韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  “爆発”主張相次ぐギャラクシーノート7、供給一時中断へ

“爆発”主張相次ぐギャラクシーノート7、供給一時中断へ

発売から未だ10日余りのスマートフォン「ギャラクシーノート7」が、充電中にバッテリーが爆発したという主張が相次ぎ、サムスン電子が供給を一時中断し調査を始めた。サムスン電子は今週初めから韓国国内の移動通信3社に対するギャラクシーノート7の供給を中止していたことが分かった。

サムスン電子はギャラクシーノート7の相次ぐ「バッテリー爆発」情報提供(ハンギョレ8月31日付19面)と関連して、31日「ギャラクシーノート7の品質点検のための追加検査を実施中のために出荷が遅れている」と明らかにした。相次ぐ情報提供の内容については「調査を進行中であり、結果が出れば迅速に知らせる」と明らかにした。

今週初めから入庫が中断されていたが、移動通信3社は供給中断と関連してサムスン電子側から明確な話は伝えられていないという。SKテレコム関係者は「物量供給を中断するという話は聞いていない、ただし最近代理店側への入庫が遅れているという話は聞いた」と話した。LG U+の関係者は「供給を中断するという通知は受けていない」として「毎日入庫するわけでないうえに、サムスン電子側の明確な答も聞けず供給中断だったのかはっきりしない」と答えた。

ギャラクシーノート7に対する情報提供は、今月24日に携帯電話ユーザーコミュニティの「ポムプ」に、ボーイフレンドのギャラクシーノート7が夜明け、充電中に爆発したと主張する文と写真が上がったのを始め、一週間に5件の情報提供が上げられた。ツイッターなどソーシャルメディアを通じて関連する写真と事情が急速に拡散した。


スポンサードリンク


自身のブログに弟妹の焼けたギャラクシーノート7の写真を上げたあるネチズンは「現在、サムスン電子サービスが回収および補償について弟妹と話し合っている状態」という文を載せもした。ユーチューブには海外のユーザーが、同様な経験をしたという内容を、焼けた製品の写真と共に上げた。一部の専門家は充電中に爆発したのが事実ならば、過電流防止装置に問題がある可能性を提起した。

予約販売まで行われ大人気を呼んだ新製品が、供給を中断したため販売に支障が避けられない展望だ。ある移動通信社の関係者は「ただでさえギャラクシーノート7は物量が足りなくて、代理店で予約販売者にも提供できなくなっていたのに、完全に入らなくなり販売が不可能な状況」と話した。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/25056.html

【管理人 補足記事&コメント】
中央日報は、サムスン電子が先月19日に発売した大画面スマートフォン「ギャラクシーノート7」の供給が中断した。消費者からバッテリー欠陥問題が相次いで提起され、会社側が全数調査に入ったと伝えた。移動通信業界によると、サムスン電子は30日、各通信会社へのノート7供給を中断した。40万台以上の予約販売と新規開通の問い合わせなどのため供給が不足していたが、入庫されないのは初めて。サムスン電子は「ギャラクシーノート7の品質点検のために追加の検査を進めていて出荷が遅れている」と公式立場を明らかにした。

ノート7がバッテリー充電中に爆発したという主張はこの1週間で2回あった。まずは先月24日、あるオンラインコミュニティーで始まった。ノート7が黒く焼けた写真とともに「購入して1週間も経っていないノート7がバンという音を出しながら爆発した。オンドルの床とふとんも黒く焦げた」というコメントを載せた。先月30日には別のソーシャルネットワークサービス(SNS)に焼けたノート7の写真が登場した。ネットユーザーは「サムスン電子が現場を確認し、補償問題を話し合っている」とし「万が一に備えて必ず正規の充電器を使用し、充電する時は体から離して置くのがよい」と書き込んだ。サムスン電子はまだ中間調査の内容を明らかにしていないが、業界はノート7に欠陥が見つかったと推測している。

移動通信業界の関係者は「バッテリー爆発問題が最初に提起されてから1週間ほど『該当製品を回収して綿密に調査している』という立場だけを明らかにしてきたサムスン電子が、追加の調査を発表したのは、少なくとも2人のネットユーザーが虚偽でコメントを載せたのではないという証拠」と話した。今回の事態で好調だったノート7の販売は打撃を受けることになった。現代証券のキム・ドンウォン研究委員は「核心部品やソフトウェアの欠陥なら販売に大きな影響を及ぼすだろうが、モジュール型部品の問題なら、これを交換することで販売の回復は可能」とし「結局、どのような部品の欠陥で問題が発生したかによって影響の大きさが変わるだろう」という見方を示したという。

サムスン電子側は、製品に欠陥があるかどうかを今明らかにすることはできないとし、しかし調査の結果をそのまま明らかにして事態の収拾について話し合うと伝えてはいるが、スマホはもともと危険が伴う。バッテリがなんらかの原因でショート状態になれば、加熱し爆発に至ると考えれば、バッテリ側の問題とスマホ設計の問題が掲げられるが、左側面が焼け焦げたようにひどく損傷していることから原因はすぐ出るのではないか…。

これでサムスンスマホの信頼性は無くなった事になる。
墓穴を自分で掘っては、売れる商品が売れないどころか…、
賠償問題に発展すれば大赤字と化すだろう…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月01日 11:02 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
どういうことなんでしょうか?
いままでも同様なバッテリー供給してたのに、今回だけ?
あのバッテリーは液体だから、そもそも安定していない。だから、あのソニーでも手放した。
しかし、今回の件はそういう問題ではなさそう。日本にはイオン伝導を計測する実験施設や計算するスパコンが関東にも関西にもあるが、韓国にはない。そうなんだろうな。急速充電とかワイヤレス充電とか先進国の技術に飛びついて、それを真似てやっただけ。実際どういう挙動するとか調べもせずにやるからこうなる。一方、その裏では、2ちゃんでアルバイトやとってソニースマホをけなしている。なんとも情けない会社だね。でも韓進海運が動いてないから、製品出荷とめるといわなくても製品物流止まっていますが。。。
[ 2016/09/01 22:18 ] [ 編集 ]
電池の不良
サムスンはギャラクシーノート7を全数リコールして
電池交換するらしい。
電池のドカ不良がスルーして市場に出てしまったのでしょう。
これでサムスンの新発売大量出荷の戦略は1敗。
[ 2016/09/01 23:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp