韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  マレーシアとシンガポールの越境高速鉄道、中国が受注に自信

マレーシアとシンガポールの越境高速鉄道、中国が受注に自信

マレーシアのクアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道計画に注目が集まっている。日本や中国のほか、韓国なども入札に参加する意向を示しており、すでに受注に向けた各国の競争は始まっている。 マレーシアとシンガポール両政府は7月に高速鉄道建設に向けた覚書に署名しており、2017年の入札実施、26年の開業を目指す方針だ。中国メディアの新華社はこのほど、同計画は主に日本と中国による競争となる見込みだと伝えつつ、「マレーシアにおいては中国に有利な点がある」と伝えている。

記事は、マレーシアとシンガポールを結ぶ越境高速鉄道のプロジェクト総額が100億ドルから150億ドルと見積もられていることを指摘し、その投資総額の規模から「高速鉄道技術を持つ国では大きな関心を集めていた」と紹介した。さらに、まだ入札は始まっていないが、受注に向けた競争はすでに始まっており、日中はもちろん韓国もKTXの売り込みを積極化していることを伝えた。 一方、マレーシアやシンガポールでは、入札参加者が多くなろうとも実質的には日本と中国の一騎打ちになる可能性が高いとの見方があることを伝え、中国はすでに同プロジェクトについて十分な検討を行っており、建設方法や投融資、人材育成や駅周辺の商業開発など「最適な提案ができる」と主張。

また、マレーシアの専門家からは「日本を含め、各国の技術に大きな差はない」との意見があがっていることを紹介。また、中国側はすでに同路線の起点となる駅周辺の商業開発において投資を行う計画であることを指摘したほか、すでに中国企業がマレーシアで車両生産工場を稼働させていることを指摘。越境高速鉄道の大半がマレーシア側に建設されることから、マレーシアとの関係構築に成功している中国が同プロジェクトの受注する可能性は高いとの見方を示している。
http://news.searchina.net/id/1617426?page=1


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
マレーシアとシンガポールの両国政府は22日、クアラルンプール―シンガポール間を結ぶ越境高速鉄道計画のコンサルティング会社の入札受け付けを始めた。計画全体の支援や技術面の助言を期待する。応札期間は9月5日までとなる。 コンサル会社は2017年に実施を予定する鉄道建設・運行企業の国際入札に向け、募集要項の作成などを進めるとみられる。建設・運行は東日本旅客鉄道(JR東日本)などの日本企業連合も受注を狙っている。コンサル会社には公平性が求められるため、日本連合は今回の入札には参加しないとの見方が強い。

シンガポールとマレーシア政府は19日、シンガポール―クアラルンプール間を結ぶ越境高速鉄道を2026年をめどに開業する方針を確認した。年内にも詳細を盛り込んだ2国間協定を結び、17年中の鉄道建設・運営会社の国際入札の実施を目指す。日本勢は新幹線システムの採用を働きかけており、中国や韓国勢などとの競争が本格化しそうだ。

国際入札で車両や線路などの建設・管理や、電車の運行にあたる企業をそれぞれ募集する。覚書では乗客の出入国審査などを出発地点のクアラルンプール・シンガポールのみで済ませ、国境での下車を不要にすることも確認した。 高速鉄道は2都市間の全長約350キロメートルを約1時間半で結ぶ計画だ。総事業費は未公表だが約650億リンギ(約1兆7200億円)との試算もある。両国首脳が13年初めに合意し、当初は20年の開業を目指していた。

日本経済新聞は、入札に向けて東日本旅客鉄道(JR東日本)などの日本勢はクアラルンプールに高速鉄道展示場を開設するなどアピールを続けているが、中国はナジブ首相が設立し、資金難に陥った国営投資会社「1MDB」の資産を高値で買い取るなどマレーシアに資金攻勢をかけており、中国が取得した資産には高速鉄道の発着駅周辺の開発用地も含まれる事から、受注競争は「今は中国の方が優勢」(外交筋)との見方もあると伝えている。

個人的には赤字になる仕事を受ける必要は無いと思うが…、今の中国での信用度の問題によるのではないか…。中国メディアの一財網は10日、マレーシアとシンガポールを結ぶ越境高速鉄道の投資総額は約150億ドルに達する見込みであり、日中のほか、韓国やドイツの企業も入札に参加する見通しだと伝えている。また日本については「ジャワ島の高速鉄道計画を中国に奪われたことの雪辱を誓っているはずだ」と報じているが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月29日 12:13 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(2)
国際入札
WTOのきまりで国際入札になるのだろうが、国際入札をやるには、
発注側に高度な審査能力が必要だ。それを代行するコンサルの
募集から国際入札のようだ。コンサル=工事発注にひもつきだろう。
こんなやり方で上手く行くのだろうか。
これもどうなるのか見物だ。インドネシアの先例がある。
[ 2016/08/29 17:57 ] [ 編集 ]
ビジネスライクに
 インフラ工事は儲かる物でも無いし、政治的な物でも無い、現地の人々が便利になり経済活動が活発になることが一番でしょう、インフラ工事を請け負う事はビジネスライクに自分は少し儲けて相手も儲かるのが一番、自分だけが儲かるような事は商売人のする事では無い。
[ 2016/08/29 19:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp