韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子、休日にもサービスセンター開きバッテリー点検

サムスン電子、休日にもサービスセンター開きバッテリー点検

サムスン電子が「ギャラクシーノート7」のバッテリー欠陥に伴う後続措置に乗り出した。サムスン電子は3日、「すべてのサービスセンターでギャラクシーノート7のバッテリー状態を点検できる」と明らかにした。普段は週末に閉店していたサービスセンターをすべて開く。点検用PCと機器をつなげば10分以内にバッテリーの異常の有無を確認できる。サムスン電子関係者は「バッテリー電流が4500ミリアンペア以上なら不良と判定しすぐに端末を回収する」と説明した。

この場合には代わりの端末を提供し、購入元でギャラクシーS7エッジなど別の機器に変更したり払い戻しも可能だ。異常がなくても顧客が希望すれば代わりの端末を提供し、払い戻しと交換を受けられる。19日からはバッテリー問題を解決したギャラクシーノート7の新しい製品に交換することもできる。サムスン電子は2日にギャラクシーノート7の爆発原因がバッテリーセル問題だと認め全量リコールの決定を下した。米国でも近くリコールが始まるものとみられる。サムスン電子米国法人は現地時間2日に声明を出し、「ギャラクシーノート7のユーザーを対象に米国で製品交換プログラムを実施する」と明らかにした。リコール条件は韓国と同様だ。

今回のリコール措置でサムスン電子が受ける有形無形の影響も少なくない見通しだ。サムスン電子によると先月19日以降に内外で販売されたギャラクシーノート7は約250万台。このうち消費者の手に渡ったのが約100万台だ。関連業界では回収すべき機器は売り上げ基準で2兆5000億ウォン(約2316億円)だが、流通マージンなどを考慮すると実際のリコール費用は1兆ウォン前後と推定する。今後の市場の構図にも少なくない影響を及ぼすものとみられる。ゴールドマンサックスは「今回のリコールが短期的にサムスン電子の業績に否定的な影響を及ぼすだろう」と予想した。しかしサムスン電子が市場の予想を超えた果敢で迅速な措置に乗り出し短期的な悪材にとどまるという分析も少なくない。一方、アップルは早ければ7日に新製品「iPhone7」を発表する予定だ。
http://japanese.joins.com/article/225/220225.html?servcode=300§code=320


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
韓国のサムスン電子は2日、新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」のバッテリーに不具合があることを理由にリコールし、世界的な交換プログラムを発表した。携帯事業の責任者を務める高東真(コ・ドンジン)氏は、これまで販売された10カ国でノート7の販売を停止すると説明し、充電中の発火に関連したバッテリー不具合について謝罪した。

「iPhone(アイフォーン)」の新モデル発表を控えてアップル製品の需要が低迷する状況に乗じ、勢いを得ようと試みていたサムスンにとって今回の不具合は打撃だ。高評価を得て投入されたノート7需要と、4-6月利益が2年ぶり高水準となったことを背景に、サムスンの株価は上場来高値を記録していた。 IBK投資証券(ソウル)のアナリスト、イ・スンウ氏は「予想外のリコールが購入者をいら立たせるのは確実で、今回の出来事は厄介だ」と発言。同氏はノート7の今年の出荷台数が1200万台と、これまでの予想である1400万台から減るとの見通しを示した。バッテリー不具合の影響を受ける全体台数は約100万台で、国外販売分は約60万台とみている。

サムスンが別途発表した資料によれば、9月1日時点でバッテリー不具合による報告が世界全体で35件あった。交換の端末を準備するのに約2週間要するという。一方、原因だが、分析の結果、バッテリセル自体に問題があると確認できたという。開発プロセスには問題がなく、複数のメーカーが供給するバッテリのうち、一部のメーカーの製造工程での問題が生じたとしている。このうち、中国で販売されているものは、異なるバッテリーを使用しているため、問題は発生していない。このため、中国での販売は停止していないという。

という事は同製品について同社が国内外で受け付けた不具合は35件だが、新製品への交換はすでに供給された250万台すべてを対象にするというのはすでに崩れたているという事だ。もし中国で発生すれば、すべてが崩れて大問題と化すという事だ。一部の製品を対象としたバッテリー交替ではなく、全製品を対象に交換を受け付ける措置は予想を超えた対応で、莫大(ばくだい)な費用がかかるものの、消費者の信頼を向上させる狙いがあるとしたわけで。リコールにかかる費用は1兆ウォン(926億円)から1兆5000億ウォンと推定下のではないのか…。

今回の問題はバッテリーセルで一部のメーカーという事だが、原因の詳細によっては別のバッテリーでも同じことが起きるのではないか…、バッテリーの基本設計は同じだろう。バッテリー設計におけるセルに問題があるのならば、何をどの様に対応したかの報告を実施後に全数交換が普通だろう…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月04日 19:11 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(3)
これはね。
これは、もう修理で直る代物ではない。日本企業のスマホの防水はサムスンや中国製のような前近代的なやり方ではないので、修理ですむ。でもサムスンや中国のスマホは一度あけると専門のところでもう一度防止加工するしかない。それが、中国なのかヴェトナムなのか。。。だから返金、リコールしたわけです。こういうのは技術者魂なので装置産業のたぐいではないので、日本企業以外はむりです。で、ここで私は腐ったマスゴミでないので過去対比したいと思います。サムスンはアップルとの訴訟で数十億から数百億で厳しかった。今回はその十倍?ってことはかなりヤバい。おまけに洗濯機の爆発も多発。。。これはやばい!(ギャラクシーのCM風に)
[ 2016/09/04 19:28 ] [ 編集 ]
これだけ、何度も機種が変わっても、爆発するのなら、販売には、危険物取り扱いか、爆発物取り扱いの資格を持っていないと、サムスンを販売出来ないようにしよう!
[ 2016/09/05 08:47 ] [ 編集 ]
電池のプロパティ=生産工場
>バッテリー電流が4500ミリアンペア以上なら不良と判定し

そんなことじゃんくて、やりたいのは違うことだろう。
サムスンが分かったのは、
電池工場A ○
電池工場B ○
電池工場C ×
ほんとのところは、電池のプロパティを見て、
工場Cなら回収、じゃないのか。
持ち込んだ客は「どこの電池だよ?」と聞けばいい。
[ 2016/09/05 09:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp