韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  縮小する世界輸出市場、韓国経済は輸出依存から脱却せよ

縮小する世界輸出市場、韓国経済は輸出依存から脱却せよ

世界貿易機関(WTO)によると、今年上半期の世界の主要71カ国・地域間の貿易額は14兆4250億ドルにとどまり、前年同期を5.4%下回った。昨年上半期に11.7%減少したのに続き、今年も減少となり、2010年以降で貿易額は最も少なかった。貿易額が2年連続で減少したのは2008年の世界的な金融危機当時にもなかった現象だ。世界的な景気低迷で原油、鉄鋼など原材料の貿易が伸び悩んだ上、欧米の保護主義傾向によって、これまで世界市場を支配してきた自由貿易の大原則まで後退の兆しを見せている。

貿易低迷は輸出への依存度が高い韓国経済には特に大きな影響を与える。昨年5%減少した韓国の輸出は今年上半期には9.9%減となり、減少幅は世界平均の2倍に達した。折り悪くウォン相場は7あgつに2.6%もウォン高が進み、主要27通貨で上昇率が最大だった。スタンダード&プアーズ(S&P)が韓国の信用格付けを上方修正したほか、国際金融市場で投資心理が回復し、新興国の通貨が上昇した中での現象だが、輸出競争力は低下が避けられない。

企業は当面急激な為替変動による経営悪化を懸念している。全国経済人連合会(全経連)はウォンが10%上昇すれば、企業の利益が0.8%低下するとの分析を示した。米国が今年、韓国を為替監視対象国に指定したため、政府が為替対策に乗り出すのは難しくなったが、ウォン相場の急激な変動で為替相場に不安が生じるのを放置しては困る。意図的にウォン安へと誘導するこれまでの処方は不可能だが、投機勢力のせいでウォン高が生じ、輸出が後退することは政府として防ぐべきだ。


スポンサードリンク


中長期的には変化した貿易環境に合わせ、経済の体質を変えていく必要がある。造船、海運など輸出主力業種の再編を急ぎ、内需市場を育て、輸出に国内総生産(GDP)の半分以上を依存する構造を改め、バランスを取るべきだ。政府と企業が今変わらなければ、ますます縮小する世界の輸出市場における韓国経済の立場は狭まらざるを得ない。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/08/23/2016082300500.html

【管理人コメント】
貿易依存度の高い韓国は、大企業だけが独り歩きしている状態だ。
挙句に地方自治開発となると、財閥と地方政治の癒着という構図が強い国である。

自国民は中小企業依存が90%近いが、自国経済の利益は財閥連中と幹部そして株主だが、自国民の生活する土地や建物は財閥の寄与する部分が大きい。これが実は厄介な構図と言える。本来内需活性化に踏み切ればよいのだが、単純ではない。

通貨危機後、大企業を後押しした自国政府の構造改革ミスである。日本を常に対象として競争すれば、企業を大きくするしか方法は無い。がそれも終わりである。今では中国企業が参入し、日本は韓国企業から付加価値を得るだけで、電器産業やIT産業は世界競合を避けて別の産業へ力を入れている。韓国も独自に自国再生を早期に実施しないと、借金で崩壊するのはもうすぐであるが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月23日 19:17 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp