韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓進海運問題で揺れ動く世界の海運市場

韓進海運問題で揺れ動く世界の海運市場

世界7位の海運会社である韓進(ハンジン)海運が1日に法定管理に入り、世界の海運市場が揺れ動いている。韓進海運の抜けた穴を狙った大手海運会社が船舶運賃引き上げを主導し市場の地図が変わっている。一部では2008年以降低迷していた海運業況が改善されるという観測も出ている。

22日に発表された上海コンテナ運賃指数(SCFI)は763.06を記録し、先週の596.38より27.9%上昇した。SCFIは代表的な海運市況指標だ。2009年10月の運賃を1000ポイントとし、変動値を毎週1回発表する。SCFIは世界の景気低迷と減少した物流量を確保しようとする3大海運アライアンス間の競争で今年3月には400ポイント台まで急落した。その後反騰した運賃は今回の韓進問題を契機に急騰している。海運業界によるとアジア~米西海岸路線の40フィートコンテナ1個当たり運賃は1746ドル(約18万859円)で先週より51.4%上がった。韓進海運の主力路線は運賃がさらに上がった。先月末に40フィートコンテナ当たり1100~1200ドルだった釜山(プサン)~ロサンゼルス路線の運賃は1800~2000ドルで70%近く急騰した。釜山~ニューヨーク、釜山~ドバイもやはり60%上がった。

海運業界では観測が交錯する。韓国海洋水産開発院のファン・ジンフェ室長は「最近の運賃急騰は短くて半月、長くて1カ月以内に整理されるだろうが、中長期的に運賃は10%程度上がるだろう」と予想する。韓進海運の輸送能力やシェアを考慮すると船舶供給が減っただけに運賃は上がるほかないということだ。これに対し韓国海洋大学のイ・ガンギ教授は、「韓進海運問題で運賃指数が一時的に上がったもの。世界の景気が改善し物流量が増加しない限り瞬間的な効果にとどまるほかない」と主張した。


スポンサードリンク


世界市場を三分した海運アライアンス間の競争がさらに激化して運賃が再び暴落し、第2、第3の韓進海運が相次ぐだろうという懸念も出ている。ブルームバーグは2日、「韓進海運の法定管理は金融危機以降に海運会社が健全性を回復できなかったという証拠。世界の海運業界全体の打撃につながるだろう」と報じた。海運調査会社のドリューリーマリタイムリサーチは今年世界の海運会社が50億ドルの赤字を出すだろうと予想した。
http://japanese.joins.com/article/224/220224.html?servcode=300§code=320

【管理人コメント】
世界何位とか、順位ばかりに拘れば、企業を拡大してゆく過程で、暴走気味になるのが経営である。
利益を求め、企業を拡大してゆくと、企業拡大は歯止めが利かなくなるのが経営である。

日本企業は暗黙の了解で、企業拡大の限度を経営者は決めている。従って大企業と化した韓国企業にかなわなかったわけだが、外資を増やしつつ日本も世界に飛び出し始め、今ではトヨタはサムスンと何ら変わりがない規模なわけで、サムスンと言う大きさが特殊ではなくなった。日本にそういう大企業は普通に存在するようになってきた。

しかし企業は基本的には大きくしないで、事業提携の枠を広げるのが経営のやり方であるから、経営学としては理解し始めているのではないか…。大きくなれば低迷時のリスクは計り知れないのが企業である。財閥企業は利益と結果追求意識が非常に強い。経営者の欲望は、日本でも同じではあるが、協力や教育と言うシステムで世界を先導するわけで、経営者を支える有能幹部や外部コンサルタント契約が多いのも日本企業の経営者の利得でもある。

企業に戦略を立て、その過程を監視し修正しながら目標を達成するわけで、初めからすぐ結果を求めれば、企業はすぐに衰退する。それが韓国企業であると考えれば、今後の韓国企業の未来は暗い…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月04日 10:47 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
やっと一つ
短期的には輸送手当てで若干混乱するでしょうが、
業界は「やっと一つ、つぶれてくれた」というのが
本音でしょう。、
韓国政府は現代商船に韓進海運を救済させようとしている。
これは業界の期待には逆モーション。
[ 2016/09/04 15:11 ] [ 編集 ]
供給過剰でした
供給過剰でした、 それも好調時は後先考えないで イケイケどんどん のダンピング攻勢だったんではないかと想像します。

世界的な業界全体に取って、 これは困るわけで、 先ほど 「好調時は」 と書きましたが、 これだって粉飾だった可能性が高い。

引っ掻き回すだけ引っ掻き回して、 勝手に力尽きた、 「好調時」 は国家も後押してたんじゃないですか? 云わば、 国家レベルで問題児なわけです、 造船業界もこの例に漏れませんね、 いや典型例か?

この度の倒産は、 支援していた銀行が、 立て直しを諦めたのが原因かもと一分で言われてますが、 銀行自体の体力も疲弊してるのかも、 或いは、 南鮮の民間銀行は既に外国資本ですから、 アホらしくて融資を止めたのか? ロイズ等、 船舶保険の再保険を引き受ける先も減少してましたから、 保険料コストが上がっていた事と、 不充分な保険のまま事故でも起こされたら大変ですから、 手っ取り早く差し押さえしてしまえという判断も、 どこかで働いたものか?

とにかく、 国家の後押しと、 ダンピングと、 粉飾と、 ケンチャナヨで構成されている南鮮企業とは、 海運に限らず深刻な問題を内包しているようにワテクシには思えます。

何れにしても、 南鮮政府が同社を立て直すつもりなら、 公的資金を注入するしかないように思います。

何の事はない、 南鮮政府の借金がまた増えるだけなのかも。
[ 2016/09/05 08:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp