韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  現在の中国経済、バブル当時の日本経済にも及ばないのが現実

現在の中国経済、バブル当時の日本経済にも及ばないのが現実

国内総生産(GDP)で日本を抜いて世界第2位となった中国だが、近年は経済成長率の低下によってさまざまな問題が顕在化している。生産能力の過剰や企業債務の急増といった問題のほか、不動産バブルの発生など、中国経済は深刻な問題を数多く抱えている。

こうした問題が顕在化しているためか、中国国内では日本経済の実力を改めて評価する声も高まっている。中国メディアの東方頭条はこのほど、中国は2011年に日本を抜いて世界第2位の経済大国となったとしながらも、「日本はアジアで前例のない高度成長を遂げた国であり、何よりも国土面積が38万平方キロメートルほどしかない島国」であることを認識すべきだと伝えている。

記事は、日本経済はバブル崩壊によって大きな傷を受けたとしながらも、バブル発生当時にはすでに世界一流の技術を持ち、完備された社会保障制度を有していたと指摘。現在の中国経済も当時の日本経済にはまだ及ばないのが現実であり、中国は日本を見下してはならないと論じた。

続けて、小さな島国であるはずの日本が強大な経済力を持つのは「まるで謎のようだ」としつつも、日本はイノベーションによって生産性を向上し、世界における競争力を維持してきたと指摘。バブル崩壊後の日本経済は成長率こそ低迷しているように見えるが、世界金融危機でも日本経済は大きく落ち込まず、成長率でドイツを上回る年もあったと指摘した。


スポンサードリンク


近年、中国経済はさまざまな問題に直面しており、投資に過度に依存した経済構造からの転換を迫られている。中国が経済構造の転換に失敗し、中所得国の罠にはまる可能性も指摘されている。中国において日本経済の強さを指摘する報道が存在する背後には、中国の経済成長率が低下したことで、これまで見えなかった問題が見えるようになり、安定して経済を成長させる難しさが認識できたためなのかもしれない。
http://news.searchina.net/id/1617662?page=1

【管理人コメント】
中国経済の成長が鈍化するに従い、中国国内では経済の先行きに対して不安の声が高まっている。「中国経済はバブル崩壊後の日本のように衰退するのか」、「中国も失われた20年を迎えるのか」などといった報道は枚挙にいとまがない。だが、中国メディアの網易はこのほど、中国国内で見られる「先行きを不安視する報道」の数々について、「中国はシャドーバンキングや不動産バブルといった諸問題を解決できるかどうかを懸念している」と指摘する一方、現在の中国経済を1980年代末の日本経済と比較するのは間違っており、「中国経済は当時の日本と同一に並べて論じれるほど発展していない」と主張した。

記事は、「現在の中国の発展段階は当時の日本にすら劣るのが現状」であり、現在の中国経済が1980年代末の日本経済と同等であると考えてしまうのは「錯覚である」と指摘。さらに、日本のバブル発生から崩壊までを振り返りつつ、現在の中国経済と当時の日本経済には「国内総生産に対する貸付比率が上昇し続けている点」や「資産バブルが起きていること」、「生産年齢人口の減少や人口構造の変化」といった点で類似していることは事実と指摘。

中国メディアを訳して記事にしているサーチやレコードチャイナなどは、ピンボケの記事になるわけで、国も違えばシステムも違うわけだが、13億人の国を統制を取る事だけでも異常事態なわけで、挙句に経済を語るとしても、9億人近くは農民である。基本は自給自足民の国であるというのが一つある中で、世界企業が進出し限られた都市だけが高度成長したが、環境汚染が進み、地方工場にも広まっている状態だという事。すでに国土の1/3の土壌が汚染され、河川も同様であるから、もう自国民の生活は環境汚染で異常と化しているわけで、農作物は大変な状態である。

従って実施する事は農民バランスを含めた自国経済の在り方であるから…、
無理を通せえば何とやらにならない様にする事である…。
日本と比較する以前の問題である…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月31日 13:41 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)
一例
中国、韓国(日本以外といってもよい)と日本の差を実感するのが、バスです!
私は中国駐在中に中国のバスはなんでこんなに揺れるんだ?と思っていました。
本日、日本のバスにのって詳しく調べて分かったことがあります。
日本の道路の平坦さははんぱない!
日本の路線バスはなんと停車するごとに出入り口方面にすこし傾く(出入りしやすいため)。
日本のバスは車高が低い!揺れが感じられにくい。これはすごい技術。ここがすごい。中国のバスはほとんどドイツ製か韓国製。
ゆれがひどい!車高が高いからのりにくい、乗り心地最悪。おまけに、この時代に、絶対に毎日どこかで町中でバスが故障で止まっている。こんなの日本ではありえない!
日本のバスはサスペンションがはんぱない!
という感じで日本以外の国の人は低レベルの技術しかなくてかわいそう。。。(エッツ?日本のバスを輸出すればよい?実は。国内需要だけで一年待ち。。。しょうがないから現代からここ数年、10台/年、輸入している状況。それをしらない、韓国は「日本で現代が大躍進とかほざいている」本当にアホで困った国だし、国民だ。。。
[ 2016/08/31 17:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp