韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  G20での中国、任期残り4カ月のオバマ大統領を露骨に冷遇

G20での中国、任期残り4カ月のオバマ大統領を露骨に冷遇

オバマ米大統領は3日午後、主要20カ国・地域(G20)首脳会議に出席するため、中国・杭州の蕭山空港に到着した。しかし、なぜか中国側はレッドカーペットが敷かれた移動式タラップを準備せず、オバマ大統領は通常使用する専用機前方の扉ではなく、胴体中央の扉を使い、機体付属のタラップで降り立った。

タラップの下では米中の当局者が口論になった。米国のテレビ取材陣がオバマ大統領到着の様子を取材するために並んでいたが、現場の警備を担当する中国側当局者は立ち去るよう叫んだ。ホワイトハウス職員が「我々の大統領であり、我々の飛行機だ」と主張すると、中国側当局者は「ここは中国であり、中国の空港だ」と応酬し、取材を阻んだ。さらに、ライス大統領補佐官(国家安全保障担当)が専用機を降り、記者団に近づこうとして制止される場面もあった。ライス補佐官は「予想外のことが起きた」と述べた。米ワシントン・ポストなど米メディア「オバマ訪中初日、中国側は儀典をめぐり、米国側と相次いで騒ぎを起こした。中国の儀典上のミスは意図的なものだった」と報じた。

これについて、中国外務省当局者は香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストに対し、「移動式タラップの運転手が英語を理解せず、米国の警備方針を理解できないという理由で、米国側がレッドカーペットを拒否したもので、意図的に冷遇したわけではない」と反論した。 同日午後、オバマ大統領と習主席の首脳会談が行われる杭州・西湖賓館の入り口でも騒動が起きた。ホワイトハウスとの儀典担当者とシークレットサービスがオバマ大統領に先立ち会談場に到着したが、セキュリティーチェックを通過できなかった。彼らを引率して入場させようとした中国側当局者と現場のセキュリティー検査担当者の間が怒鳴り合う殺伐とした場面もあった。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/05/2016090500664.html


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
日米欧に新興国を加えた20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が4日、中国浙江省の杭州で開幕した。初日の討議では世界経済の下振れリスクが高まっているとの認識で一致し、成長の底上げへ機動的な財政措置を含めあらゆる政策を総動員する方針を確認した。保護主義に反対する声が相次いだほか、首脳宣言に為替安定の重要性を改めて盛り込む方向が固まった。日本から安倍晋三首相と麻生太郎財務相が出席した。5日に首脳宣言を採択して閉幕する。

議長を務める中国の習近平国家主席は会議の冒頭で「世界経済はけん引力不足や金融市場の動揺、貿易投資の低迷など重層的なリスクに直面している」と指摘。保護主義の台頭や英国の欧州連合(EU)からの離脱問題などを念頭に、世界経済の下振れへの懸念がこれまで以上に強まっているとの認識を示した。 G20が2014年のオーストラリアでのサミットで掲げた18年までに国内総生産(GDP)を2%以上増やす目標は、すでに実現が危ぶまれている。習主席は「財政政策と金融政策、構造改革を組み合わせてより全面的なマクロ経済政策を取るべきだ」と訴えた。

安倍首相も同調した。先進国の金融政策の方向性の違いや英国のEU離脱問題に触れ「世界経済の見通しに対する下方リスクは高まっている」と発言。「G20全体で危機感を共有し、それぞれの国の具体的行動につなげていくことが重要だ」と力説した。 そのうえで8月に決めた事業規模28兆円の経済対策を説明し、世界経済の下振れ防止に率先して取り組む考えを示した。「大胆な金融政策によりデフレの早期脱却を目指す」と述べるとともに、為替相場に関し「過度の変動や無秩序な動きが経済や金融の安定に悪影響を与えないよう注視していく」と指摘した。

一方、産経ニュースでは20カ国・地域(G20)首脳会議のため中国・杭州の空港に到着したオバマ米大統領の専用機に、中国側がタラップ(移動式の階段)を用意しなかった接遇が、外交儀礼に反しているとの見方を欧米メディアが報じている。両国間で南シナ海問題やサイバー攻撃などの懸案が横たわる中、「中国の意図的な冷遇だ」とも取り沙汰されていると報じた。

3日、大統領専用機「エアフォース・ワン」が着陸した際、オバマ氏は機体に備え付けの階段を使って降り立った。通常は受け入れ国側が、赤じゅうたんを敷いたタラップ(移動式の階段)を乗降口に寄せ、首脳を迎える。だが、この日はタラップがなく、オバマ氏は普段は使わない乗降口から、機体から引き出した階段をつたって降りた。 中国はインドやロシア、韓国など、G20出席のため杭州に着いた他国の首脳らは通例のタラップを用意して出迎えた。そうしたことから英紙ガーディアン(電子版)は、中国駐在経験のある元外交官の声を引きながら「中国は外交儀礼にうるさい。計算ずくの冷たいあしらいだ」と伝えた。

香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストはこうした欧米メディアの報道後、タラップを用意しなかったのは「米国側の要請に応じたもの」とする匿名の中国外交当局者の見解を伝えており、中国側は火消しに躍起のようだとしている。オバマも任期最後の仕事というのか形作りと言うのか…。オバマは必至と言う様相は無い。次期政権に移すだけであるから身軽だろう~。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月05日 10:48 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp