韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ギアS3、より時計らしくなったウェアラブル

ギアS3、より時計らしくなったウェアラブル

三星(サムスン)電子が、アナログ時計に近い形のスマートウォッチの新製品を発売した。スマートウォッチ市場の拡大があまり進んでいない現状の中、より抵抗感の少ないデザインで、大衆化に乗り出すという戦略だ。グローバル市場調査会社「IDC」によると、今年第2四半期(4〜6月)のスマートウォッチ市場規模は計350万台と、昨年同期より30%以上も減っている。三星電子が先に口火を切った中、アップルも来月初頭、より「時計らしい」アップルウォッチの新製品を出すものとみられ、デザインの競争力が市場の勢力図にどんな影響を及ぼすのか注目を集めている。

●最も時計らしいウェアラブル
三星電子は、自社のモバイル決済サービス「三星ペイ」を搭載したスマートウォッチの新製品「三星ギアS3」を、31日(現地時間)、ドイツ・ベルリンのテンポドロームで公開した。三星電子がギアS3を公開しながら最も強調したのは「時計らしさ」だ。三星電子は、当初ウェアラブル市場に挑戦した時は、「ウェアラブル機械だ」と主張した。しかし、思い通りにスマートウォッチ市場が大衆化されず、デザインの側面により力を入れている様子だ。ギアS3は、前作のようにスマートウォッチと伝統的時計らしさを同時に具現化するために、二つのモデルを発売した。屋外活動を好む活動的消費者のための「フロンティア」モデルと、伝統的ブランド時計らしさを最大化した「クラシック」モデルだ。

フロンティアモデルには、従来のスマートウォッチの感性を溶け込ませている。ステンレスが与える素材特有の感性を生かして時計の本体を構成したが、手が触れる右側の楕円型ボタンの部分はポリウレタンで、時計バンドはシリコン素材をあしらった。一方、クラシックモデルは伝統的時計の感性を強化した。分単位に刻まれている時計の目盛りを、レーザーで精巧に刻んで固定させた。右側のボタンはステンレスで仕上げて、本体と一致させた。時計バンドは皮素材となっている。


スポンサードリンク


時計らしさを示すための努力は、アンパック公開イベントのいたるところで明らかになった。ホログラム手法を活用したイベントで、
観客の目を虜にした主人公は、ほかならぬ伝統時計関連専門家だった。ギアS3デザインに参加した時計デザイナーであるイヴァン・アルパ氏や、時計の画面や時計バンドのデザインをコラボした世界的アーティストであり産業デザイナーでもあるアリック・レヴィ氏、ラグジュアリー時計専門ブロガーであるアリエル・アダムス氏は、トークショーを通して、ギアS3が時計として持っている価値やデザインなどについて紹介した。アルパ氏は、スイスの名ブランド時計「ウブロ」の人気モデル「ビックバン」をデザインした。

●手首で決済完了
三星ペイの性能はより強化された。従来のギアS2は近距離無線通信(NFC)方式の決済のみの対応であったが、マグネティックセキュリティ伝送(MST)方式も同時に対応することにより、ユーザーの利便性を向上させた。これまで、国内売り場では、その大半がMST方式であり、ギアS2の三星ペイの活用度が低かったが、これからは従来の決済端末でも決済が可能になる。ギアS3は、位置情報と関連して、別途の全地球測位システム(GPS)を搭載しているので、移動距離や心拍数、運動時間など、様々なフィットネス情報をすぐ確認することができる。自ら高度や気圧、速度を測定するので、正確な運動量測定も可能になる。
丸いホイールを回して電話に出られるようにするなど、ユーザー環境(UX)も改善した。従来の製品は画面に触ったり、押したりしてこそ受信が可能だったのに比べ、手袋をはめていたり、画面が見られない状況でも通話ができるようになった。
http://japanese.donga.com/List/3/02/27/734224/1

【管理人 補足記事&コメント】
グローバル市場調査会社「IDC」は最近、今年第2四半期(4〜6月)の全世界のスマートウォッチの出荷台数は昨年同期(510万台)より31.4%減少して350万台と集計されたと発表した。市場シェア首位のアップルの同期間の出荷台数は160万台で、前年同期(360万台)比55.6%が減少し、全体スマートウォッチ市場規模そのものが減った。一方、同期間、三星電子は60万台を販売して、市場シェア17.1%と集計された。出荷台数は前年同期比50.0%伸びた水準であり、市場シェアは7.8%から2倍以上に伸びた。数値からみれば、2014年9月、アップルウォッチの発売後、市場を先導してきたアップルのシェアを三星電子が相当追いついたものとみられる。2013年8月に「ギャラクシーギア」を、2014年8月に「三星ギア3」を、昨年9月に「三星ギアS2」を次々と披露してきた三星電子が、アップルが新製品発売を遅らせる間に善戦したと東亜日報が報じている。

もともと少ない台数でちょっと伸びれば大きな数値で善戦する事になる。
時計端末は、 pebble のほうが人気があるのではないか…。新型よりは旧型のほうが多く売れたと思うが、それでもやはりアップルウォッチに関心が集まるのだろう。私は pebble スチールを購入し使っているが、表示は白黒だが、高級感もあり、バッテリー持ちも長く常時表示している。有機ELであるから、バックライトなしで普通は十分である。明るい場所に出るほどに綺麗に見える。アップルウォッチの防水性やバッテリー持ちが伸びれば、形が良くて、金額が安ければ、切り替えても良いかなと思うが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月01日 11:34 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
これ訴えられかけているやつ
この商品はスイスの高級腕時計とそっくりだから訴えられかけているやつですね。
[ 2016/09/01 19:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp