韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン、最悪のタイミングでスマホ大規模リコール “先行獲得戦略”水泡に帰す

サムスン、最悪のタイミングでスマホ大規模リコール “先行獲得戦略”水泡に帰す

韓国サムスン電子の最新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」のバッテリーが「充電中に爆発した」という指摘があった問題で、同社は「欠陥が確認された」として、約250万台のリコール(無料の回収・修理)を発表した。米アップルや中国メーカーとのシェア争いで巻き返そうと投入した最新機種の大規模リコールは、ブランドイメージを悪化させる恐れがある。来週にも米アップルが「iPhone(アイフォーン)」の新機種を発表するとみられるなか、最悪のタイミングといえ、朴槿恵(パク・クネ)大統領が舵取りする韓国経済にも打撃となりそうだ。

インターネット上に投稿された、真っ黒に焦げているギャラクシーノート7の映像や動画。サムスン側は2日になって、バッテリーの欠陥によるものだと認め、販売済みや在庫商品を交換すると明らかにした。 サムスンの高東真(コ・ドンジン)無線事業部長は2日の記者会見で、バッテリーの製造工程で問題が確認されたとして「不便を被ったお客さまには大変申し訳ない」と謝罪した。「消費者の安全を最優先し、販売を中断して新製品と交換する」と表明した。 原因調査の結果については、韓国産業通商資源省の傘下機関も同社に報告を求めている。

同社は、不具合に関する届け出は1日までに国内外から計35件寄せられ、欠陥バッテリーが搭載された割合は「100万台のうち24台程度」としている。 携帯電話のバッテリーをめぐっては、かつて日本の電池メーカーが100万台のうち20台の比率で欠陥が見つかり、高水準だと批判を受けたことがある。 ギャラクシーノート7は、大画面スマホ「ギャラクシーノート」シリーズの最新の主力機種として8月2日に米ニューヨークでお披露目した。同月19日の発売以降、韓国のほか米国、カナダなど約10カ国で販売され、計約250万台が流通しているとみられる。日本での発売時期は未定。


スポンサードリンク


センサーで使用者の瞳の虹彩の模様を読み取り、画面のロックを解除する個人情報保護機能を盛り込んだほか、5・7インチの大型ディスプレーに防水・防じん機能を備え、細かい操作に使うタッチペンも付属する。 問題となったバッテリーは「大容量で充電速度が速い」と宣伝されていたものだった。グループの電池会社、サムスンSDIの製品で、中国の工場で組み立てたとみられる。 業績への貢献が期待されていたギャラクシーノート7だが、販売戦略が狂い、業績に悪影響が出る可能性がある。

ロイターは、今年のサムスンの営業利益が「最悪の場合」1兆5000億ウォン(約1400億円)押し下げられるというアナリストの試算を紹介した。一方で、第4四半期までに問題が解決し、より小幅な損失にとどまる可能性が高いとしている。スマホ市場をめぐっては、サムスンは中国の新興メーカーの攻勢を受けており、ギャラクシーノート7はモバイル事業立て直しの切り札だった。 日本時間8日未明には、アップルが発表会を開く予定で、iPhoneの新機種が発表されるとみられるだけに、機先を制するという思惑もうかがえた。

サムスンのリコールについて韓国メディアでは、聯合ニュースが「予想よりも早い対応となった」「李健煕(イ・ゴンヒ)会長の長男である李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が全商品を対象としたリコールを決定したとする見方が強い」として、総じて対応を評価するトーンで報じた。 一方、ハンギョレ新聞は「サムスンの評判と実績には悪影響が避けられない」とし、「iPhone7の発売に先立ち市場を先行獲得しようとする戦略も水泡に帰した」とする市場関係者の見方を紹介した。
サムスンは品質への信頼を取り戻せるのか。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160905/frn1609051140002-n1.htm

【管理人コメント】
サムスンのみならず、スマホの場合は爆発と言うのは隣りあわせで過去から問題視されているわけで、今始まった事ではないが、今まではバッテリーショートが金属片で有ったり、スマホの変更によるショートで有ったり、結果としてうやむやな部分が多分にあった。もともとバッテリーショートと言うのは理解していただろうと判断するが、中国製だとかバッテリメーカの責任として交換で済ませてきた。今回も基本的には、とあるメーカー品のバッテリーセルという事だが、バッテリー基本設計は同じだろうから、今回の事で問題は広がる可能性はある。もともとそうなる要因は背負っていたのがスマホと考えれば、アップルiPhoneとて他人事ではない。

最悪のタイミングだが出るべくして発生したクレームであるから…、
過去の事例を受けて対応してこなかったことが問題である。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月05日 13:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp