韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  スポーツ >  戦争加害国・日本、リオ五輪で憎たらしいほど楽しく平和を演出

戦争加害国・日本、リオ五輪で憎たらしいほど楽しく平和を演出

リオ五輪で日本は韓国だけでなく全世界を何度も驚かせた。リオ五輪で、日本はこれまでの五輪最多メダル記録だった合計38個(2012年ロンドン五輪)を塗り替えた。金12個・銀8個・銅21個、合計41個のメダルを獲得し、8位の韓国を上回ってメダル獲得数総合ランキング6位に浮上した。中でも印象的だったのは、陸上男子400mリレーで「稲妻」ウサイン・ボルトが出場したジャマイカの次にゴールし、銀メダルを手にしたことだ。「陸上強国」米国も日本に追い付かなかった。

2020年に東京五輪を開催する日本は、22日にマラカナン競技場で行われたリオ五輪閉会式でも世界の注目を集めた。日本に与えられた時間はわずか8分間。だが、その短い時間でフレームが光る六面体を使ったダンサーたちの印象的なパフォーマンスを行った。これだけではない。マラカナン競技場に設置された電光掲示板には、東京五輪のPR映像が映し出された。右傾化や平和憲法改憲推進などで周辺国との確執が深刻になっている状況だが、日本はそうした面を見せることなく、憎らしいほど楽しく平和のメッセージを伝えた。

日本は漫画やゲームのキャラクターなど全世界の人々が気軽に楽しめ、身近に感じているポップカルチャー(大衆文化)をキーワードにPR映像を作った。映像にはサッカー漫画の主人公「キャプテン翼」、漫画キャラクター「ドラえもん」、グッズ・キャラクター「ハローキティ」、ゲーム・キャラクター「パックマン」が相次いで登場。大衆文化を通じて日本の「ソフトパワー」を強調しようという戦略だった。PR映像のハイライトは、人気ゲーム「スーパーマリオブラザーズ」のキャラクター「マリオ」だった。1985年に初めて登場して以来、200以上のテレビゲームに登場しているマリオは、PR映像で日の丸を象徴する赤いボールをリオに届ける役割を担った。


スポンサードリンク


映像で日本にいたマリオは地球の反対側のブラジル・リオまで貫通している土管に入る。そして土管を通り抜けると、マラカナン競技場に設置された実際の土管状のステージから飛び出したのは安倍晋三首相だった。これまで光復節(8月15日、日本による植民地支配からの解放を記念する日)を含め、在任の4年間に一度も戦争加害国として謝罪していない安倍首相が、漫画やゲームのキャラクターのように明るく、マリオの象徴である赤い帽子をかぶって現れたのだ。その帽子には東京(TOKYO)という文字が刻まれていた。

安倍首相は「日本政府は最善を尽くして東京五輪を最高の大会にする」と言った。ややこっけいにも見えたが、マラカナン競技場を埋め尽くした観客は熱狂した。第二次世界大戦の日本の被害国だった韓国・中国などアジアの報道陣だけが沈黙を守った。 閉幕式には次期五輪開催都市の市長や知事が出席して国際オリンピック委員会(IOC)委員長から五輪旗を引き継ぐ「フラッグ・ハンドオーバー・セレモニー」がある。2014年ソチ冬季五輪閉会式の時は、次期(18年)開催地・江原道平昌郡の李錫来(イ・ソクレ)郡守=当時=が受け取った。安倍首相はこの日、小池百合子東京都知事がトーマス・バッハIOC委員長から五輪旗を受け取った後、サプライズで登場した。外信各社は「日本は首相をマリオにして登場させ、強烈なインパクトを残した」などと好感を持って伝えた。安倍首相を「スーパー安倍マリオ」と呼ぶ外信報道もあった。

韓国のネットユーザーたちも、多額の資金をかけずに日本を楽しく描写したPR映像に「東京五輪への期待感を高めた」と称賛を惜しまなかった。それだけに、東京五輪に先立って行われる平昌冬季五輪を心配する声もあった。「日本をけなす前に平昌も全世界に対して印象的な姿を見せなければ」「お金ばかりたくさんかけるのが能ではない。クリエーティブな開会式・閉会式にするため準備をしなければならない」という意見が多数の共感を得た。東京五輪まではあと1431日あるが、平昌五輪まではあと535日と迫っている。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/08/23/2016082300603.html

【管理人コメント】
朝鮮日報は冬季オリンピック開催が出来るのかすら危ういわけであるから、しっかり報じてほしいが…。
現状のままなら今年終わりには手が上がるのではないか…。
韓国は益々東京オリンピックどころではないだろう。

一方、安倍総理は余計な演出だったが…。
韓国メディアは、この平和な演出が、よほど気に入らないのだろう…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月24日 10:23 ] カテゴリ:スポーツ | TB(0) | CM(1)
いつまでも 五月蝿い国です、韓国は。
あの戦争の被害国でも無いくせに、ましてや戦勝国でもない。併合に甘んじていて自分達では何も成し得なかったくせに。
何かにつけて日本と比べたがる…それが
劣等感の表れであることは 事実。
悲しく愚かな国です。
その欲求不満は 何を持って 解決できるのでしょうか!?
教育も その愚かさを煽るばかり…。
そんな隣国は いっさい関わらず無視するのが一番ですが、放って置くと日本が有らぬ事で被害を被るのでそれもできず。
相手してやると 頭に乗るばかり。
悪知恵には なかなか 敵いません。
[ 2016/08/24 12:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp