韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  ロッテグループのナンバー2、検察取り調べ前に自殺

ロッテグループのナンバー2、検察取り調べ前に自殺

辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)韓国ロッテグループ会長の側近で、ロッテグループのナンバー2とされる李仁源(イ・インウォン)副会長兼政策本部長(69)が死亡しているのが発見された。

26日午前7時10分ごろ、京畿道楊平郡西宗面の遊歩道で、60代くらいの男性が木にネクタイをかけて首をつり死んでいるのを散歩中の住民が発見、警察に通報した。 警察は、男性の服のポケットから李仁源副会長の身分証が出てきたことから、男性を同副会長と推定しているが、より正確に身元を確認するため現在、指紋を分析しているところだ。遺書は見つかっていないという。

李仁源副会長は同日午前9時30分に検察に出頭することになっていた。 ロッテグループの不正疑惑を捜査しているソウル中央地検捜査チームは同日、李仁源副会長を横領・背任の疑いで被疑者として出頭を求め、取り調べる予定だった。 同グループの司令塔的な役割をする政策本部を率いていた李仁源副会長は、経営者一族やグループ全般に関することはもちろん、系列会社の経営まで総括する役割を担っていた。

李仁源副会長はこの日、検察に出頭を求められている黄ガク圭(ファン・ガクキュ)社長兼政策本部運営室長(62)と共に、辛東彬韓国ロッテグループ会長の側近と言われている。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/08/26/2016082600661.html


スポンサードリンク


【管理人コメント】
中央日報も、ロッテグループのナンバー2であり、辛東彬(シン・ドンビン)会長の最側近である李仁源グループ政策本部長と推定される死体が見つかったと報じている。

26日午前7時11分、京畿道楊平郡西宗面にある散歩道の桜の木にネクタイで首を吊って死亡している60代男性を運動中だった住民が発見して警察に通報した。衣服から発見された身分証によって死体は李副会長と推定されるが、警察はより正確な身元確認のために指紋を分析しているという。

韓国ロッテはグループ間取引を使って裏金をつくった疑惑などで検察の捜査の対象になってたわけで、6月に始まった検察による捜査は、李氏と共に辛東彬会長の最側近の一人であるファン・ガッキュ社長が25日、事情聴取を受けるなど大詰めを迎えていた。当然、近く辛会長も聴取を受けるとの見方が出ていたわけで、検察は李氏の自殺を受けて「捜査日程の再検討を考える」としている。

ロッテの裏金疑惑は疑惑ではなくなっているわけで、自殺は既にそれを裏付ける行為とも受け止められるが…。次第にロッテは分裂してゆくのではないか…。韓国メディアによると、遺書はロッテの役職員や家族にあてたもので、裏金づくりを否定するなどの内容だという。いまだ日韓を主な基盤とするロッテグループは経営権を巡って創業者の辛格浩氏の長男、辛東主氏と次男の昭夫氏の争いが続いている。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月26日 11:48 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp