韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本のスパコン開発、中国に遅れたままでは終わらない?

日本のスパコン開発、中国に遅れたままでは終わらない?

中国の最新のスーパーコンピューター「神威太湖之光」は、スパコンの計算速度の世界ランキング「TOP500」で世界1位に輝いた。約3年にわたって世界1位を独占し続けてきた中国の「天河2号」は2位となり、順位は入れ替わったものの中国のスパコンが計算速度で1位、2位を占めた。

現在、スパコンの計算速度では中国製スパコンが圧倒的な優位を得ているが、中国メディアの泡泡網はこのほど、かつては日本がスパコンの分野で中国をリードしていたと伝え、「日本は中国に遅れを取っていることに甘んじるつもりはないようだ」とし、日本が高性能なスパコン開発に着手していることを伝えた。

記事は、富士通が理化学研究所と共同で開発したスパコン「京」は2011年に「TOP500」で1位だったと伝える一方、最新の「TOP500」では5位となったことを紹介。さらに中国の「神威太湖之光」は「京」の10倍以上の計算速度であることを指摘し、計算速度では圧倒的な差があることを伝えた。

続けて、日本が1300億円を投じ、京の最大100倍の計算能力を持つ新しいスパコン開発に向けて着手していることを指摘し、完成すれば中国の「神威太湖之光」の10倍以上の計算速度を持つことになると伝えている。


スポンサードリンク


中国の近年におけるハイテク分野における躍進は目覚ましいものがある。スパコンの計算速度はもちろん、8月16日には盗聴が不可能とされる量子通信衛星「墨子号」の打ち上げにも世界で初めて成功した。中国の民間における製造業では低品質という評価がまだ一般的だが、政府が主導する分野における技術力は間違いなく高い。
http://news.searchina.net/id/1617079?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
今回1位を奪取したのは中国の「Sunway TaihuLight」(神威太湖之光)。江蘇省無錫市の国立スーパーコンピューターセンターにて稼働するスパコンで、実効性能値は93.01PFLOPS。2位へと落ちたTianhe-2は33.86PFLOPSであり、約2.75倍の性能差が出ている。 神威太湖之光は中国の国家並列計算機工程技術研究中心(NRCPC)が開発した高性能プロセッサ「SW26010」を採用。260コアを内包しており、1チップで3TFLOPSの性能を叩き出す。神威太湖之光はこのプロセッサを搭載したシステムを40,960ノードで構築し、合計10,649,600コアという大規模システムを構築。理論ピーク演算性能は125PFLOPSに達するという。Linpackの実行効率は74%だった。

SW26010のアーキテクチャはまだ謎に包まれたままだが、SIMD命令をサポートし、アウトオブオーダー実行ができるとされており、DECのAlphaアーキテクチャをベースに開発されたと推測される。命令セットはShenWei-64。 プロセッサは4つのコアグループに分割されており、それぞれのグループは64個のコンピューティングプロセッシングエレメント(CPE)と1つのマネジメントプロセッシングエレメント(MPE)に分割される。それぞれのグループにメモリコントローラを持ち、1ソケット当たり136.5GB/secというメモリバス幅を持つ。動作クロックは1.45GHzで、1コアあたり1つのスレッドを実行できるという。製造は上海にある国家高性能集成電路設計中心にて行なわれたが、プロセスルールは不明。

メモリに関しては1ノード当たり32GBで、全体で1.3PBという容量。これは理研の京の1.4PBよりも少ない。また、メモリに関してもDDR4ではなくDDR3を使用しているという。キャッシュに関しても実装が軽く、L1~L3までのキャッシュ層を持たず、各コアに12KBの命令キャッシュと64KBのローカルスクラッチパッドのみを持つのが特徴としている。 消費電力は15.3MW(メガワット)で、天河二号の17.8MWよりも少ない。1Wあたり6GFLOPSの演算性能を持ち、スパコンの電力効率ランキングGreen500の上位に位置するだろうとしている。インターコネクトは「Sunway Network」というPCI Express 3.0に準拠した独自のものが採用され、ノード間で16GB/secの転送速度を持ち、レイテンシは1msec以下としている。

OSも独自の「Sunway Raise OS」で、一般的なLinuxをベースとしたものとしている。そのほかのシステムソフトも一般的に使われているもので、C/C++やFortranなどのコンパイラを用意しているという。

キャッシュの量が少なく、メモリーは理研の京の1.4PBよりも少なくDR4ではなくDDR3を使用。何とも時代遅れだが…。。。
単にスパコンスピードテストでは早いが、現実的にはメモリー不足で動作が鈍くなるのではないか…。。。
非現実的とも言えるが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月24日 11:23 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(3)
全然違います。
そもそも、概念設計が違います。中国のスパコンはアメリカのぱくり。日本のはオリジナル。積んでるCPUも日本のスパコンは桁違いに少ないし、そもそもGPUを積んでない。時期スパコンはFPGAベースで微細化も世界一。スパコンFPGAでやったら、他国は真似できない。概念とハードが違うから。DRAMも関係なくなる。もっと重要なことは、パソコンのCPUには、スカラー型とベクトル型のがある。日本は両方の技術(富士通、NEC、日立)がある。他国はスカラーだけ。つまり単純計算しか競えない。
そういうところまで日本のマスゴミは調査能力ないので、日本は無能とアホな読者は思う。そういうアホが日本には8割いる(在留が外国人含めて)。さらに、マスゴミが安保法は戦争法だとミスリードするからアホな日本人+在留外国人は自民党や現政権をナチスに例えて憎む。なんとも無能な奴らだ。でもアホな奴らもアホになったのはマスゴミのせいだ。日本から産経、日経、日本産業以外のマスゴミを追放すれば、日本は世界一の国になる。そのために、このサイトや愛国サイトが重要なのである!
[ 2016/08/24 12:15 ] [ 編集 ]
門外漢でチンプンカンプンですが
ド素人のイメージですが、どうもコンペ専用機みたいな感じですね、競技用車両と自家用車の争いみたいな。

ただ、支那単体で見ると長足の進歩なのかも知れませんが。南鮮よりは上か?

キャッシュが少ないと言う事は、実際にスパコンを使う場合には、キャッシュをどれくらい使うか分からないプログラムや、演算結果が次の動作に不可欠なプログラム(データに依存するようなプログラムと言うか)では、処理速度は期待できなかったり、下手するとスタックしたりすると考えて良いのでしょうか?

既存技術の組み合わせで、特に新しい技術を用いずに性能を上げた事は、或いは素晴らしいのかも知れませんが、実用に際してはアチコチ限界がありそうですし、そろそろパクリの限界も見えてきたような気もします。

(Mig-25を思い出しました)

にしても
「一番じゃなきゃダメなんでしょうか?」 by蓮舫

は影響したんでしょうか?
[ 2016/08/24 22:25 ] [ 編集 ]
パクリの度合い
キャッシュにさほど重きはありません。
中国はおそらく回路も、ハードもほとんどコピーしたんだと思います。彼らのコピー能力は韓国を凌駕します。韓国はスマホCPU作ったと言っていますが、約10年外注させてもらって、コピーしたんです。中国は外注させてもらわずそのまま製品をコピー。だから、中国、韓国は問題おこったときとか、技術革新できないんです。インテルもそうです。日本から外注もらって、これはと思って盗んだんです。でもインテルCPUは微細化はあるが、回路の発展はない。なぜか?パクった先はその前近代的なCPUは作ってないから。だから、CPU性能は日本が最先端なんです。。。と言ってもそれを分かるのは、このサイトの読者とインテル、AMD、ARM、富士通、NEC、日立、ルネサス関係者だけですけどね!
日経から出ている雑誌にARMの役員が一番怖いのはintelではなく、日本の富士通やNEC、日立(ルネサスですが)のARMヘビーユーザーだと述べています。理由は、回路設計の川上から川下まで世界一のレベルで熟知しているとのことです。だから、値上げできないと。値上げしたら、ARM製品以上の製品を作られると。。。
まあ、蓮舫は忘れましょう!やっぱり一番じゃなきゃだめですね。
[ 2016/08/24 23:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp