韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  北朝鮮、SLBM超高速開発…韓国全域を射程に

北朝鮮、SLBM超高速開発…韓国全域を射程に

北朝鮮のミサイル能力が進化しているにもかかわらず、これといった対策がない。北朝鮮の射程距離2千キロ級の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の実戦配備が「秒読み」段階に突入したが、韓国では高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備が論議を呼び、北朝鮮の核に対する防衛空白への懸念が高まっている。北朝鮮のSLBMはTHAADでも迎撃が難しく、格別の対策を講じなければ北朝鮮の「核の人質」に転落すると指摘されている。軍当局が北朝鮮のSLBM開発のレベルを過小評価し、最適な防衛手段を講じるための「ゴールデンタイム」を逸したという批判も起こっている。

北朝鮮は24日午前5時30分頃、咸鏡南道新浦(ハムギョンナムド・シンポ)の沖合から東海(トンヘ、日本海)上にSLBM1発を発射したと、軍当局が明らかにした。新浦級潜水艦(2千トン)から発射したミサイルは、約500キロ飛翔して日本の防空識別圏内の海上に落ちた。軍は、北朝鮮が日本の防空識別圏の侵犯を最小化してSLBMの最大推進力をテストしたものと見ている。北朝鮮のSLBM発射は、4月23日と7月9日に続き今年に入って3度目。

発射されたSLBMは、北朝鮮が2015年1月に水中射出試験を始めて以降、最も遠く飛翔した。特に80度以上の高角で発射され、分離を経て最大400キロ以上の高度まで上昇し、音速の約10倍の速度で大気圏(50~100キロ高度)に再突入したとされる。正常角度で発射したなら1千キロ以上、固体燃料を満載して発射すれば2千キロまで飛翔が可能だと、軍は見ている。
軍当局は公式には、北朝鮮のSLBM技術が非常に進展したと判断し、分析中だと明らかにした。事実上、SLBMの開発に成功し、年内にも実戦配備が可能という結論を下したものと見られている。これまで軍当局は、北朝鮮のSLBM開発技術が不十分で、実戦配備まで3、4年かかると見通していた。


スポンサードリンク


大統領府は、今回のSLBM発射を深刻にとらえ、同日午前7時30分に金寛鎮(キム・グァンジン)大統領国家安保室長を中心に緊急国家安全保障会議(NSC)を開いて対策を協議した。しかし、断固対応するという原則を再確認しただけで、適切な対策は講じることはできなかった。

今年に入って中距離弾道ミサイル「ムスダン」に続きSLBMまで開発に成功し、北朝鮮の核の脅威は「暴走機関車」のように疾走している。軍内外では、北朝鮮が核を搭載したSLBMを実戦配備することを既成事実とし、軍事的対応を抜本的に見直さなければならないという主張が力を得ている。
http://japanese.donga.com/List/3/01/27/729884/1

2014-03-20-kim.jpg

【管理人コメント】
いつの間にか、北が南を支配する日が近づいているようだが…。統一妄想で朴槿恵大統領がもたつくなか、北朝鮮は時が止まったかのように、アメリカを交渉のテーブルにつかせるために、ミサイル技術を高めてきた。アメリカがターゲットであるから、当然韓国など目には入っていないが、最近の状態では、自国民の生活影響が異常に低下すれば、韓国を手に入れる雰囲気が高まっている気がする。目の前にほしいものが山ほどあるわけで、いつでも手に入れられるという位置で彼らは動いている。

韓国は、日本経済に追い付くことばかりの 反日政策に特化してきた70年であるから、日本技術が土台な割に、日本と競合する産業となるのは当たり前である。そもそも土台が日本であるから、日本を越せる事は無い。にもかかわらずである。挙句に朝鮮戦争冷戦期とは言え、ずっと継続中であるという認識が無い。あるのは北のみに存在しているわけで、南はアメリカ頼みで無関心のままきたツケと言える。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月26日 11:29 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
>最近の状態では、自国民の生活影響が異常に低下すれば、韓国を手に入れる雰囲気が高まっている気がする。目の前にほしいものが山ほどあるわけで、いつでも手に入れられるという位置で彼らは動いている。


北は、本格的に金体制崩壊の危機となれば
平気で南に進軍するでしょうね

そして最近の金政権幹部の逃亡の連発を見ると
その時は近づいている様に見えます
[ 2016/08/26 20:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp