両側面の板と板との間には空洞の部分が出来る。これは、軽く狂いも少なく、大量生産でコストを安く出来るのが大きな特徴といえるだろう。また、側面(表面)にのみ化粧合板などの良材を使えばよいので、木材の有効利用にもなる。 ただし欠点もあり、製作の際に細かい作業が多くなるため職人の手間がかかる事(これは段取り次第ではあるが)。また、側面の板(表材と裏材)に同じ性質のものを使用しないとかえって反ってしまうというという点や、雨や直射日光に弱いので屋外での使用が出来ないという点もあげられる。

しかし前者の長所により、家具をはじめ室内建具(ドア)等に幅広く使われている。特に「軽い」という特徴は、日本のように狭い住宅環境で、しかも引越の際にも家具を丸ごとヤドカリのように移動する生活には重要な要素といえる。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月22日 11:11 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp