韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  見るも無残な最近の中国外交 なぜこうも裏目ばかりが続くのか

見るも無残な最近の中国外交 なぜこうも裏目ばかりが続くのか

最近の中国外交は見るも無残。やることなすこと、ことごとく裏目に出ている。原因は何なのか。まずは事実関係から始めよう。

【南シナ海問題】フィリピンが中国の人工島問題を仲裁裁判所に提訴したのは2013年。昨年10月、同裁判所は中国にも配慮してか、比側主張の一部にしか管轄権を認めなかった。にもかかわらず、中国は同裁判所に一切協力せず、無視を決め込んだ。案の定、本年7月の判断では中国側主張の多くが否定された。外交的にはあまりに稚拙なやり方だ。

【日中関係】14年11月の日中首脳会談以降も両国関係は進展していない。それどころか、最近尖閣諸島付近では中国公船・海軍艦船の活動がエスカレートしている。こうした動きは日米同盟を一層強化させるだけなのだが、解放軍など対外強硬派は国内の国際協調を求める声など意に介さない。

【米中関係】一連の首脳会議でオバマ大統領が習近平主席に求めたのは南シナ海の非軍事化と米私企業の知的財産権へのサイバー攻撃の中止だ。しかし解放軍が関わるためか、習氏はゼロ回答を繰り返す。米国はサイバー戦担当の現役中国軍人を起訴し中国が造った人工島沖にイージス艦を派遣した。


スポンサードリンク


【北朝鮮】中朝間の軋轢(あつれき)が始まったのは80年代から。当時訪中した北朝鮮の金正日総書記は改革開放を始めた中国を「修正主義」と批判した。90年代以降、金総書記は先軍政治の下で核兵器開発を始める。中国は緩衝国家たる北朝鮮を見捨てることができない。金一族は中国外交の足元を見て生き延びたのだ。

【韓国】一時は蜜月に見えた朴槿恵(パククネ)韓国大統領との関係も悪化しつつある。中国が反対する中、韓国は最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備に踏み切った。中国は猛反発し、韓国批判キャンペーンと報復措置を打つも後の祭り。中国が韓国に投資してきた外交的資源は無駄になった。

【台湾】中国は馬英九前総統の台湾との関係を深めたが、今年1月の総統選で民進党・蔡英文氏の当選を阻止できなかった。ここでも中国外交は投入した資源に見合う成果を上げていない。
(略)
満州事変(昭和6年)を起こした85年前の日本にも政治の中枢に外交的真空があった。当時日本の政治指導者には現場の独断専行を制御するだけの外交的知見がなかったのだ。中国が似たような状況に陥ることはない、と誰が断言できるだろうか。
ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160822/frn1608221540008-n1.htm

【管理人コメント】
もともと習近平に外交力は無いわけで、外交においては李首相が自身の包囲網を確立していった。従って海外での評価は李首相が上を行くわけで、習近平が不正を撲滅すべく、実力者を次々更迭したことで、李首相も一時狙われたが難を逃れた。それからしばらくして、内紛勃発で、李首相が一気に優勢な位置に出たから、習近平は自国経済低迷を李首相へなすり付けようとして逆に失敗した結果、余計内部の混乱を招き責任のなすり合い状態にあるのが、今の中国政府である。

この内紛は当面続くだろう。心配なのは中国軍の統制が取れたかのようなふりをしている習近平だが、現実はそうではないだろう。中国軍が暴走すれば、中国は一気に不利な立場に追い込まれる。さらに暴走すれば朝鮮半島自体も戦火に埋もれる事になるが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月23日 12:06 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)
フィリピンのドゥテルテ首相を当選させ、フィリピン国民の関心を南シナ海問題から麻薬戦争に向けさせ
フィリピン国民の敵意を中国から国連/米国に向けさせるという荒業を大成功させていますが。
[ 2016/08/24 05:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp