韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国紙、日韓スワップ再開論議を歓迎する一方で隠せない独特の“自尊心”

韓国紙、日韓スワップ再開論議を歓迎する一方で隠せない独特の“自尊心”

日韓財務対話が27日、ソウルで開かれ、緊急時にドルなどを融通し合う通貨交換(スワップ)協定に関し、昨年2月に終了したものに代わる新たな協定について議論を始めることで日韓双方が合意した。両国の関係が悪化していた昨年2月の“協定打ち切り”は韓国側の意向だったが、韓国で経済不安が発生するたびに、韓国側の政財界や一部メディアから日韓スワップ待望論が浮上していた。今回の再開論議は、一度は協定を蹴飛ばした韓国側の提案に日本側が応じた形。韓国紙は歓迎する論調の一方で、独特の“自尊心”をのぞかせている。

韓国経済新聞(日本語版)の社説は「韓日通貨スワップ再推進、正しいことだ」との見出しを掲げ、「2010年に韓米通貨スワップが終了した状況で世界最大の債権国である日本との通貨スワップは備えあれば憂いなしとみるべきだろう」と好意的に論評した。 一方、ハンギョレ(同)は「今回のスワップ再開議論は、韓日関係の改善という政治的背景が作用しているという見方が多い」と指摘。「世界貿易の決済比重が5%にも満たない日本円の地位や豊富な韓国の外貨準備高など、対外健全性を念頭に置く時、日本との通貨スワップを急ぐ経済的理由は大きくないためだ」と続けた。そのうえで、「専門家らは韓国の外国為替市場を根本的に安定させるための措置としては、日本より米国とのスワップ協定締結を強調する」と、日韓スワップが再締結されてもプラス面は限定的の見方を示した。

朝鮮日報(同)は、社説で協定再締結に向けた論議の意義を認めながらも、「通貨スワップは韓日両国にとって必要で再開されたものだ。韓国はさまざまな外貨の供給元を確保する必要があり、日本は急激な円高を抑えるために、国際金融市場に少しでも多く円資金を供給する必要がある」と強調。「今回の合意について、日本国内で『韓国がプライドを捨て、実利を得た』という声が出ることは望ましくない」と指摘し、あくまでも日韓相互にメリットがあると主張した。


スポンサードリンク


今回の論議をめぐり日本の新聞は、産経新聞(28日付け)が「韓国 体面より“実”優先」、日経新聞(同)は「韓国、メンツ捨て打診」との見出しで記事を掲載した。 また、共同通信は「円と韓国通貨ウォンの、国際市場での存在感の軽重から、日韓間のスワップ協定は日本が韓国を支援する側面が強い。韓国からの再開提案は日本への『お願い』と受け止められ、韓国では否定的な声が出る可能性がある」と配信(27日)した。

毎日新聞(28日付)は、2015年2月に協定打ち切りとなった経緯について、「日本側は韓国に対し『いざという時に必要ではないか(麻生氏=財務相)』と継続を打診したが、韓国側が拒否し、終了した」と伝えた。日本側が再開論議に応じた背景に関しては、中国の景気減速や英国の欧州連合(EU)離脱で金融市場の不透明感が増すなか、「地域経済の安定」につなげたいとの狙いを挙げた。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160830/frn1608301540003-n1.htm

2016-08-30-k001.jpg

【管理人コメント】
日韓スワップで日本は得るものが無いわけで、韓国のための補てんでしかない。そんな厄介な国を、また日本の傘下になど入らないだろう。日本政府は韓国の扱いに優しすぎるのではないか…。もっと冷たく引き離すべきだろうと思うが…。いつまでたっても大人になれな国では困りごとだろう、自分からスワップを断った国である。何とも野望の強い麻生太郎にしては、先走った感があるが…。最後の最後で、お断りすればよい男だが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月30日 17:46 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
韓国の豊富な外貨準備高からみて、日本との通貨スワップは経済的理由は大きくないと今の時点で言うのなら、締結後は必ず世界一借金の多い日本のため韓国が一肌脱いだと言い出す。 それが韓国です。

さんざん韓国に騙され続けているのに、何故いつまでも韓国を助けなければならないのか理解に苦しむ。
いい加減、見捨てる動作をしてほしいものです。
[ 2016/08/30 19:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp