韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  権力意識が招いた朝鮮日報の屈辱

権力意識が招いた朝鮮日報の屈辱

朝鮮日報がソン・ヒヨン前主筆の辞表を受理し、読者に謝罪した。ソン前主筆は被疑者として検察の調査を受けるまでになっている。この事件が大統領府のウ・ビョンウ民政首席の疑惑に関連していることは事実だが、事態がここまできたのは朝鮮日報の責任も大きい。

朝鮮日報はこれまで言論の権力として万能に近い力を振りかざしてきた。大統領選挙になると気に沿う候補を当選させるために強大なメディアの影響力を悪用することで非難されたのは1、2度ではない。新しくは2013年に権力の中枢からはずれたと見られたチェ・ドンウク検察総長を締め出すのに決定的な役割を果たす疑惑にまみれた。このような朝鮮日報が同じ穴の仲間とも見られた大統領府に対立して首脳陣が辞任して検察に召喚されることになったのだから、後頭部を殴られたようなショックを受けたに値する。しかしこの状況は朝鮮日報自らが招いたものだ。マスコミの道から大きく外れて、法の上の権力として君臨してきたのが朝鮮日報の過去数十年の歴史だ。ソン前主筆が大統領府の首脳を会社のオフィスに呼んで、大宇造船海洋のコ・ジェホ前社長の再任を依頼したことが言論権力者としての朝鮮日報の姿を象徴している。

今回の事態に関して朝鮮日報の対応姿勢も残念だ。朝鮮日報が8月31日付の1面で「読者に謝る」として表明したのは当然のことである。しかしこの事件をソン前主筆の個人の「逸脱行為」と規定して、「指摘されている疑惑は今後厳正に是是非非が判明する」とだけ言及しているのは責任あるマスコミの姿勢ではない。


スポンサードリンク


ソン前主筆は単純な個人ではなく新聞の顔のような席にあった要人だ。危急の状況を脱しようとトカゲの尻尾切りのような対応をしようとしているのでないならば、朝鮮日報は自らの調査を通じてまず事実を明確に明らかにすべきである。今のような玉虫色な形でやり過ごすような態度によって、同紙は何かもっと大きな弱みを権力に握られているのではないかという疑惑が出ているのだ。

朝鮮日報は今回の事件を契機に度を越した権力意識を捨てて、マスコミ本来の姿に換骨奪胎すべきである。朝鮮日報は今回も従来の姿から脱皮できなければ、第2、第3のソン・ヒヨン騒動が起きない訳にはいかない。今回の朝鮮日報の事件はマスコミ界全体にも警鐘を鳴らしている。権力監視という任務に背いて、政治・経済の権力に癒着したり、つまらない権力を私益に利用していることはないか言論界は深く自省すべきである。
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/25064.html

【管理人コメント】
本来権力を監視し批判すべきマスコミが、巨大なメディア産業と化して権力そのものになってはいないか…。
組織ジャーナリストは、メディア企業人となって、公権力との距離を見失い、市民の目線から遠ざかっていないか…。

私自身、今の仕事をするようになると、発信する側として経験値やいろんなことが備わり、有名になるにしたがって、自分が世の中を動かしているような妄想に包まれる事があるのは事実ですね~。まして朝鮮日報は選挙時の裏があるだろうし、何より政府と裏でつながっている人物がいるのがメディアの世界でもあるわけで、日本でも朝日や読売などと日本政府そして韓国メディアの裏繋がり等々…。売国メディアと言われても日本国民の意思を重要視するように見せかけては、今日まで来ているのも事実。

陰には実力者や、政府や経済界とつながったコメンテーターや有識者たちを持つメディアは、気が付くと政治すら動かす権力者と化している企業体と勘違いしていることも多々あるのではないか…。本来はあるべきことを正しく、視聴者に伝えることが仕事であるにもかかわらず、社説やコラムが独り歩きする様では困りごとである。韓国メディアは反日政策もあり、反日記事が減少した今でも社説とコラムがメインではニュースサイトでは、もはや違う道筋となっている。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月01日 09:39 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp