韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  金正恩氏が直面する3大危機

金正恩氏が直面する3大危機

これまで70年にわたり社会主義の看板を掲げながら封建的3代世襲体制を続けてきた北朝鮮の金氏王朝が、今最大の危機に直面している。その大きな理由は、いわゆる最高尊厳(金氏)の信任を受け資本主義国家でその役割を果たしてきたエリート外交官たちの亡命が相次いでいるからだ。もちろん外交官の亡命自体は以前からあったが、最近は外交官の中でも非常に高い地位にある者の亡命が目立つ。これは北朝鮮体制の内部で深刻な亀裂が生じていることの裏付けでもある。

金正恩(キム・ジョンウン)政権は以前にはなかった三つの大きな危機に直面している。その中で最も重大な問題として挙げられるのは、金正恩氏自らのリーダーシップの危機だ。金正恩氏の行動は今やほぼ「狂人」のレベルといっても過言ではない。例えば金正恩体制になってからすでに70人以上の幹部が高射機関銃によって処刑され、遺体が跡形もなくなってしまったことなどその端的な例だ。かつての金日成(キム・イルソン)主席や金正日(キム・ジョンイル)総書記は、重要な政策決定を下す場合は必ず参謀や専門家の意見を聞き、部下の管理も徹底して行っていた。絶対君主の国では遠くにいる民衆よりも、側近を管理することの方が重要だからだ。ちなみに金正日総書記が側近を徹底して管理し権力を維持してきたことも広く知られている。金正日総書記の時代、人民に対する公開処刑はたまに行われることもあったが、幹部の公開処刑は非常に珍しかった。

ところが金正恩氏の時代になると状況は一変した。金正恩氏の叔父に当たる張成沢(チャン・ソンテク)元国防副委員長の生前であれば、彼がある程度ブレーキをかけることはできただろうが、その処刑後は誰も金正恩氏を制止することはできなくなった。ちなみに金正日総書記は1994年にはすでに核実験の準備を終えていたが、実際に核実験を行ったのはそれから12年後の2006年になってからだった。国内外の状況を慎重に見極めた上での判断だったのだ。これに対して16年1月に行われた4回目の核実験は、北朝鮮では誰もがそのリスクについて理解していたはずだが、結局は金正恩氏一人の決定によって強行され、結果的に世界が北朝鮮に制裁を加える状況を招いてしまったのだ。


スポンサードリンク


2番目の危機は国家安全保衛部(秘密警察)中心となった権力構造の変化だ。金正日総書記は朝鮮労働党組織指導部を中心に権力を掌握し、下部組織を管理していた。ところがこの組織指導部は張成沢氏の処刑に反対したため、今はその権威が揺らいでいる。影響で彼らは党組織秘書大会を自ら開催し、権力の核心である組織秘書たちが自己批判を行うという、これまでは考えられなかった事態も起こっている。

張成沢氏の処刑を執行した国家安全保衛部が組織指導部の幹部らを処刑する越権行為が相次いだ影響で、最近は保衛部で部長を務めるキム・ウォンホン氏が力を持つようになり、「キム・ウォンホンの時代になった」とまで言われているそうだ。また2014年にも組織指導部の副部長を含む労働党幹部11人が処刑された。このように保衛部を中心に不正腐敗の連鎖が形成され、敵対勢力を陥れ壊滅させる権力闘争が日常化する傾向まで見られるようになったのだ。

三つめの危機は経済状況の悪化だ。今やこの問題は北朝鮮体制の生存が危ぶまれるほどの段階に至っている。ちなみに金日成主席の時代は内閣中心の経済体制だったが、金正日総書記の時代になると朝鮮労働党39号室の経済政策と軍需経済が北朝鮮経済の中心になるという、まさに奇形とも言える経済構造へとすでに変わってしまっていた。宮廷経済とも呼ばれる39号室は、金氏王朝のぜいたくな暮らしや権力維持のための裏金を確保する組織で、いわば北朝鮮政権の私有化を支えている。それには最低でも20億ドル(約2100億円)は必要とされており、これだけあれば市場を拡大せずとも側近を管理し、金氏王朝はぜいたくな暮らしを続けながら生きていくことができた。

ところが金正恩氏による相次ぐ核実験とミサイル発射により、最近は中国まで国連制裁に加わってしまった影響で、39号室の収益を支えてきた金や亜鉛、石炭などの輸出が中断し、宮廷経済が事実上のまひ状態になってしまっている。これに無駄な箱物建設まで重なった影響で、各国に駐在するエリート外交官たちは本国からの資金上納の圧力に耐えられなくなり、最終的に脱北を選択するに至っているのだ。 これら金正恩体制下での総体的危機を克服する打開策は、今のところどこにも見当たらないのが現状だ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/02/2016090201560.html

【管理人コメント】
日本敗戦後、70年間を振り返れば、アジア通貨危機そして韓国通貨危機と、韓国再編で近隣諸国から手助けされて、今では外資に助けられての国である。外資は程よく利用すれば別段悪いわけではないが、自国GDPと自国民の生活はリンクしないで、財閥企業だけを政府が後押しし、財閥だけ儲けられる国の構造として、政府と財閥の癒着の絶えない不正社会を構成したことを考えれば、北朝鮮のぽうが立派だろう。貧しくても自給自足で頑張ってきたわけである。

金正恩は若いだけに何を実施するかは不明な部分は多いだけに危険ではあるが、何もできずに70年間も韓国だけ恩恵を受けてきたわけであるから、金正恩氏が直面する3大危機等と言うコラムを記載している暇など韓国メディアにはないのではないか…。数年前から朝鮮日報は特にレベルが低くなった。中央日報のほうが自国経済をよく理解しているのではないか…。北朝鮮との対話もままならない状態で統一など出来るわけもない。まして北と南の分断の歴史をよく勉強する事である。韓国に権は無い。

アメリカと旧ソ連で有るロシア抜きで統一できることは無い。まず二つの大国首脳を説得し、北朝鮮と対話しつつ、国をどうするのかと言うシステムさえ提案できないわけで、日本統治下から解放されても、そもそも北と南の政局の違いで歩み寄りが出来ないことが分断に至った理由なわけで、朝鮮戦争においても北朝鮮にまけて、アメリカに押し上げられたが、ロシアがいち早く朝鮮半島を積極的に抑えたら韓国は無いわけで、アメリカに助けられたとはいえ、日本に無条件降伏し、北朝鮮に敗退した国である。近隣諸国に支えられても通貨危機を起こし、そして今崩壊の危機に直面している韓国を考えれば、このようなコラムを掲載している状態ではないのが今の韓国ではないのか…と言いたいが。。。、



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月04日 10:09 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp