韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  平昌冬季五輪、韓国はどんなメッセージを発信するか

平昌冬季五輪、韓国はどんなメッセージを発信するか

平昌冬季五輪まであとどれくらいあるのか調べてみて驚いた。開幕日となる2018年2月9日まであと1年5か月しかないのだ。全く実感が沸かず戸惑うとともに、わずかに良心の呵責(かしゃく)のようなものを感じた。

筆者はこれまでに開催された冬季五輪の現場を3度取材した。いずれも、何度でも戻りたい素晴らしい思い出だ。しかし、振り返ってみれば筆者は他国の祭典を訪れてあら探しばかりしていたような気がする。2006年のイタリア・トリノ五輪では財政不足や競技場の工事遅延などを指摘した。10年のカナダ・バンクーバー五輪では、スピードスケートリンクの製氷機が故障して競技が遅延したために、当時「5度目の五輪出場」だったイ・ギュヒョク選手がコンディション調整に失敗し、メダルを逃したという記事を未練たっぷりに書いた。14年のロシア・ソチ五輪の開幕前には「(一つの個室に)洋式便器が二つ並ぶトイレが話題になっている」という内容の記事を書いた。「50兆ウォン(現在のレートで4兆6000億円)以上もの資金を投じて準備したというのに、これは何だ」という西欧メディアの批判に便乗したような形だった。

ところが、いざ自国・平昌の番になると、心配が押し寄せてきた。韓国で初めて開催される冬季五輪が外国メディアの「偏った目線」で見られたらどうしよう、という不安からだ。韓国は五輪をはじめ、サッカーのワールドカップ(W杯)、陸上の世界選手権、アジア競技大会といった大きなスポーツイベントを一通り開催した経験があるが、大会運営のノウハウを蓄積・共有するという面では信じがたいほどずさんだった。国際オリンピック委員会(IOC)との対話窓口になっている平昌冬季五輪組織委員会委員長も過去2年の間に2回も変わった。組織委の中心メンバーである中央政府と江原道から派遣された公務員の中には、14年ソチ五輪を見学・観戦する「オブザーバープログラム」に参加したにもかかわらず、現場での経験を業務に反映させるどころか元の所属省庁や機関に戻ってしまったメンバーが30人余りもいると聞く。

せめてもの救いは、かつて長官を務めた経験のある新組織委員長が5月に就任し、組織内の公務員の綱紀を正し、財政問題については政府との円滑な意思疎通を図ると述べたことだ。平昌冬季五輪は江原道だけのイベントではない。全国民を一つにした2002年のサッカーW杯韓日大会のように、韓国全体の祭典としてつくり上げてこそ成功するのだ。政府が推進する原州-江陵間の鉄道複線化が完了し、第2嶺東高速道路が完成すれば、山と海を四季それぞれに楽しめる観光リゾート地・江原道が、まるで首都圏のように近くなる。五輪が残す最高の遺産は、もうすでに手に握っているようなものだ。国民が将来的にずっと誇りを抱けるよう、大会を無事成功させることに国のパワーを集中させればよい。

ブラジルで開催されたリオ五輪の閉会式では、次期大会の開催地である日本の安倍晋三首相が自国のゲームのキャラクター「スーパーマリオ」に扮(ふん)して登場するというサプライズを行った。12年のロンドン五輪の閉会式では、英国のエリザベス女王が映画『007』シリーズの主人公、ジェームズ・ボンドにエスコートされてヘリコプターに乗り、会場の上空からパラシュートで飛び降りるという演出があった。

平昌五輪の開会宣言は、退任を半月後に控えた朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が行う。新たに就任する次期大統領も出席するだろう。開会・閉会式の演出チームは、権力交代の時期と重なる平昌五輪で、この珍しい場面にどのようなメッセージを込めて世界に発信するのか、考えに考え、頭を悩ませるべきだ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/02/2016090201563.html

【管理人コメント】
朝鮮日報記者はそんなお粗末なコラムを記載しているようでは困りごとだが…。開催出来るかどうかすら不明の冬季オリンピック…。開催できたとしても、開催にあたっての出来事は良い事は一つもないだろう。二度と韓国で開かれる事も無いのではないか…。今は必死に自国で開催可能なように自国メディアはは政府を導くしかないだろう。ところが韓国メディアまで他人事では困りごとである。メダルの心配云々の記事よりは、開催云々の記事のほうが正しいのでは…。。。



関連記事
最新コメント


ブログパーツ
[ 2016年09月04日 09:51 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL