韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  ルネサス、インターシル買収で狙う車載半導体市場

ルネサス、インターシル買収で狙う車載半導体市場

かつての「iPhone(アイフォーン)」向け半導体サプライヤーが、アップルなどの開発する自動車向け半導体の供給を目指して歩みを進めているもようだ。事業規模の拡大がそのための唯一の道なのかもしれない。

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は、半導体大手のルネサスエレクトロニクスが米同業インターシルを30億ドル(約3000億円)で買収する方向で協議に入っていることを確認した。NEC、三菱電機、日立製作所の半導体事業統合で誕生したルネサスは、2011年の東日本大震災で主要工場が大きな被害を受け、経営危機に陥った経緯がある。

ルネサスは売上高の減少を受け、12年に官民ファンドの産業革新機構や主要取引先のトヨタ自動車、日産自動車から支援を受けた。同時に車載半導体事業に集中するため、非中核事業を切り離し始めた。その過程で14年、iPhone向けに半導体チップを納入していた子会社ルネサスエスピードライバの過半数株を米シナプティクスに売却した。

電気自動車や自動運転車開発の時流に乗って、ルネサスは直近2年の通期決算で黒字を計上した。だが車載半導体市場のトップの座は、買収で規模を拡大する競合社が入れ替わり占めてきた。オランダのNXPセミコンダクターズは昨年、米フリースケール・セミコンダクタを買収して首位を奪った。独インフィニオン・テクノロジーズも、米インターナショナル・レクティファイアーを傘下に収めた。


スポンサードリンク


これらの合併・買収(M&A)にもかかわらず、車載半導体市場は依然として分断されている。上位5社のシェアを合わせてもわずかながら半分に届かない状況だ。ルネサスは今回の買収で、新技術の獲得と市場シェアの拡大を実現できる。 車載半導体事業がインターシル全体の売上高に占める割合はわずか13%だが、成長は著しい。インターシルは同事業が年20%を超えるペースで伸びるとみている。ドイツ銀行によると、インターシルの省エネ技術をルネサスの半導体に応用すれば、電気自動車のバッテリー消費を抑えられる可能性がある。

30億ドルという買収額は、インターシル株価の前週末終値に42%のプレミアムを上乗せした水準だ。予想PER(株価収益率)は約30倍。決して安いとは言えないが、フリースケールを買収するために増資が必要となったNXPとは違い、ルネサスは40億ドル近くの手元資金がある。 リスクとしては、国家安全保障に関わるインターシルの軍事・航空宇宙事業が指摘される。米フェアチャイルド・セミコンダクターは今年、中国国営の華潤微電子から受け取った買収提案を規制上の懸念から拒否した。日本と米国が同盟関係にあっても、軍事機密を保護する必要は残る。ルネサスがインターシルを手に入れるには、一部の事業を手放すことが求められるかもしれない。

ルネサスはここ最近にルネサンス(フランス語で「再生」の意味)を遂げて見せた。インターシルの買収で正しい軌道を歩み続けられるに違いない。
http://jp.wsj.com/articles/SB11227962842099473856204582268020421509432

【管理人 補足記事&コメント】
ルネサスは旧ルネサステクノロジと旧NECエレクトロニクスが経営統合。自動車マイコンで世界シェア4割を持つ。官製ファンド、革新機構の傘下で経営再建中である。トヨタ自動車、日産自動車、キヤノンなど主要取引先8社が出資している。“日の丸半導体”メーカー、ルネサスは株主と経営陣の対立の歴史だった。迷走の果てに13年6月、オムロン会長を務めた作田久男氏が会長兼CEO(最高経営責任者)に就任し、再建に向けて歩み始めた。

ルネサスは16年4月、呉文精氏を社長兼CEOに招く人事を発表した。6月の株主総会後に正式に就任する。呉氏は、日本興業銀行(現みずほ銀行)出身。日産自動車系最大の自動車部品会社、カルソニックカンセンの社長を経て、13年に日本電産に入社。車載事業を担う副社長を務め、「ポスト永守」の1人とみられていたが、15年9月に、突如辞任した。

一方でルネサスからマイコンを不当に安価に調達していたトヨタは、ルネサスが外資に渡ることに猛反発し、経産省に働きかけた結果、産業革新機構とトヨタやデンソーなどが約1500億円でルネサスを買収することになった。トヨタやデンソーがルネサスの株主になったことにより、「カスタマー」としては従来どおり破格の安値でマイコンを購入したいが、「株主」としてはルネサスの利益拡大を考えねばならない、というジレンマに陥ることになった。

ルネサスの株主のうち自動車関連企業を抜き出してみると、トヨタ(2.49%)、日産(1.49%)、ケーヒン(0.49%)、デンソー(0.49%)で、合計でもたった4.96%。。そんな少数派のために、経産省の出先機関である産業革新機構のトップが、「買収したい」と言っている日本の企業にわざわざ出向いて「お断り」を言いに行ったわけだ。

何ともルネサス問題は絶えないのだが、とはいえ自動車マイコンシェアは重要だ。今後の自動運転技術には、数百のマイコンが使用されるだろう。その座を維持しておく必要がある。スマホの次は自動車産業であるから、各IT産業は当然力を入れているわけで、このシェアとバッテリシェアを確保できれば、自動車産業はほぼ独走できる。もっとも自動車産業が先頭でなければならないが…。今後自動車産業と使用するマイコン産業にモノのインターネットがどう連携するのかは今後の大きな課題となる。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月24日 13:45 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(4)
これもね。。。
あほな日本人もどきの若造が勘違いしていることの一つもこの題。
CPUの難易度は車載>スパコン>一般パソコン>スマホ
なんですが、アホな奴らはその逆に考えているというかスマホとパソコンしか知らん。どこでアホな知識もらったのか知らないが、日本ではCPU作れないと吹き込まれている。ネットでも韓国、米国、中国、日本の順に先端度が高いと吹き込まれている。ああ、日本のマスゴミの罪は重いとうことで、真実を述べます。
車載CPUが先端度一番高い理由は、自動車にはパネルが数個ある(速度、ナビ、エアコンなど)。ではパソコン、スマホは???一個だけですよね(昔、富士通携帯は2画面ありましたが、それだけ)。なので、処理能力が全然違うんです。しかも、速度系などの演算は自動運転になればなるほど先端になる。パソコン、スマホはただ、inとoutだけ。くらべものになりません。
ルネサスのCPUはほかのメーカーにくらべてどれだけ進んでいるか?それはソニーのイメージセンサーの開発度と他メーカーの開発度との差と同等かそれ以上だと言われている。だからほかのメーカーは勝てっこない。ルネサスのCPUは一度に30パネルくらいは処理できる。もうここまで来たら、SFの巨大宇宙ステーションなみです。
呉(くれ)さんは日本人です。呉さんと前の社長の交代劇は、前の社長がドイツメーカーと資本提携したいとほざいて、産業革新機構が激怒して前の社長を首にしたんです!
[ 2016/08/24 17:24 ] [ 編集 ]
トヨタに押されて
インターシルというのは台湾に製造委託している
ファブレス企業で、設計が中心の半導体会社です。
自動車用に選択集中しようとするルネサスにとっては、
ひとつの選択でしょうが、ルネサスにはそんなに
自前技術がないのかと心配になります。

トヨタから必要半導体のロードマップを見せられて
このままじゃ足りないと自覚したのでしょう。

広い意味では、国内の自動車・半導体連合の生き残り策
じゃないですか。
[ 2016/08/24 20:04 ] [ 編集 ]
省エネ半導体
省エネ半導体は主に、パワー半導体ですね。このパワー半導体の省エネ分野は日本のロームが世界一です。
こういう先端分野は一位と二位の差は以前とちがって天と地の技術格差があります。
ルネサスといえども部品分野ではロームには勝てません。ルネサスは部品会社(このレベルの部品は内部回路があり、そこに回路設計が必要)ではないので。まあ、今回の買収はローム製品ほどの性能は要らないからまあ、汎用品(中国や韓国や新興国向け)に使うためでしょう。とにかく、円高の今に買える企業は買っておいて裾野のシェアー握るのも必要かと。
個人的には今は米国、英国企業を買って買って買いまくれ!と思います。
[ 2016/08/24 22:42 ] [ 編集 ]
Rohmでスイッチング
そうですね、ロームのSiCで低損失スイッチングをやって、
インターシル系のパワーマネージメントという組み合わせが
よさそうです。
現状、HV車は電源電圧が高い(200V)から、相当パワーロスが
あるはず。パワーロスを減らして、直列電池数を減らすのが
自動車側の課題でしょう。
[ 2016/08/24 23:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp