韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン「ギャラクシーノート7」250万台全量交換、リコール費用最大1860億円

サムスン「ギャラクシーノート7」250万台全量交換、リコール費用最大1860億円

充電中に爆発したとの通報が相次いでいたサムスン電子の新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」について同社は販売を約2週間中断し、全世界10カ国に供給した製品すべてを新製品に交換するリコール(無料回収・修理・交換)を行うことになった。サムスンがスマートフォンで大規模なリコールに踏み切ったのは今回が初めてだ。19日に発売されたギャラクシーノート7はこれまで合計250万台が全世界で流通しており、このうち150万台が実際に消費者に販売された。販売を中止して流通している全製品を回収、新製品と交換することから、販売損失を考慮したリコール費用総額は最大2兆ウォン(約1860億円)前後に達すると予想される。

サムスン電子のスマートフォン事業を総括する高東真(コ・ドンジン)無線事業部長(社長)は2日、ソウル市中区太平路のサムスン本館で記者会見を開き、「使用中にご不便をおかけしたお客様や弊社製品をご愛用くださるすべての皆様にご心配をおかけして大変申し訳ない」と謝罪、「購入時期に関係なく『ギャラクシーノート7』を新製品に交換し、消費者がご希望なら返金に応じる方針だ」と語った。

「ギャラクシーノート7」の爆発原因については、「9月1日現在、国内外で計35件の被害例がサービスセンターに届けられた。弊社の分析の結果、バッテリーの絶縁機能に問題があった」と説明した。協力会社のバッテリー製造工程で微細な誤差が発生し、陰極と陽極が触れて発火したとのことだ。これにより、韓国国内のユーザーは今月19日からサムスンのサービスセンターで「ギャラクシーノート7」を新品と交換できるようになる。19日より前でも無償修理を受けることは可能で、消費者が希望すれば別製品の貸与を一時的に受けることもできる。サムスン電子がリコール計画を発表したのは、先月24日に初めて製品爆発の通報があってから9日目のことだ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/03/2016090300355.html


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
同製品について同社が国内外で受け付けた不具合は35件だが、新製品への交換はすでに供給された250万台すべてを対象にするという。 一部の製品を対象としたバッテリー交替ではなく、全製品を対象に交換を受け付ける措置は予想を超えた対応で、莫大な費用がかかるものの、消費者の信頼を向上させる狙いがあるものとみられる。リコールにかかる費用は1兆ウォン(926億円)から1兆5000億ウォンと推定されている。

不具合発生により受けたイメージダウンを、予想を超えた積極的な対応で回復させ、さらにはイメージアップを図ることができるか注目される。 高東真(コ・ドンジン)無線事業部長(社長)は会見で、「中国を除いた10カ国でギャラクシーノート7の販売を中止し、新製品への交換、返金などの措置を取る」と説明した。 事故原因を迅速に把握し、消費者の信頼を回復させるための意思を明確に示したことで、同社の今回の対応は消費者からも肯定的に受け止められるものとみられる。

聯合ニュースは、業界では同社の李健熙(イ・ゴンヒ)会長の長男である李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が全商品を対象としたリコールを決定したとする見方が強いと伝えている。 李副会長は昨年6月、中東呼吸器症候群(MERS)が韓国で流行した際もサムスンソウル病院で不手際があったことについて謝罪会見を行った。社内では李副会長が直接会見を行う必要はないとの意見もあったが、結果的には病院の運営主体であるサムスン生命公益財団の理事長として、正しい判断をしたとの評価を受けた。

サムスン大打撃という事だ。スマホのリコールで交換と言う前例はないのではないか…。前記事でも記載したが、交換した製品が爆発したら逃げ道は無い。今回の損害額はこの程度では済まないだろう。株価手低下のみならず、賠償問題もあるだろうし、様々な損害を考慮すればさらに拡大する。株価に影響が出れば単位は一ケタ変わるだろう…。サムスン会長は製品交換と言う処置を取ったという見方が正しいという評価だが、私は逆効果だろうと考える。交換するにしても商品が良いという評価を短期間で出来るはずがない。しかもバッテリーセルが原因ならば全滅だろう。

少なくともセルを作り替えて評価するだけでも、今月で終了するのは遠いはず。従って金額返却のほうが一番良い対応だろう。ギャラクシーノート7はバッテリー安全対応強化商品とし、新たなバージョンアップ機能を加えて新製品として売り出すことのほうが望ましいと思うが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月03日 11:34 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(3)
電池の内部短絡のようだ
文面からすると、ギャラクシーノート7では「電池内部短絡」が発生したようです。
内部短絡はリチウムイオン電池の基本的永続的問題であって、
たまにこける品物が出る。今回サムスンは対象母数が非常に大きな事故。
しかも、電池を信頼した設計で、電池着脱式ではなくて、電池一体式。
これはスマホまるごと回収です。

パナソニック、電池内部のショートを防ぐ
“安全かつ高容量”のリチウムイオン (2006.12)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/1219/pana.htm

このレポでいう
>4つ目の電池内部で短絡した場合は、システム上、保護できない。
[ 2016/09/03 15:49 ] [ 編集 ]
日経のあほ
日経電子版?にサムスンの事故でサムスンに部品供給している日本企業がやばいというガセネタを書いていましたが、おい!記事書いた記者!てめえ日本から消えろ!なめとんのか!!!調べてから記事かけ!ぼけ!あほ!
サムスンはイメージセンサーなどのどうしても日本製というの以外は日本の部品使っていません!!!さらに、最近はイメージセンサーも韓国企業を選択しようとしている。理由は脱日本製品と低級と高級にわけている。別に日本製がおとっているわけではなく、中国製、韓国製、台湾製がやすいので。低級は日本製部品はほとんどないんじゃないかな。わかったか!マスゴミ!!!
それと、サムスンがこければ、ソニー、京セラ、シャープ、富士通製品が売れるんじゃ!ぼけ!あほ!
サムスンは強引な販売だけで売っとんじゃ!その強引な会社がなくなれば、日本製売れるんじゃ!お前らの得意な文系分野のマーケティングや販売戦略知らんかったら、記者どころか人間失格やろ!!!ええか?マスゴミ!お前ら人間失格なんじゃ!!!
サムスンこけても日本製品売れる!理由は上記。分かったか?ぼけ!
[ 2016/09/03 18:58 ] [ 編集 ]
日経にバイアス
田中さんのコメントを見て思いましたが、日経は中国や韓国のこととなるとバイアスがかかるのではと思います。
IMF資金調達の後、韓国経済の立ち直りを見て、礼賛の音頭取りを日経はした。選択と集中して経済改革をした結果と褒めてましたが、財閥への偏重によりサムスンや現代が生き返ったに過ぎなかった。銀行は外資に乗っ取られ、大企業の株も外国人が占めており利益は外国に持っていかれる構造となった。このことを日経は何もコメントしていない。
4年前に中国に投資するチャンスと日経があおってましたが、そのころから日本企業の中国撤退は本格化していた。続いてアメリカ企業も中国から逃げはじめ一番遅れた韓国企業が最もみじめな状態になっている。4年前に中国経済の変調は起きていたのに日経記者は見逃していた。
日経の記者は中国や韓国に相当甘い目で見ているのではないのかな。経済情報を冷静に分析するならこれほど見当違いなことは書かないと思う。
[ 2016/09/04 10:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp